プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか』[感想]
超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか今更感が否めない内容で正直がっかりする読者が多いことだろう。ただ、がっかりする読者は、そういった【超常現象‐錯覚説・トリック説】《否定論》を好んで読みあさってきた〈否定論オタク・マニア〉だと思いますが。

原著が2011年のものだから何か新たな説でも書かれているものだと思っていたのですが…。そんな予想は裏切られてしまいました。

本書は《超常現象否定論者ワイズマン》が一般読者を対象に「軽く読める超常現象‐否定本」として書いた本。本書を読めば誰でも明日から胸をはって「超常現象否定者」として歩めるようになるでしょう。とても分かりやすく否定信徒向けに書かれています。

「超常現象の論争」は正直「否定できない部分」が今だに多く存在しているのですが、その論争を無視して否定してしまうのが否定論者の強みです。どんなことでも「錯覚・トリック」で語ってしまえば「勝ち!」的な話で否定信徒にとっては気持ちのいい内容です。

「念力のトリック」の部分ではトリックがクローズアップされ過ぎていて笑えてしまうほどに否定しきっている。イギリス人なので、もうすこし中立的な賢明な懐疑の立場を取っているのかと思っていたので、これには驚いた。超常現象について深く考えるためには本書は否定だけなので、あまり参考にはならなかった。『超常現象のとらえにくさ』等でもっと現象の深淵を覗いてみる必要がある。『サイの戦場』等々あります。

まあ、超常現象否定信徒になるための聖書みたいなものです。

AQALでいえば右側主義の著者なんだろう。
正直言って…つまらなかった…。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.03.15 Thursday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
良かった、買わなくて。

そういうのをけっこう偉い学者さんが書いてたりして驚くことがありますね。

ユングが『人間と象徴』のなかで嘆いていましたが、現状はユングの時代とそう変わってない気が。

アホな話で恐縮ですが、先日オナニーしたあとで昼寝したら思いっきり金縛りにあって、

色情霊みたいなのにやられそうになりましたが、ヴィパッサナー瞑想で一瞬に解けました。

僕は小さい頃から人一倍スケベなので、

それを何とかコントロールしたいと思ったのが瞑想に目覚めたきっかけです。

そのあと色情霊にたいして「学びをくれてありがとう!」と感謝しました。

また今夜もオナニーするんでしょうけどねw

ぜんぜん学んでへんやんっていうw

| エイジさん | 2012/03/24 3:51 PM |










AX