プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ダスカロスとインペレーターの〈霊性〉・ACIM霊や宇宙人霊との相違点
キプロスの霊的賢人ダスカロスの遺した〈キリスト的教え〉を知ると“スピリチュアルな思想の深淵”が窺い知れるような気がします。スピラボでいう〈スピリチュアル〉なものには「宗教思想・形而上学・哲学」も含んで考えています。

それと「自分の生命に意識を向け他者の生命にも意識を向けて精一杯に生きること」がスピリチュアルでもあるとも考えています。「この世のすべて、この世の人生すべてがスピリチュアル」であるという考え方です。誤解ないように書くとブログでは広範になり過ぎるので分野を狭めて書いています。

さて、先日紹介しました通り、私たち日本人が知るキリスト教が「西方(カトリック,プロテスタント)」ということは雑学になったと思います。

ダスカロスの霊性を支えているものは「東方キリスト教」ですが、彼は「エッセネ派」を語ります。通説では、エッセネ派はユダヤ教から分派した一宗派だといわれていますが、学術的にも未だ謎のままです。ダスカロスは異説を語っています。
死海文書のすべて 死海文書のすべて
ジェームス・C. ヴァンダーカム James C. VanderKam

青土社 2005-03
売り上げランキング : 73540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
解き明かされた死海文書 解き明かされた死海文書
ゲザ・ヴェルメシ 守屋彰夫

青土社 2011-07-23
売り上げランキング : 119537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
観想的生活・自由論 (ユダヤ古典叢書) 観想的生活・自由論 (ユダヤ古典叢書)
アレクサンドリアのフィロン 土岐 健治

教文館 2004-06
売り上げランキング : 122077

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
彼の著書『Joshua Immanuel The Christ』では、キリストはそのエッセネ派に属していた〈教師〉だといいます。そしてエッセネ派の人々は一般のユダヤ教のユダヤ人ではないと書いています(学術的には裏付がない説なので“仮説”ですが、それでもいいかもしれませんね)

また彼の遺した教えで特徴的なのは「古代エジプト神学」を扱いつつ、瞑想では〈古代エジプト式の観想〉のようなテクニックも書いていたりします。これは彼の過去生の記憶をもとにした瞑想か指導霊の教えた瞑想かは定かではありません。教えのなかには「神秘哲学」と呼ばれるようなアレクサンドリア,イスラエル(中東),ギリシアの哲学・形而上学も含んでいてとても広範です。
神秘哲学―ギリシアの部 神秘哲学―ギリシアの部
井筒 俊彦

慶應義塾大学出版会 2010-12
売り上げランキング : 346148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
教父ユスティノス―キリスト教哲学の源流 教父ユスティノス―キリスト教哲学の源流
柴田 有

勁草書房 2006-06
売り上げランキング : 946113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダスカロスの思想には「神秘思想」や「キリスト教神学」では語られていないものがあります。それは「スピリチュアリズム」で語られている「転生(生まれ変わり)」です。
前世を記憶する子どもたち〈2〉ヨーロッパの事例から 前世を記憶する子どもたち〈2〉ヨーロッパの事例から
イアン スティーヴンソン Ian Stevenson

日本教文社 2005-11


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
転生した子どもたち―ヴァージニア大学・40年の「前世」研究 転生した子どもたち―ヴァージニア大学・40年の「前世」研究
ジム・B. タッカー Jim B. Tucker

日本教文社 2006-09


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダスカロスが語る「転生論」は、東方キリスト教の「神化(テオーシス)」「放蕩息子のたとえ話」に結びつけ、私たちの魂が何度も“転生”をし経験を積んだ後、父(絶対存在,神)のもとへ帰ってゆくという「転生・神化」の教えとなっています。ある種の「神秘体験を一度経験して“悟った”と思ってしまう罠」を避ける、とてもまともで安全な教えです。
キリストのたとえ話 キリストのたとえ話
ダスカロス 根本 泰行

テア 2001-01-01
売り上げランキング : 339734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実は「スピリチュアリズム」には、東方キリスト教的な「神化」の教えが根本にあるので驚きではありません。江原啓之さんの著書などでもそういった話が書かれているのを目にした事がある方もいるでしょう。東方キリスト教の霊性のなかにスピリチュアリズムに通じるものがあるといえます。ただ一部分ではあります。

ダスカロスの著書と併せて読んでおきたい名著が、英国人の牧師ウィリアム・ステイントン・モーゼスが霊媒となって書かされた『霊訓(完訳・上)』『霊訓(完訳・下)』『インペレーターの霊訓』です。

「インペレーター」を名乗る霊が、キリスト教の教義を否定して霊媒であるモーゼスの信念を変えてゆきます。また、古代エジプトの死生観が進歩的だと話す部分があります。ダスカロスは古代エジプトの瞑想テクニックのようなものを教えますし、インペレーターを名乗る霊との相性はいいように思います。インペレーターの形而上学は学術的に見ても相当に高尚な内容です。かなりレベルの高い意識存在だということは明らかです。インペレーターも人間意識の「神化」を必ず語ります。とても重要なキーワードですね。

前回話した「宇宙人バシャール霊」「ACIM霊」の教えには、キーワードとなる「神化」がない事を話しましたが、それは彼ら(霊)がそういった教えの文化に属していなかった事が理解できます。インペレーターの博識ぶりには圧巻で私が好きなメヴラーナ(ルーミー)スーフィズムに関して話す部分もあります。

外部サイト「スピリチュアリズム・ブックス」で『霊訓』上下巻「古代エジプト関連」の行も読めるので参考にするのも良いかと思います。『インペレーターの霊訓』は本を購入しないと読めません。
ルーミー語録 (井筒俊彦著作集) ルーミー語録 (井筒俊彦著作集)
井筒 俊彦

中央公論社 1993-06
売り上げランキング : 888048

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
インペレーターの霊訓―続『霊訓』 インペレーターの霊訓―続『霊訓』
W.ステイントン モーゼス W.S. Moses

潮文社 2008-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つづく
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.11.01 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます

初めまして とても勉強になります。ありがとうございます??
難しいので まだ理解できないところも沢山ありますが このようなブログに出逢い感謝致します。ありがとうございます??(≧∇≦)
| るかさん | 2012/02/05 1:56 AM |
るかさん

初めまして こちらこそありがとうございます。絵文字が文字化けしちゃって「??」となっているようにも見えますね。雑文の寄せ集めのブログですが愉しんで行ってください。
| Teru_Sunさん | 2012/02/05 5:14 PM |










AX