プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
“スピリチュアリティ”ヒーリングの世界

久しぶりにスピリチュアルな“ヒーリング”についてコラムにしてみたいと思います。国内でもさまざまなニュースや事件があったりしたので、ヒーリングについての話しをしておくのも悪くないかなと思ったりしました。

さて、馴染みのある人にはウザい説明ではあると思うけどブログを読み始めたばかりの人もいるかもしれないので、スピリチュアルな視点を持ったヒーラーたちが視ているものについて簡単に説明しておきますね。

スピリチュアルヒーラー,気功師,直観医療者(以降、ヒーラー)「人間の身体は、ある一定の周波数(frequency)の『振動』『波動』を持っている…」と視て、感じて、直に体感して知っています。
4763192329 7つのチャクラ―魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために
キャロライン・メイス(Caroline Myss)

by G-Tools
ヒーラーたちは患者の身体のエネルギー・フィールド(Energy Field)」にあらわれる振動,波動第三の眼」や「直観をつかい“読み取り”、患者の適当な部位(チャクラ)に適切な周波数のエネルギー送り魂の癒しがおこなわれるよう手助けをします。
エネルギー・フィールドとは
わたしたちの身体の細胞が自然に生みだす電磁波エネルギーが投射される、身体を取り巻く領域のこと。フィールドのエネルギーは健康状態や精神状態に応じて変わる周波数で振動しています。健康なときには高い周波数で振動し、健康でないときには低い周波数で振動します。周波数の高低が道徳的,規律的な意味を持つことはありません。エネルギー・フィールドはオーラとかエーテル・フィールドなどとも呼ばれたりもします。

わたしたちが見ている身体は、ふつう五感でしか認識できないため“固い物質”だと思われています。しかし、科学者たちは、宇宙の物質(人間の身体も含め)すべてが量子力学の観点に立てば、絶え間なく動き回る分子,原子,素粒子の寄せ集めであると説明します。要は、エネルギーの集合体だというのです。

ヒーラーは、人間の身体を素粒子でもないエネルギー(微細身)のレベルで視ることができるといいます。フザケて表現すれば、もやしもん“眼”持っているわけです。もやしもん目に見えない菌を見ることができますが、ヒーラー微細エネルギーを視たり感じたりすることができるのです。

宇宙のすべての物質が振動,波動を持っており、DNAや細胞にもそれぞれ振動,波動があるといいます。ヒーラーたちは、患者のエネルギー・フィールドを読むことで現代医学の検査では見つけられない“病の兆し”を予知することもできるのです。

こういった見方をヒーラーはしますが、一般の科学者,医療者からは「疑似医学」や「呪術治療」と揶揄されています。

上記のような話しを理解してから、今年取り上げられた国内のニュースの話題をひとつ取り上げます。「ホメオパシー」の話題です。“一般的な観点”“ヒーラー的な観点”で考え方も変わるからです。

◆「ホメオパシー」はバイブレーショナル・メディスン
ヒーラー的な観点
から見ればホメオパシーとは、バイブレーショナル・メディスン振動医療だといえます。しかし、“一般的な観点”からすれば、いくら「振動医療」だと主張しても、懐疑の目が向けられ“擬似医療”のレッテルが押されてしまいます

しかし、ここでは詳しく書くことはできませんが、以前からたびたび紹介している『バイブレーショナル・メディスン』ホメオパシーのことも書かれてあります。一般的な観点の人もできるだけ見識を広げる読書を行って下さい。偏見をもった「読まず嫌い」はマズイです。
4531081277バイブレーショナル・メディスン―いのちを癒す「エネルギー医学」の全体像
リチャード・ガーバー(Richard Gerber)

by G-Tools

ホメオパシー振動医療なので、それを行うヒーラーホメオパス直観の優れた人第三の眼を持つ人でなければならないと(スピラボは)思います。更に基本的な西洋医学的な知識を持っていることは最低必要です。「ATPとは何でしょう?」と聞かれたら答えられるような(笑)。教科書や学校で習っただけのペーパー医療者では適切な判断はできないです。

しかし、恐らく国内でスピリチュアルな観点からの治療を行おうとしているヒーリングは… ペーパー医療者が、それらしいことをカタリ、偽りの医療を行なっているのが現状でしょうか。

◆ヒーラー(霊的能力者)を見極めるポイント
1.質問しすぎる。
リーディングを受ける前に答えなければならない多くの質問をしてくる「透視能力」がある人は、そんな情報を必要とするのか不思議に思ってください。ヒーラーがたくさん質問するのは、良い兆候ではありません。
2.医学的なバックグラウンドがない。
ヒーラーだと主張する人がいたら、その人物の医学的なバックグラウンドを調べてください。多くの自称ヒーラーは身体のどちら側に肝臓があるか知りません。なぜなら、解剖学も生理学も勉強したことがないし、肝臓を見たこともないし、医療の体験をしたことがないからです。
3.思いやりに欠けている。
ヒーラーであっても、直感的な情報を無造作に口にするのは頂けません。クライアントが「がん」の兆しがあったとしても医師ではない人間が「がん」だと診断してはいけません。国内法的にも医師でしかできません。ヒーラーの才能には倫理的な責任がともなっています。それは、占いのような“お遊び”とは異なります。

4794216246病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ
クリステル・ナニ(Christel Nani)


by G-Tools

注意点ですが、振動医療だけを治療行為とすることも避けなければなりません。西洋医学と振動医療の長所を折衷した治療が肝要です。医療ネグレクトなどはもっての他です。振動療法のみを優先したものではなく西洋医学の治療をも生かすことを考えられるヒーラーでなければ、スピリチュアルな部類の振動医療を使ったり語ったり行ってはならないと思います。

ホメオパシーの話しはここまでとし、話しを進めていきます。

スピリチュアルを謳う自称ヒーラーほど意識が低い
ブログでは前々から書いていますが、西洋医学的な知識を持ち合わせていない、学ぼうとする気持ちがない自称ヒーラーは意識が低い方たちだと思います。特に「スピリチュアル」を謳った自称ヒーラーたちのなかに意識の低い方たちがかなり多くいることが、哀しくもあり危惧すべき問題です。“神憑り”ヒーラーとして教祖様をされるという方には必要ないかもしれませんが…。

図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)図解入門 よくわかる解剖学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)一般の癒し業界で仕事をされている整体師やリフレクソロジスト,エステティシャンなども「解剖学」「生理学」などを学んでいます。医師や看護師などに及ばないながらも、彼らは努力をしています。

「スピリチュアル」を謳えば何でも許されてしまうスピリチュアル業界の「ヒーリング商売」には規制が必要だと思っています。もし、誠実な気持ちを持っているヒーラーであれば、上記に述べたことから外れるようなヒーリングはヤメることが賢明だと思います。 元3DCGデザイナーの僕ですら過去に解剖実習の経験があります。献体をしてくださった人たちに感謝しないといけませんね。
4903821706聖なる鏡―アレックス・グレイの幻視的芸術―
アレックス・グレイ
ナチュラルスピリット 2010-05-21

by G-Tools
解剖学,超心理学,チベット密教を学んだサイケデリック・アートの巨匠。

◆誠実なヒーラーは西洋医学も学ぶこと
癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈上〉光の手―自己変革への旅〈上〉スピリチュアルな“ヒーリング”“神憑り”の「呪術,魔術」としてではなく医療として行おうと考えている誠実なヒーラーは、西洋医学も学んでください。

気功師であれば、中医系大学などで気功を学び、医療者としての資格を得た後にヒーラーとなるも良し。整体師やリフレクソロジーを行いながら、ヒーラーをしても良し。精神科医となりスピリチュアルなレベルでも相談にのれる医師やセラピストになるも良しです。

自ら志しを立てて活動してください。英国一のヒーラーと呼ばれたハリー・エドワーズのように「誠実なヒーラー」として歩んでください。 スピリチュアルヒーリングについての過去記事でも、いろいろ書いています。よければそちらも参考としてください。
スピリチュアルヒーラーの分類
スピリチュアルヒーリングと医学
真摯なスピリチュアルヒーラーの最低条件

以下は、紹介。
英国スピリチュアルヒーリング講師による著作
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.11.29 Monday | Category[3]スピリチュアルヒーラー:ヒーリング | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
世界保健機関(WHO)が1999年に提案したという健康の定義に「スピリチュアリティ」に関する言及があったらしいですね。

『健康とは、身体的、精神的、霊的(スピリチュアル)及び社会的に完全に良好な動的状態であり、単に病気又は虚弱が存在しないことではない。』

とのこと。

自分も代替医療の一端を志す人間のひとりとして謙虚に勉強しないと、と思いますね。。

病院の医師の方や看護婦さんたちが不眠不休で働いてるわけですからね。

西洋医学を安易に否定したり、ちょっとかじったくらいで偉そうなことは絶対言えないと思います。
| eijiさん | 2010/11/29 6:01 PM |










AX