プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun

Gmail
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.09.05 Saturday | Category- | -

4千年前から語られるスピリチュアル
老子悟道
スピリチュアルな話題を題材にしてブログや執筆をしている人たちに前々から違和感を感じてしまうんだよ。臭いこと書くなという違和感のことね。

僕はブログに当たり前の事を書いているので今回の呟きじみた記事も“当たり前の事”しか書こうとしていないんだ。でも、スピリチュアル作家は違うんだよね。彼らの取る手法は、こんなもの。

1.勿体振る
2.特別な思考法だと思わせる

僕の場合あからさまにこれを感じるから「臭い」って思うんだけどね。相手の戦術を知ると相手の論法に乗せられずに戦えるので、それだけは頭の片隅置いておく浅スピ系,サトリ系の本を読む時はかなり楽。いちいち扇動されられていたら疲れてしまうからね。

と前置きをして、今回も当たり前の事を書かせて頂くよ。

だから、読んでから批判やクレームはしないで下さいね。「そんな事知ってるよ」という内容なんだから。当たり前な事を書いていると自覚して恥ずかしながら書いてるんだよ。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.01.28 Friday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(1)

“いまここ”,“ワンネス”について
今回は誠実に或る話をしようと思います。
或る方への回答として書いたものを皆さんにも。

ボクが観じ(観想)ている。

“今、此処”,“ワンネス”について。

世界をありのままに観じることはツラい…
“今、此処”,“ワンネス”を真に観じるとツラい…


聖者や賢者たちは深い哀しみを瞳に湛えている。
世界を観じた哀しみだ。

心臓の弱い者には向かない写真がある。
無理に続きを読まぬように。

“今、此処”,“ワンネス”を軽率に扱わない為に
ふざけることはしない。

心の準備はいいか?
目を背けるな。
決して逃げるな。

逃げれば幻想に陥る。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.11.21 Sunday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(1)

〈真理の探究者〉の貴女へ
私たちは皆、「動物の肉体」を借りる〈モノ〉たちだ。

この「動物の体」は物質的遺伝子によって優劣がある。或る体は美しく、或る体は醜い。或る体は長寿で、或る体は短命だ。すべて遺伝子によって決められている。

物質的遺伝子によって作られている美しい体が醜い行動を取り、醜い体が美しい行動を取ることもある。しかし、美醜の別なく、全べての肉体は、やがて朽ち物質宇宙の塵となる。今ある「動物の肉体」を愛したとしても決して報われることはない。「動物の体」は病に犯されもする不完全な「物」に過ぎないからだ。

「動物の体」に過ぎない「物」は完璧なものではない。にもかかわらず、或る〈モノ〉たちはこの「動物の体」を全てだと思い込んでいる。〈モノ〉であることを忘れ、自分を「動物の体」だと信じている。「動物の体」は、落とせば粉微塵になり、叩けば潰れてしまうような脆い「体」であるにもかかわらず…。

私たち全ての〈モノ〉たちは、この脆い「体」を「乗り物」として選んだ。その瞬間から動物として生活することを選択した。〈モノ〉たちは「動物の体」を纏った自分たちを「人間」と名付けた。しかし、どんな呼び名を付けようと「動物の体」であることに変わりはない。「霊長類」「ホモ‐サピエンス」と名付けたところ、それは「動物」の一種に過ぎない。

〈モノ〉たちは、「動物の体」が病や破壊を受けたとき「死」を体験する。「動物の体」から解き放たれ、それとともに〈モノ〉だったときの「自覚」をする。「動物の体」から解かれた〈モノ〉は、自分が「物」ではないことを認識する……

ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.11.15 Monday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | -

スピリチュアルな病の予防は忘れずに
ツイッターを読んでないブログ読者むけにも
流行病について書いておきます。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.11.13 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(7)

ホメオパシーについてあれこれ
先日から「お目汚し」の事だと承知しつつツイッターでホメオパシーに対しての往復書簡のようなツイート対話をある方たちと行っていました。

ホメオパシーに悪意はなかろうに
これが私の変わらない主張です。

ホメオパシーを糾弾したメディアと、それに追従した形の医師会の見解は極端に過ぎているように私には感じられました。要は「カテゴリー・エラー」を起こした対応にしか見えませんでした。

日本のメディアに常に感じますが、もっとインテグラルに構えられないのかと思います。人を煽り、それに乗せられ科学主義」「科学唯物論」「実証主義」「還元主義右上象限に偏った個人や団体がウジャウジャとネットに現われます。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.09.03 Friday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(1)

ひさびさの涙

Twitterのほうでつぶやいた事を繰り返すようですが、『借りぐらしのアリエッティ』を劇場で観てきました。涙が“ポロリ”する場面ではない所で両目から涙が溢れて来ました。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.08.20 Friday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | -

チベット仏教を〈ダシ〉に使うドクター◯◯
最初から妖しいレッテルを常に貼っていたドクター苫米地。彼のやっていることがチベット仏教をダシにした商売だということが露呈してきているように感じています。スピリチュアリズム(江原スピも)を批判することで商売をした『スピリチュアリズム』。次なる手はチベット仏教というわけでしょうか。

洗脳を使った逆洗脳。

先日、ダライ・ラマ法王事務所でネット通達がありましたが、ドクター中松がチベット仏教の最高位を授けられたという話はデマであった事がわかりました。

ドクター苫米地も同様にチベット僧衣を着た格好で妖しげな本を売りだしています。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.08.04 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(5)

マイスピ取材[全スピ漫画記事]
ほぼ匿名(HN)で書いているスピラボ管理人ですが、一度だけマイスピの取材を受けた事があります。編集者さんの熱心な姿勢に応えようとしたのが取材を受けるに至った理由です。その時のものを宣伝みたいな意味で載せておきますね。

スピリチュアルって何ですか?
スピリチュアルって何するの?
なんでスピリチュアルって人気なの?
スピリチュアルにハマるきっかけって?
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.06.27 Sunday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(0)

過去の記憶…
いつもお世話になっております。
PC向けの記事です。ケータイでは一部読めません。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.02.08 Monday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(5)

高手ハルカさん
ミディアムの高手ハルカさんというかたが、明日1月10(日)、23(土)、24(日)全日10:00〜16:00に横浜のイベント会場(フリマ)でカードリーディング(タロット、オラクルカード)とスピリチュアルリーディングの出張占い&鑑定されるそうです。
ここで続きを読む ▶
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.01.09 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(2)

AX