プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
インテグラル理論入門I ウィルバーの意識論 【感想紹介】
ケン・ウィルバーを理解することは大変難しい。ウィルバー個人は「エソテリック」(密教)であり、ウィルバーのインテグラル理論は「エクソテリック」(顕教)である。もちろん両方を持ち合わせているが故に魅力がある思想家だと感じている。

真言密教の始祖である弘法大師・空海の存在は密教であった。道元も然り、パイオニアは常に密教(存在世界の秘密の教え)を探し求める者(探求者)である。

ウィルバーは表立って発言はしていないが「生まれ変わり」を確信している。「生まれ変わり」を強調しすぎると読者の半数が離れる可能性があり、現時点では、まず少しでも多くの人がインテグラル段階の社会への移行をする手助けをすることの方が人類にとって急務であり、「転生」の受容を求める必要はないからであるインテグラル訪問記より)、そうだ。「あなたはまた生まれ変わってくるのか?」との質問に「Yes」と発言もしているそうだ。かなり前衛的な思想家であることは、これでお分かりになるだろう。

話をインテグラル理論に向けよう。インテグラル理論は、その存在世界の地図を描こうとする試みである。もちろん日々更新される世界を理論として完璧に描くことは不可能だ。大河ドラマ『龍馬伝』で一躍脚光を浴びている勝海舟世間は生きている、理屈は死んでいるという言葉を遺している。ウィルバーもその事は重々承知の事だろう。「理屈=理論」は死んでいるのだ。しかし、少しだけなら理屈をまとめられるだろうという試みなのだ。

ウィルバーの考え方は勝海舟のこの言葉と同様のものだと感じている。今までの自分の考えも否定するウィルバーの姿と、常に上の智慧を研究することを忘れずに座禅をして過ごしていた勝海舟の姿が重なる。いつの世も意識の発達には観想的生活は必須のことだろう。

氷川清話 (講談社学術文庫)「主義といい、道といって、必ずこれのみと断定するのは、おれは昔から好まない。単に道といっても、道には、大小厚薄濃淡の差がある。しかるにその一つを揚げて、他を排斥するのは、おれの取らないところだ。人が来てゴウゴウとおれを責めるときには、おれは『そうだろう』と答えておいて争わない。そして後から精密に考えてその大小を比較し、この上にもさらに上があるだろうと想うと、実に愉快で堪えられない。もしわが守るところが大道であるなら、他の小道は小道として放っておけばよいではないか。智慧の研究は棺の蓋をするときに終わるのだ。こういう考えを始終持っていると実に面白いヨ

氷川清話より
以下、書評。
インテグラル理論概論


本書題名は「インテグラル理論入門」となっていますが「入門書」だということで「ケン・ウィルバー」「インテグラル理論」をまったく知らない人に向けて書かれたものだと思い本書を購入すると、やや問題があるように思います。

膨大なインテグラル理論の解説書ですので、理論を構築したウィルバーの著作『存在することのシンプルな感覚』等々に軽くでも触れておくことが有効だと思います。またそれだけでなく東西の宗教,哲学,心理学,形而上学、等々の様々な基礎知識も必要となります。「入門」というよりも「概論」に近い印象です。

概論とはいえ冒頭でウィルバーのこれまでの半生を詳しく解説してからインテグラル理論の説明へと流れる章立てとなっていますので、ウィルバーの人間像をまったく知らない人にとっては丁寧な作りになっており、この部分はとても親切な内容だと感じます。

初めてインテグラル理論に触れる方に“諸手を挙げて推薦することはできません”が、インテグラル理論の〈予習〉として意味がわからないまでも読み、ウィルバーの思想に触れる機会を得るためには有用性の高い内容が凝縮された本だと感じます。またインテグラル理論に馴染みのある人にとっては〈復習用〉として使える内容です。

本書は「1」とナンバリングがされているので続刊「2」インテグラル理論の各論がこれから展開されることを期待しています。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.06.06 Sunday | Category[4]霊的偉人:ケン・ウィルバー | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX