プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ユングの“神との対話”と“崖の上のポニョ” 『赤の書』【紹介】
赤の書カール・グスタフ・ユングといえば、人間個人の心(意識)自覚されない個人の心(個人的無意識)さらに自覚されない人間集団に共通する心(集合的無意識)があるという前提のもとに深層心理学を提唱した精神分析医として有名です。

ユングは人間の内面探究に焦点を当てた研究を行っていたと広く知られているのでスピリチュアル分野の話の中で“自己探究の先生”のように語られる事もあります。当スピリチュアルラボで紹介しているキプロスの霊能者ダスカロスの遺した教えを実践する人達の間でもユングの内面探究法に一目置いているように感じます。

事実、ユング自身は深層心理学の探究の途上で当時ヨーロッパ全土、欧米で隆盛していたスピリチュアリズム〔心霊主義〕 の交霊会に興味を抱いて、評判の女性霊媒(トランス霊媒)に積極的に会ったりしていたので全くスピリチュアル分野と関係がないわけではありません。

前置きが長くなりましたが出版から約1年間待ったユング著『赤の書』をようやく読むことができました。価格約4万円と値の張る豪華な本なので購入する事は諦めて図書館から借りました。借りてみて驚き、重量が半端ない。3キログラムくらいはあるように思います。大型本だと知っていたので不織布バックを持っていって何とか持って帰ってきたくらいの代物でした。

◆創元社オフィシャルページ:ユングの『赤の書』

さて、この本がどんな内容が書かれているのか。まず始めに知っておかなければならないと思うのは、本書が“書き掛け作品”ということ。何か問題があって書き掛けなのではなユングの意思で“書くのをやめた作品”だという点。またユングの希望で非公開にした理由は、ひとつは書き掛けだという点。ふたつめはアカデミズム界でキチガイだと勘違いされるのを心配したからだと思います。

今でこそユング心理学は真摯な深層心理学者に理解されていますが、当時の世相を鑑みるとさまざまな批判勢力に対して気をつける必要があったのです。2012年の今でもユング心理学をトンデモ心理学と揶揄する浅はかな批判者がいますから、今も昔も偏狭な批判者の無理解ぶりはあまり変わっていない のかもしれません…。

豪華な装丁の本に装飾文字とユングの描いた絵を多用した本書はユング自身のアクティヴ・イマジネーションによる対話が詳細に書かれた内容です。アクティヴ・イマジネーションの事は、ここで説明するまでもなくユング派精神科医の老松克博『無意識と出会う』バーバラ・ハナー『アクティヴ・イマジネーションの世界』など参考書を読んでみてください。

私なりに簡単に説明すると。アクティヴ・イマジネーションとは

◆宮崎駿のアニメ脚本作りの手法、『崖の上のポニョ』
◆ヘミシンクをした人が観た登場人物との対話やヴィジョン


宮崎駿はアニメ『崖の上のポニョ』の脚本を考えている際に自分の無意識の世界を現出する事を行っています(ドキュメンタリー取材のテレビ番組を観ていて監督の言動から、そのような事を行っているというのに気づきました)。絵描きなどは“ヴィジョン”で無意識と対話し、文筆家は“文章”で対話する。

人それぞれの得意な想起法で無意識と対話する訳です。『神との対話』という本がベストセラーになった事がありましたが、あれが文筆家肌の人が行ったアクティヴ・イマジネーションのいい例です。ヘミシンクの坂本政道が本に書いている内容もアクティヴ・イマジネーションに当たると感じています。

ユングのアクティヴ・イマジネーションは示唆に富んでいるので読んでいて興味深いのですが、なぜユングが『赤の書』を途中で投げ出してしまったのかはユング自身がスピリチュアリティを外面に向けて広げていったからだと感じました。今でいえばケン・ウィルバー『インテグラル・スピリチュアリティ』を書いてスピリチュアリティが“内向きの探究だけでないもの”として指摘しているように既にユングもその事を重々理解していた証と考えて、本書はその前段階の作品だったと認識しておくといいのじゃないかと感じられます。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.12.16 Sunday | Category[4]霊的偉人:カール・ユング | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
こんばんは、以前こめんとしたものです。
テルさんがツィートした池上さんのテレビ東京の番組話題になってますね。

わたしも、見たかったです。
| mitukiさん | 2012/12/17 7:52 PM |
mitukiさん、ここは一応記事に関係ある事を書いてくださいね。
あとで削除するのでツイッターの事、雑談はツイッターで。
ツイッターがなければメールで雑談は送って下さいね。
| Teru Sunさん | 2012/12/17 9:38 PM |










AX