プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【天皇と祭祀】『神樹と巫女と天皇 初期柳田国男を読み解く』
神樹と巫女と天皇―初期柳田国男を読み解く 柳田國男“日本民俗学の父”であることは誰もが知ることで、スピリチュアル(精神・心霊的)な分野に興味を持っている人なら知っていて当然な常識。もし知らない場合、知識を広げる意味でも興味を持ってみるとよいかもしれません。

“妖怪”の話などで“民族学”の権威的学者 というイメージが先行する柳田ですが、その前半生は農商務省、法制局参事官、宮内書記官を勤めた高等官僚でした。彼がその傍らで天皇の行う祭祀(大嘗祭・新嘗祭・神嘗祭など)や天皇制(天皇観)にたいして深い知見で探究を行っていたことを本書『神樹と巫女と天皇 初期柳田国男を読み解く』を通じて初めて知りました。

本書では、柳田が「呪術・宗教研究書」で有名なジェイムズ・フレーザー『金枝篇』に影響を受け、そのなかで語られている西欧呪術祭祀の風習にみられる王(祭司)殺し”“神殺し”“樹木神崇拝 に着目し、皇室祭祀のなかに見受けられる同様の呪術宗教的な共通点と相違点とを考察しています。
 『金枝篇』におけるフレーザーは、王権の呪術的・宗教的発生の起源を、祭司=王殺しに求めていた。まさしくこの祭司王は、聖なる樹木そのものに宿る豊穣をもたらす神霊の表象であったから、衰えた王殺しによる生命の更新は、自然界・人間社会の再生に繋がることになる。未開社会における王殺しとは、神殺しのパラレルであり …中略… 柳田自身、わが列島社会の未明においても、祭司殺しが行われていたと推測していたのである。だが、この王殺し、神殺しは、柳田の採るところではなかったのである。 p106
 西欧的な「王」の概念では、「王」は人民から担ぎあげられるとともに、ひき降ろされる存在でもある。社会的に好事が続けば、「王」のもつ威力であるとされ、「王」はますます高みに担ぎあげられる。しかし、凶事が続発すれば、「王」には神をなだめるだけの威力がないため …中略…  殺害されてしまう。王殺しは、万能神への宗教的な犠牲とみなされる。「王」が高く祭りあげられることと簡単に殺害されることとの間には矛盾は存在せず、西欧的な「王」の概念のなかには、この二つが前提として包括されていた。
 これに対して「天皇(制)」の場合は、「王」としての政治支配において、担ぎあげられるかわりに、自然神への犠牲として、殺害されるという両価性をはじめからもたなかった。柳田が「天皇(制)」に即して重視したのは、権力の交替ではなく、親和と継承であった 。 p107
著者が述べるとおり柳田は天皇制のなかに含まれる西欧的な王殺しの風習 を公には考慮していません。しかし、その柳田独自の皇室観にみられる矛盾を本書は深く探っています。

また現代の皇室制に残されていない男女(兄妹・姉弟)による「天皇(天皇)・女性天皇(巫女王)の二重支配体制」=「ヒメ・ヒコ体制」 が古代王権時代には存在した背景を考察しながら、現在の皇室祭祀でも重要視されなくなっている「巫女」の存在を考慮しています。神道祭祀に残る「巫女」の存在が古代の名残だともいうわけです。
 部族と部族の争いは部族神と部族神との戦いでもあった。いくつもの部族のうえにたち、天皇部族が宗教的。政治的勢力を拡大して統一的国家形成に向けて歩み始めたころ、天皇(ヒコ)は自らの政事権力を飛躍的に強めていき、それまで巫女王として皇女(ヒメ)が把持してきた祭事権力の核心部分を奪取したばかりか、その祭事権力との訣別を開始していた
 王権内部で政事権力が祭事権力を凌駕していく過程は、『日本書紀』のなかの、かつて天照大神に仕えてきた巫女王がやがて宮中から追いやられて漂泊の旅に出立し、ようやく伊勢にたどり着いたときに、天照大神の神託が降りて、都から遠いこの聖地にとどまることになったという物語に照応している。 p236
皇室の祭祀研究を行ってきた柳田独自の「天皇観」を浮き彫りにしてゆくことで“柳田が語らなかったこと”を深く読み解く作業が行われている ので本書を読み終えたあとは、柳田国男の見方も変わることだと思います。公に語らなかった柳田の本音を垣間見た思いがします。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.10.20 Saturday | Category[2]スピリチュアル:神道 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX