プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
超能力者と神秘家の存在
マイスピの取材で応えているが、20代の頃に偶発的超常現象に出遭ったりしなければ科学的パラダイムを受け入れ生きていたのかもしれない。

しかし、彼らのような存在がいることで気づき、世界観の転換を余儀なくされた。それは今まで、小学生時代から20代頃の自分、懐疑論者に騙されていた自分を捨てる痛みを伴った。

自分がアホだった事に気づかされた痛みだ。
そして、また痛みを感じ始めている…。
小児麻痺の子供を一瞬にして
新聞記者たちの前で癒した人がいた。
「プラシーボ効果」ではない。

4次元体(エーテル体)の手を作り出し、医者に見放された重症の脊椎損傷患者の背中に、そのエーテル体の手を差し込み完璧なまでに治療を行った。患者の数は数えきれない。

治療費を望んだことは一度も無かった。
キプロス大統領や欧州各国の要人にも知られていた。
人々は彼のことを親しみを込めてダスカロス(先生)と呼んだ。

背骨を治すときの方法を彼はこう説明する。
背骨が完璧な状態になったビジュアルを強く念じると。
ビジュアリゼーション(視覚化)」

それは正にスプーンを曲げる超能力者の言葉と相通ずる。
スプーン曲げヒーリングも同じのようだ。

超能力者は、まさに破天荒な人生を歩んでいる。
これからの映像や本の内容をどんな偏見も持たず
ケン・ウィルバーのような
インテグラルな視点から観ることができれば、
たぶん人生の捉え方が変わるかもしれない。

予め警告をしておく。
決して陥ってはいけない心理状態のセリフと態度だ。

鉄の棒を曲げる超能力があるとして
 そんな力が何の役に立つのさ?

ニヤけた笑みを浮かべること、または無関心になること。

神秘に感嘆する心を失った
鈍感な心は微かなものを見過ごす。


そして、それは「探求を放棄した人間」の愚鈍さ。

いうなれば養鶏場のニワトリ」。

ニワトリの世界での話だ。
養鶏場で生まれたニワトリは
金網の中だけが「世界」だと思っている。

ある時、彼は金網を曲げるニワトリを見かけた。

しかし、鈍いニワトリたちの大半は無視している。
目の前にある「餌」に必死で食らいついている。
知的なニワトリたちは躍起になって叫んでいる。
あんな奴がいたら、この金網の世界が壊れてしまう!
みんな信じるんじゃないぞ!」
「あれは幻覚だ、トリックだ!


金網を曲げるニワトリを見て
外の世界に飛びだす「勇気」と「決断力」を
お前のニワトリは持っているのか?
その名の通りお前のニワトリはチキンか?

「養鶏場のニワトリ」で終わるか?
それとも…
「野生のニワトリ」になる探求を始めるか?

ふたつにひとつ。葛藤するニワトリはいるか?

しかし、野生のニワトリとしての人生は大変だ。
餌は自分で探さなければならないのだから!

職業欄はエスパー
職業欄はエスパー
『職業欄はエスパー』の冒頭を立ち読みする
清田益章、秋山眞人、堤裕司をドキュメントしたものだが、ヨガの成瀬雅春もインタビューに応えたりしている。大槻義彦についての生々しい話も書かれている。これが現実なのだろう。

この取材を元に作られた番組が以下のものだ。ダスカロスを取材した『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』と共に、この番組の映像も観てもらいたい。また本も購入して読んでもらえればよいだろう。

清田益章の父親のインタビューは切ないが分かる…
しかし清田氏が父親にツッコミを入れたセリフで笑ってしまった。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.09.02 Thursday | Category- | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.29 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX