プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『「今ここ」を生きる』【感想紹介】
「今ここ」を生きる 「新世代のチベット僧」という部分に惹かれ購入しました。ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェというチベット僧の名前は、まったく聞き覚えがありませんでした。巻末に「1975年生まれ」とプロフィール紹介があるので36歳という事が確認でき、たしかに新世代です。

本書は仏教の教えが書かれているとは気づかないような読みやすい小慣れた訳でまとめられていて、まったく仏教を知らない読者でも容易に読み終えることができるもののように感じます。

あまりに容易に読み進めることができるために、どこに仏教的なものがあるのか見つけるのが困難かもしれませんが仏典などに照らしてみると「この辺りのことかな?」と、おぼろげながらも仏教をベースにした内容だと察することができました。とても読みやすいです。

子供の頃から科学にも興味を持っていたというミンゲール・リンポチェは、ダライ・ラマ14世の協力で実現した欧米科学者との共同研究機関「心と生命研究所(マインド・アンド・ライフ・インステチュート)」での瞑想実験などにも協力していたチベット僧の一人だということも本書を読んで始めて知りました。

仏教瞑想の科学的研究を行ったのはアメリカ人リチャード・デビッドソン博士。チベット僧たちが“ある瞑想”を行った際に彼らの出す脳波が驚異的な数値のために科学者も驚いて計器の故障を疑ったそうです。この話は、ミンゲール・リンポチェと同じく瞑想実験に参加協力したフランス人チベット僧マチウ・リカール氏の著書『Happiness幸福の探求』にも書かれていますし『脳地図を書き換える』などの文中でも詳細に述べられています。

本書では「瞑想の強み」「瞑想によって脳の可塑性(脳は老人になっても日々進化できる)が判明した」ということが紹介され、普段普通に生活している人たちが瞑想をどのような場所で行えばいいのか、どのような気持ちで行えばいいのか新生代ながらの新しいたとえ話、映画「マトリクス」などが用いて説法されている所が、同年代としても好感が持てました。

瞑想についての詳しい話は過去記事に一応まとめてあるので気になる人は「アガペー・ユリイカ脳波瞑想法」を読んでみて下さい。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.09.18 Sunday | Category[2]スピリチュアル:インド チベット | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX