プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアルヒーリングと医学
私生活が忙しくブログ更新をストップしていました。数週間ぶりに更新をすることになりました。記事を心待ちにしてくれている読者さんお待たせです!

誰でも簡単にできるセルフヒーリング(自己治癒)入門今回は久々にヒーリングの話を少し話してみようと思います。ヒーリングは一般に「手かざし」と呼ばれるようなもので、日本では「如何わしいもの」という考えが多くあります。

スピリチュアルな事に興味がある人は、ある程度はヒーリングを受け入れる立場を取る人が多いように思います。しかし、そんなスピリチュアルな人達の間でヒーリングについての問題点がよく話題に上がることがあります。

その代表的なことが…
ヒーリングの有償・無償の論争。

ヒーリング・パワー―独習セラピューティック・タッチセラピューティック・タッチ―あなたにもできるハンド・ヒーリング僕が尊敬するスピリチュアルな人達のほとんどがヒーリングは無償がよろしいと言っているので最善は「無償」だと思っています。しかし、絶対にダメというわけではなくヒーラーとしての技術力や治癒力を実際的に発揮できる能力や責任能力や国家資格を有していれば、僅かでも謝礼を受け取って生活の足しにしても構わないという考え方もあります。「人間、生きる為には働かねばならぬ」からです。これはイギリスのハリー・エドワーズ的な考え方です。エドワーズはイギリスでヒーリングに保険適用を可能にした程の人物なので、その実力は本物だったのですが。

さてさて、今の日本はどうなのでしょう。ヒーリング(スピリチュアル・ヒーリング、気功、レイキ、シータヒーリング、等々)についての法律などは皆無、すべて野放し。ほとんど全てが民間資格のような素人に毛が生えたような人達が行っている有様で誰でもがホイホイと開業できる形態です。

人間の身体を全く知らない人が1、2ヶ月の訓練でヒーリングを習得したと公言し施術料金を取る。普通じゃ考えられません。人間の身体についてもまったく学びもしない。レオナルド・ダ・ヴィンチのような芸術家でさえ人体解剖図を描いて人間について研究していたのに…です。

国内のヒーラーは、そのような努力をしているのでしょうか。国内でヒーラーが如何わしく思われたりする背景には、国の法整備の不備も関係していますが……。

もしプロとしてヒーラーをするような人がいたら、医師には及ばないながらも、人体をビジュアルで理解していることくらいはしておいて欲しいと思っています。

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道キプロスの有名なミディアムのヒーラー・ダスカロスも、ヒーリングの際は「人体が健康で正常な状態をヴィジュアライゼーション(視覚化)しましょう」とアドバイスする様に…ヒーラーにとって医学的知識と人体のビジュアルは必要です。PCでブログを読んでいる人には表示されている『プロメテウス解剖学アトラス』シリーズ

プロメテウス解剖学コア アトラスプロメテウス解剖学アトラス―頸部/胸部/腹部・骨盤部これヴィジュアルが物凄くキレイで見ているだけで楽しいです。人体はこれ程までに精巧に作られているのか!と感動さえ覚えました(僕が実際にね)。生物が偶然に宇宙に出来上がるなんてムリムリって思いますよ(笑)。お金に余裕がある人だけにおすすめの図鑑ですが!

超すごいヒーラー(エドワーズ、ダスカロス、等々)は、そういった知識を“目に見えないガイド”(守護霊)から教えてもらったりしているので、普通に国内で看板出して営業している素人ヒーラーたちも自習してもらえたらと思ったりします。正しい医学的な知識があれば手かざしのヒーリングでは到底治癒できない症例なども分かる筈なので手遅れにならないからです。

ヒーリングの話から医学の所まで大風呂敷を広げて話をしてきたけれど、言いたいことが分からなくなってきたので端的にまとめようと思います。

要は…
ヒーラーを志すものは医学的知識もつけよう!
前にも少し話したけれど。

あまり知られていないかもしれませんが、シッカリしたヒーラー養成学校「解剖学」「生理学」などを勉強するのが基本となっています。「ヒーラー=医療者」という考え方から来ていて「超能力者」「超自然能力者」という扱いではありません。こういった傾向は欧米では一般的になっているようです。

