プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

クリシュナムルティ・ノート 〔抜粋2〕

思考は記憶です。
記憶は収集蓄積された反応ですから
思考がどんなに自身を自由だと想像しても
それはいつでも条件づけられています。

思考は機械的で、それ自身の知識の中心に繋がれています。
思考の活動範囲は知識に依存します。

知識は、いつも過去の残滓であり、過ぎ去った活動の残滓です。
思考は、自身を未来に投影できますが、過去に繋げられています。
思考はそれ自身の牢獄を作り
その牢獄が未来的であろうと、過去のものであろうと
飾り立てられたものであろうと、質素なものであろうと
その中に住みます。

思考は決して静まりません。

それは、本性上、休むことなく、いつも右往左往しています。

思考装置は、騒々しくても、穏やかでも、表面上でも、表面下でも、
絶えず活動しています。

それは、自身をすり減らすことができません。

思考は、それ自身を洗練させることができます。
それは、その彷徨をコントロールすることができます。
それは、それ自身の方向を取捨選択したり
環境に順応したりできます。


思考は、自身を超えることができません。

それは、狭い領域や広い領域で機能するかもしれませんが
いつも記憶の範囲内でしょう。

記憶には限りがあります。
記憶は、心理的、内面的に死ななければなりませんが
外面的にだけは機能しなければなりません。

内面的には死がなければなりませんが
外面的には、あらゆる挑戦と反応に鋭敏でなくてはなりません。

思考の内面的な関与が行動を妨げます。


『クリシュナムルティ・ノート』p136-137
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.09.17 Friday | Category[4]霊的偉人:クリシュナムルティ | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX