プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【期待の新刊】 超心理学 封印された超常現象の科学
〈期待の新刊〉のお知らせです。

「スピリチュアル・精神世界」分野に興味をもつ人なら一度は目にする「超心理学」という学問。つい最近、僕が聴講に行った本山博は国内での超心理学研究の先駆的人物の一人だったわけですが本山の場合は霊的能力も有している宗教家という肩書もあるので“異端の超心理学者”J.B.ラインというアメリカ人の世界的に著名な超心理学者の権威からも認められていたという人でした。

新刊『超心理学―封印された超常現象の科学』の著者は“新世代の超心理学者”石川幹人。『職業欄はエスパー』『オカルト』の森達也とも親交をもっていて健全な懐疑をもって「超常的事柄」にあたっているというのが公なスタンスの大学教授です。

僕はというと「健全な懐疑はすばらしい」とは思うけれど、そこを越えて「スピリチュアルな世界を確信する者、霊的探究者、実践者」なので世間的にはイッちゃってる人に入っているわけで「生まれ変わり(転生)」「カルマ」「霊能力」“有る”と思っています。

古代インドでは「科学的知識」のこと「世俗の知識」「ヴィジュナーナ」と呼んでいます。なので、現代科学も超心理学もすべて「ヴィジュナーナ」に入ります。古代インドの聖賢たちはヨガ瞑想によって科学(ヴィジュナーナ)の限界を既に見極めていて、ウパニシャッドなどの聖典では霊的事柄「霊的知恵」である「ジュナーナ」でなければ理解できないと言い切っていいます。

それを差し置いても「超心理学に限界がある」こと「科学にも限界があること」を基礎として認識できていないといけないと思っています。オカルトやスピリチュアルを安易に否定することも、安易に懐疑(疑う)ことも健全ではありませんし同様に信奉することも霊的探究に不必要です。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.08.11 Saturday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX