プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『鎮魂行法論―近代神道世界の霊魂論と身体論』 【感想】
鎮魂行法論 鎮魂行法と聞いてピンと来る人は、そうそういないと思う。鎮魂を「魂を鎮める」という意味で「死者を弔うために行う儀式」と考える人もいる事でしょう。

そういった面も無いとは言えませんが本書『鎮魂行法論―近代神道世界の霊魂論と身体論』で述べられている事とは異なります。また副題に「霊魂」とあるので昨今のスピリチュアル関係書だと思って手に取れば痛い目に遭うと思います。

“BOOKデータベース”でも「神霊との交渉、霊魂の操作、心身活動と霊的活動の相関など」といかにもスピリチュアルな方々が好きそうな紹介がされているので、これで購入し(絶版中なので古書でしか購入できないと思うけど)予想した内容と違い不評を買うのも嫌なので前もって断言しておきます。著者の津城氏も冒頭でかなりの頁数を使い断りを述べているのでその部分を引用した方が親切かもしれません。やや長めに引用しておきます。

 本文を読もうかと迷っている読者補の労を省くため、あらかじめ述べておくと、表題や目次の字面からそのように誤解されるかもしれないが、本書は昨今の流行にのった際物を狙うものでもなく、あるいは挑発的な意図で執筆されたものでもない。むしろ私としては、凡庸なほど地に足のついた、きわめて穏健中庸な研究のつもりである。
 《中略》
 まず、本書で取り上げる人物はいわゆる神道家であるので、「神道」の語が「国家神道」や「天皇制」といった政治を連想させる弊がいまもって流通している点を考慮して、あらぬ誤解を招くことのないように一言断っておくと、右側から期待をもって近付かれるのも、左側から警戒心をもって近付かれるのも、同じく的外れである。そうした関心から本書を読まれても、得るところはほとんどないであろう。

初版が約20年前の1990年(平成2年)なので著者が昨今の流行としているのは、おそらく当時隆盛していたニューエイジ的なものを指しているのかと思います。読了してみれば確かにそういった流行りとは一線を画する論文でした。本書は著者の東京大学時代の宗教学修士論文に加筆したものだそうです。

主に述べられているのは明治以降から昭和期(今現在も続く)に活動もしくは存在している神道系の人物(教祖,宗教家,心霊研究者)・組織(新宗教,新々宗教の部類)の事。それら人物・組織が鎮魂の名で行なっている霊的体系を背景にした実践・修行法シャーマニズム現象のひとつと考え検討を行った行法比較です。ですから、この霊的実践を「非科学的」だとか「迷信」とするような了見の狭い人は読まない方がいい事だけは断言できます。

取り上げられている人物は本田親徳,長沢雄楯,出口王仁三郎,浅野和三郎,友清歓真,谷口雅春,荒深道斉,宇佐美景堂,岡田茂吉,岡田光玉,佐藤卿彦,黒田みのる,五井昌久,川面凡児,宮地水位,宮地巌夫,田中治吾平,山蔭基央の計18人。これらを「大本系の鎮魂」「川面凡児の鎮魂」「田中治吾平の鎮魂」「その他の鎮魂」と別け、それぞれ身体技法をシャーマニズムの「脱魂型」「憑霊型」に分類して霊魂観の違いなども併せて分析しています。

シャーマニズムといえば人類学でお馴染みのネイティブ・アメリカンの祈祷師や呪術師が思い浮かびますが、神道も元を正せばそれらと同じ系譜にあると思います。アマゾン先住民の呪術師が悪霊祓いの儀式をしている姿を現代人の多くは馬鹿にして観ていたりすると思いますが、私達日本人も同じような事を受けたりしています。

神社の神主がザワザワした紙の付いた棒を左右に振る儀式があったりしますが、あれは正真正銘の祈祷・呪術です。あの道具はぬさといって漢字では麻,幣と書きます。それを身体の周りや場所で“振る”理由は身体や場所に存在している“邪気”や“穢(けがれ)”を“ぬさ”に吸収させているという霊的理論体系から来ています。アマゾン先住民の「悪霊祓い」みたいなものなのですよ。それを知らずに受けているというのも悲しいですよね。本書に書かれている「鎮魂行法」の一部が一般の神道界にも浸透している面があるという指摘があって、とても興味深く思いました。

【神道関連記事】
〈神道〉のこころ
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.01.03 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:神道 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX