プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【健全な懐疑】超能力者と霊能力者の違いを知る〈スピリチュアル懐疑者の道〉
スピリチュアルなことに興味を持っているけど真面目に調べたくない人向けに、先日から少しづつスピリチュアル分野の健全な懐疑を取り上げています。一気に記事にすると文量が多く飽きてしまうので小分けに思い浮かんだままに記事にしています。

前回は「【健全な懐疑】健全なスピリチュアル懐疑者への道」と題した記事をアップしました。今現在インターネット上では懐疑論者と名乗っている方がたくさんいますが、そのほとんどはスピリチュアル(霊能力・超能力・生まれ変わり・超常現象・神秘体験、等々)に関しては“不健全な懐疑者”だと言って間違いありません。検証も探究もそこそこに結論をだして否定しそれで終わります。それはいけません。

今回は超能力者と霊能力者の違いを知るとしました。

超能力(サイキック:Psychic)霊能力(ミディアム:Medium)の何が違うのか普通は深く考えないかもしれません。それはそれで良いのですが健全な懐疑者であるためには基本だけでも知る必要があります。

まずはじめに超能力者が扱う力超感覚霊能者が扱う力霊感覚とここでは区別しておきます。能力者のなかには超感覚と霊感覚を区別せずに使っている場合あるので、この違いは曖昧な分ややこしいですが、いつも通り話を単純にして説明します。

● 超能力者の能力を知る

超感覚には相手の記憶を読む能力があります。

例えば子どもの頃に河で溺れた経験がある者がいるとします。もちろん本人はこの記憶がありますから、超能力者はその記憶を読んで「あなたは子どもの頃に河で溺れましたね」と発言することができます。

一般的な人はこの時点で相手を霊能者と決めつけてしまいます。しかし、考えれば霊感覚を持ち出す必要はありませんから超能力者である可能性があるとするのが正当で霊能者であると決めつけるのを避けなければなりません。

これが“健全な懐疑者”の取る基本的な考え方・態度のひとつです。「超常的力を持っているかもしれない」と素直に驚き、その人物に興味を持つのもいいでしょう。オンム・セティダスカロスなどは超常的能力を持っていた人物として挙げることができます。

今のところ超常的な何らかの能力を否定することは賢明な人の行うことではありません(唯物論者は頭から否定しますが)。

健全な懐疑者であれば否定しません。

この超感覚を考えると眼に見えない心のようなものを受信する力が人間にはあるかもしれないという新しい「可能性」の考え方が自然と浮かんで来ます。この考えを詰めながら探究心を失わずに健全な懐疑者は歩んでゆく必要があります。

● 霊能者の能力を知る
霊感覚には霊(故人)しか知らない事柄を知る能力があります。

例えば目の前にいる人の親族である故人が屋根裏部屋に宝物を誰にも内緒で隠して置いて、そのまま亡くなっているとします。その故人の霊は霊能者を通して、この屋根裏部屋に宝物が有ることを霊能者に伝えます。

先の記事でも書きましたが、霊能者は相手に「亡くなられた誰かが屋根裏部屋のイメージを送ってきます。お心当たりは?」と訊ねます。相手は何のことだか知らないので、そこを調べてみると故人が親族に遺した遺産がでてきたといったようなことが起きたりします。

こういった場合99%くらい霊感覚だといえます。厳しいですが、100%と言えない理由は、能力者が遠隔透視(リモート・ヴューイング)や、それに近い超能力によって故人の遺した記憶を読んだ可能性があるからです。ただ、こういった例があれば限りなく霊感覚だといえるレベルです。超感覚と霊感覚の区別は曖昧ですが、こういったことを理解しておくと、健全な懐疑を行う際に役立ちます。

つづく
【参考ではないが色々読んでるので雑学になっているなかの一冊】
マインドトレック―遠隔透視の全貌 マインドトレック―遠隔透視の全貌
ジョー マクモニーグル Joseph W. McMoneagle

中央アート出版社 2006-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.01.15 Sunday | Category[2]スピリチュアル:健全な懐疑 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
「スピリチュアルなことに興味を持っているけど真面目に調べたくない人」私のことだわ…と冷や汗が出ました。いえ!真面目にはしてます!一応。…でも、Teru Sunがゆっくり説明してくださると、大変助かります。ダスカロスについての本を紹介していただいただけでも感謝しきれませんから。
| cozaさん | 2012/01/16 12:37 AM |










AX