プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
統合心理学への道 【再読】
統合心理学への道個人的なことですが、インテグラル・ジャパン鈴木規夫氏(Norio001)に間接的にこの評者の誤解なのかもしれませんと指摘されたので再度ケン・ウィルバーについての捉え方に間違いがないか『統合心理学への道』『インテグラル・スピリチュアリティ』等々を読み返しています。

鈴木規夫さん、もし読んでいましたら『スピリチュアリティ革命』樫尾氏にコンタクトを取って話してみるか実際に本を読んでみて下さい。鈴木さんが不可解に感じている真偽がわかると思います。

スピリチュアリティ革命樫尾氏が書かれた内容はインテグラル理論を前向きに評価しつつ違和感がある部分を表明し論を展開させています。氏が著書のなかでウィルバー思想についての違和感を表明されているページを教えておきます。p.103「さて、私は‥‥」からp.106「‥‥その具体的な実践のガイドであることは変わらない。」という部分までです。

Norio001さんが残されたコメントは恐らく実際の本を読まずに私のレビューだけを読まれて生まれたと思われる誤解された内容でしたので一応補足したいと思います。

上手く説明できないのですが、私がウィルバーに感じることは本当に捉えどころがありません。簡単に単純に言うと、理論にできるものは〈〉の様な気がします。私がウィルバーに感じる違和感は本当に情緒的なものです。〈情緒的〉なものですから的確な指摘ができません。でも、なぜか違和感があります。

万物の歴史インテグラル・スピリチュアリティ私はウィルバー製のスピリチュアリティの地図」(全象限アプローチ、等々)の、どこにも属さない世界観がある様な気がします。その様な世界観を情緒的と表現しています。どの様なものも理論に落とした段階で死物だと感じています。

ウィルバーも同様のことを語っているかもしれませんが、インテグラル理論自体が死物の様な気がします。「雨」をインテグラル理論(地図)にした段階で「死物」に還元されてしまう。そんなことを言ってはインテグラル理論を支持学究する共同体が死んでしまいます。それに属す方達は理解を示すことは出来ないと思います。しかし、インテグラル理論は読んでいて楽しいですけれど‥‥(笑)。

インテグラル理論入門I ウィルバーの意識論 ウィルバーは賢明な求道者であると私個人は感じているので、もしかしたら死期が迫った時、今まで構築してきたインテグラル理論全てを否定するのではないかとさえ思っています。地図として表現できるもの、構築できるものは生きていないと否定してくれるのではないかと感じています。今まで創造してきたスピリチュアリティの地図を自らの手で否定することでウィルバーが輝くような気がしてなりません。そんな賢者がいて欲しいという希望的な見方をしています。

今、この瞬間を理論にすることはできない気がします。「刹那、瞬間」、この今は理論にすると、どうなるのでしょう。鈴木さんに真面目にお尋ねしたいのは、この刹那に過ぎさる微細な世界を理論に落とせるのかなど、細かい違和感です。善いアドバイスあれば宜しくお願いします。インテグラル理論をマスターした鈴木さんからすれば全てがわかるのかもしれませんし、そのアドバイスを受けてとても安心できるのかもしれません。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.05.22 Saturday | Category[4]霊的偉人:ケン・ウィルバー | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX