プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ホメオパシーについてあれこれ
先日から「お目汚し」の事だと承知しつつツイッターでホメオパシーに対しての往復書簡のようなツイート対話をある方たちと行っていました。

ホメオパシーに悪意はなかろうに
これが私の変わらない主張です。

ホメオパシーを糾弾したメディアと、それに追従した形の医師会の見解は極端に過ぎているように私には感じられました。要は「カテゴリー・エラー」を起こした対応にしか見えませんでした。

日本のメディアに常に感じますが、もっとインテグラルに構えられないのかと思います。人を煽り、それに乗せられ科学主義」「科学唯物論」「実証主義」「還元主義右上象限に偏った個人や団体がウジャウジャとネットに現われます。

大きな間違いは医学団体、それも医療を独裁的に支配している西洋医学が民間療法ホメオパシーを“科学的根拠がない”として国家を挙げて大々的に批判的にアピールした事です。

ここで大切な反応してはならない行動があるので警告しておきます。このような個人の態度です。

患者が亡くなったからホメオパシーを批判する
科学的根拠がないから批判する
という軽率な行動です。

まず、これは別物として考えなければいけません。まったく異なる問題です。民間療法ホメオパシーと現代医学の治療哲学が異なるからです。

例えば、イギリスで代替医療に認定されているスピリチュアル・ヒーリングは、霊界の霊医によって癒しが起きるとイギリスで最高のヒーラーといわれたハリー・エドワーズは説明します。

さて、こんな治療哲学がある民間療法を科学的根拠がないと糾弾できますか?

今回の問題はホメオパシーの利権を巡るさまざまな団体、お役人達、利用者にも責任があります。イギリスでは医学とスピリチュアル・ヒーリングが手を結んだ際には、「医学に対してオープンに接する事」が取り決められていました。さまざまな厳しい取り決めがあります。取り決めを行っていなかった医学側がまず軽率です。またホメオパシー側にも問題があります。

今回の件は、これだけです。

人間が考えた想念体が空間中に飛びだし同じ振動数の人間に付着するという「エレメンタル」の思想。これはダスカロスが述べた霊的原理ですが、現代科学が捉えられない哲学がある独自の思想を科学者や医者は冷笑するでしょうが、そういった思想が存在する療法でもある事を念頭に置かなくては、お話にはなりません。最大の罪は、そのような事を理解せずに医学がホメオパシーを取り込もうとしていた事でしょうか。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.09.03 Friday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
コメントを行った方へ

削除対象に抵触する内容でしたので削除させて頂きました。
再度、文面を確認の上コメント下さい。
| 管理者さん | 2010/09/05 10:14 AM |










AX