プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
天国からの手紙―愛する家族との18年間の霊界通信
天国からの手紙『天国からの手紙―愛する家族との18年間の霊界通信』、大病や老齢によって死を身近に感じることが、人を「霊的な人間」に向かわせるきっかけになる場合があるといいます。本書の著者・武本昌三さんのように肉親を事故などで失ったことを切っ掛けとして霊的真理を探究する人もいます。

そのような苦難の人生を送ることで「動物的人間」から「霊的人間」へと、人の心[意識]を成長させて行きます。幼い子どもは死を考えず、動物もまた死を考えることはできません[〈動物的人間〉〈霊的人間〉参考]。若者や愚かな大人も今ある我が世の春を謳歌し快楽的に「死に向き合うことなく」生きている人がいます。しかし、皆どのような人間も「死」を免れることはできません。

どのような人も「動物的人間」として生きている時代(過去生も含め)があります。しかし、そのなかで一人ひとりが何かをきっかけに霊的な物事に対する目が啓けて「霊的人間」になろうと“気づき”心を入れ替える時期があるといいます。その時期は人それぞれ、今生の意識ではその目が啓かない人もいることでしょう。本書は、その目を啓くきっかけになるかもしれない貴重な話が詰まったものに感じました。家族を死別で失った人達への励ましにもなるかもしれません。

本書の流れは、大韓航空機事件で妻息子を亡くされた当時の記録から始まり、イギリスの伝統的な英国スピリチュアリスト協会(SAGB)シッティング[霊媒に何も情報を与えずに霊界側からの話を受け取る]を受けた霊界通信の話しへと続いてゆきます。見ず知らずの霊媒から明確な証拠を得た話は読んでいて驚きを感じます。

またSAGBでミーディアム[霊媒]をしている方達の地味で質素な働き振りも語られています。以前ブログで著書を紹介したゴードン・スミスさんも英国の優れたミーディアムでしたね。この本にも何か得るものがあるかもしれません。時間に余裕がある人は読んでみてはいかがでしょう。
愛する家族との「魂の絆」 

愛する家族との死別は、どのような境涯の人にも耐えられない程の喪失感をもたらす事でしょう。病気や老齢による死でも悲しみに暮れる死別。事故や災害によるものであれば、遺された者は身を引き裂かれるような想いを抱きます。

著者の武本昌三氏は家族を航空事故で亡くされた方で、大韓航空機撃墜事件の遺族だった事を初めて知りました。本書ではこの事件がただ単なる事故ではなく米ソ間で行われていた冷戦による軍事的な摩擦で起こった事も明確に述べられています。

そのような理不尽な事件で愛する家族との別れを契機として、武本氏は、人の死,運命,生命,死後の生について果敢に探究をはじめられたそうです。その探究の克明な自伝です。自然災害や殺人事件などで無念にも家族を亡くした人にとって道標となるような内容に心が揺さぶられる事でしょう。江原啓之氏が帯にコメントを寄せている通り霊的な事柄「霊界通信」を隠さずに書かれています。武本氏はこう語ります。
----------
 よく、霊的に目覚めるのが一番遅いのが、いわゆる知識人、科学者、大学教授などの科学信奉者だと言われている。
 大学教授の場合でも、大学というのは真理を探究する場であって、その真理とは、科学に裏づけされたものでなければならない。つまり、科学でないものは真理ではない。だから、科学では証明されない「霊」に関心をもったり近づいていったりすることは、大学教授としてあるまじきことなのである。
 この頑として抜きがたい「無知」は、いまでも、多くの科学者や知識人といわれてる人々の中で深く根を張っている。私もまた、その「無知」のなかで生きてきたひとりであった。
----------
世の人の「無知」を少しでも払う切っ掛けになる貴重で真摯な記録です。

著者ホームページ「ともしび」
http://www.takemoto-shozo.com/
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.06.05 Sunday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.08.15 Tuesday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2011/06/11 11:22 PM |
コメント[2011/06/11 11:22 PM]は以下の承認規定により承認することができません。
http://teruterulog.jugem.jp/?eid=389
・ ブログ記事内容に関係がない
| Teru Sun(管理人)さん | 2011/06/11 11:24 PM |










AX