プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈皇室〉と〈歌舞伎〉で伝統文化継承を考え ついでににダライ・ラマ制度も
気楽な内容なのでリラックスして読んでください。

先ごろまでメディアが女性宮家について大々的で妖しげな報道をしていたと思います。ご覧になられた方も多くいるのではないでしょうか。スピリチュアルに覚醒・悟っていない私は世俗の日本伝統文化にも興味があります。

女性宮家は簡単にいえば今の皇太子さんの娘さん(愛子さん)にも“家”を持たせよう、秋篠宮さんの娘さん2人にも“家”を持たせようという制度のことです。これは後々女系天皇(女性天皇ではありません)」をつくる布石になりそうだと「女性宮家制度」を危ぶむ声が聞かれます。

メディアは街頭インタビューを取りあげていました。

「男女平等、欧州でも行われていることなので女性宮家いいんじゃない」
何とも投げやりな意見を論拠にしていました。

私は難しそうな問題を簡単に考えるようにしています。

そこで日本の伝統文化を守る「皇室」の世界なので、女性宮家問題を伝統文化である「歌舞伎」の世界で考えてみました。すると問題が解けます。

歌舞伎の世界では娘さんに「家」を継がせることをしません。

歌舞伎役者・松本幸四郎さんの長女・松たか子さんが有名になっていても「歌舞伎」の世界では彼女に「松本家」を与えません。

このお家継承に文句をつける一般民はいないでしょう。
歌舞伎では家を男系男子に継がせるのが伝統文化だからです。

もし男子が生まれなかったら、その時は血の継った歌舞伎界の他の「家」から男子を養子として迎え、家を継がせます。歌舞伎は男系男子継承文化なのです。

皇室伝統文化に一般の民意を反映させるのは伝統文化破壊につながるものだと考えていいと感じます。伝統と民意はイコールではないのです。中国政府がパンチェン・ラマやダライ・ラマを勝手に決めることと同じ愚行なんですね。

宗教・伝統文化伝統継承が土台です。

ダライ・ラマ法王の場合は次に女性に生まれ変わったら初の女性ダライ・ラマ法王誕生となるかもしれませんが、ダライ・ラマ制度家や血の継承でなく心の継承みたいなものだから。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.12.11 Sunday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX