プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヘミシンクは危険です! パート2「幻想の罠」
先日は「ヘミシンクは危険です!」という記事を(実は1ヶ月前に書いていて手直しして)アップしたので今回は“変性意識”というか“悟った”と思った瞬間の「幻想の罠(Trap of illusion)」について書いてみます。

ヘミシンクに限らず何んらかの方法(ヨガ,瞑想,催眠など)意識が飛び偶然に別次元の体験(スピリチュアル体験)をした人が色々な話しを持ち帰って悟った話をし始める場合があります。それは霊界の低層[地獄]から高層[極楽]別次元の惑星だったり空(くう)領域であったりと多種多様です。

霊界系の人霊界悟り系の人空・絶対無の体験を語ります。

ヘミシング霊界系悟り系“渾然一体”となっているので判然としませんが体験をフォーカス レベルと表現し高層ほど数値が上がってゆくように設定しているようです(詳しくは専門サイト・書籍を参考にして下さい)。

本題に入ります。スピ系・悟り系のネットサイトや書籍の中では変性意識空・絶対無の領域、いわゆる「悟り体験」をしたと書いたりしている話があったりします。一度くらいは読んだことあるんじゃない。

「変性意識で悟り体験できるのかスゲー! 自分感動しました」
「アタシも変性意識で悟り体験だ! ワクワク(アラレちゃん風)」

そんな風に感化されちゃった傾向の人だったら記事をアップしてよかったと思います。からかいの意味で「そんなアホな」と思うのではなく深い意味で「そうじゃない!」と感じられるようにしたい所なので。

さて冷静に観察して下さい。

これらの至高体験[高層霊界探訪]は体験者の世界[領域]です。「光り輝く清廉なる領域」であろうと体験者が既に視た領域です。そこは空でも絶対無でもありません。それではそこはどこなのか?

既知の領域[次元,霊界]です。

エソテリック・コスモロジー この話で理解しやすいお伽話があるのでいつも記事で使っている西遊記の「孫悟空が如来と勝負をした話」を挙げる事にします。「エソテリック・コスモロジー」で同様の事を詳しく書きました。

傲慢になった性根を懲らしめる目的で如来は「自分の掌から飛び出せるか」と孫悟空に勝負を持ちかけました。孫悟空は「そんなの簡単だ!」と豪語し一瞬で世界の果てであろう場所に到達しそこにあった5本の柱に自分の名前を書いて如来の元に戻って来ます。それを得意げに話す孫悟空に如来は自分の指先を見せてこういう「孫悟空、お前の書いたものはこれであろう」と。実は孫悟空が“世界の果ての柱”と思った場所の柱が如来の指先であった。如来の掌から外に飛び出すことは叶わなかったのです。

理解の早い人は飲み込めたと思います。このお伽話は変性意識での天界[霊界]探訪で至高世界を見てきたという人たちを諭す目的で語られているものだという意味です。

どこまで高く上昇しようと人間が考え出せる幻想や理論の領域「既に知られた領域」、西遊記のなかでの「如来の掌の裡」なのだということです。ここまで話をしてきて霊界系の方は反感を持ったりすると思いますから断っておきます。「霊界」を唯物論者・不健全な懐疑論者がいう〈妄想の産物〉と言っている訳ではありません。唯物論・不健全な懐疑論は極度の誤りです。

「天国と地獄」「死後の世界」「生まれ変わり」も幻想ですが存在するでしょう。しかしそれと共に知る事はできないが存在する空[絶対無]・至高の領域がある事も確かです。それは把握する事が望めない領域。想像する事も幻想を抱くことも叶わない、それが「未知の領域」です。

未知の領域はずっと未知の領域であり続けます。ヘミシンク者もチャネラーも霊媒師を借りて語る霊も賢明であれば空の領域を見てきたと語ることはしません。「空のような世界を(知らずに)創り上げて見てきた」という幻想世界を語る事はできてもです。

「幻想の罠」であっても居心地が良いものです。人はどこかに着地点を求めます。唯物論者は一番目に見えるお手軽な着地点として権威的な科学を。精神論者は霊界,悟り,今この瞬間(NOW !),エゴの脱却を。

どれもこれも着地点に過ぎません…。

着地点が無いのは何だか心細いですが、そういうものとして安心せずに生活できませんか? 常にできるだけ鈍感にならない。これが方法だというものは無いと思いますが「罠」がある事を理解して「それは違う! それも違う!」と独り心の裡で呟くしかないかも…。

声に出してブツブツ言ってはダメ。
キチガイかと思われてしまいます(笑)。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.05.21 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ヘミシンク 体外離脱 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2011/09/24 6:07 PM |










AX