超すごいヒーラーだって西洋医師による外科的手術の助けを借りたりすることだってある。西洋医学の力を否定することは馬鹿げたことなので、超自然的なヒーリング西洋医学をバランス良く学ぶことも大切だったりします。そうした知識を持った人ならば、信頼が置けるヒーラーとして認識されることでしょう。いつでもバランスは大切なので、そのことを覚えておいて貰えたら嬉しいです。

偏ることは道を踏み外すことに等しい!

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.07.31 Saturday | Category[3]スピリチュアルヒーラー:ヒーリング | comments(8)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
Teru Sun さん

まっっったく!その通りです。

アトラス非常にほしいです、アトラス貯金始めます(笑)
| セセラさん | 2010/07/31 2:13 PM |
セセラさん、ご同意ありがとうございます。
アトラス貯金がんばってください!(笑)
| Teru Sunさん | 2010/07/31 4:15 PM |
各臓器がどこにあるか、例えば肝臓がどこにあるかも知らないで、
「怒りが肝臓にたまってますね」とか言われても説得力ないんですけど〜(汗)と思ってしまいますよね〜。笑
あまりにもお手軽に「ヒーリング屋さん」になる人が多すぎで気持ち悪いです笑。

これ、楽しそうな本ですね!
1冊だけ買ってみようと思います。
いつもありがとうございます。
| オイラさん | 2010/08/01 7:25 AM |
Teru Sun さん、こんにちは。
わたしは王由衣さんのところで勉強されているヒーラーの方のセッションを受けていました。その方は看護師をされていた方です。

3日間でレイキがマスターできる、といった感覚で伝授(?)されてそのノリでお金を取ってヒーリングされても困りますねえ。
少なくても、私は信用しませんけれど。
| mahamahaさん | 2010/08/01 9:41 AM |
オイラさん
 そうですよね、何も知らないで臓器の事を言われているとしたら説得力ないですよね。「楽しそうな本⇒解剖学アトラス」のことですか。たぶん手元に届くと驚きの大きさだと思いますけど高いだけの価値はありますよ。お医者様も持ってる人が多いかも…?

mahamahaさん
 こんにちは。王由衣さんのスクールで学んだ元看護師のヒーラーさんですか。なるほどぉ。語学ができれば欧米の総合医療を行っている病院などでも働けそうな感じですね。資格を持っていれば誰でもヒーラーになってOKというわけではないですけど、努力をされている人には何らかのエネルギーがあると思いますからいいですね。
| Teru Sunさん | 2010/08/01 10:19 AM |
お久しぶりです。

僕は仕事で、陸や川の虫をよく顕微鏡で見ることがあるのですが、
本当に緻密にできていて驚くことがままあります。

自然は本当に、ディテールが細かい作品だと思うことがあります。
| keiさん | 2010/08/04 8:27 PM |
各地で「人体の不思議展」が巡回していますよね。
行ったことあるのですが、毛細血管なんて見てると神秘的で気が遠くなりそうでした。
アトラスも良さそうですが、お近くに人体展がまわってきたら、勇気ある方は見にいってほしいです。(献体された方々のご好意にも感謝)
| ジャスミンabsさん | 2010/08/15 2:57 PM |
Teru-Sun、お久しぶりです。
まったく、おっしゃるとおりだと思います。心と魂と体は、切っても切り離せないものですよね。
医学の知識を持ち合わせているヒーラーさん。そして、スピリチュアルな知識のあるお医者さん。
どちらもこれからも世の中で必要になっていく存在のような気がします。
人を癒す。ということは、江原さんも以前おっしゃっていたように思いますが、魂のレベルから
心、体まで癒せなければ、癒したことにはならないような気がします☆
| あかりさん | 2010/12/21 12:05 PM |










AX