プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
空海密教の心理学
空海の本空海(くうかい)のことを書き始めるとスピなのに仏教?と立ち去ってしまう人もいると思います。でも例えば、ダライラマ法王の話だとしたら立ち去らずに読んでくれる人が多いかもしれませんね。

でも「ちょっと待っておくんなさい!」ということで、空海とダライ・ラマ法王には共通点があることを知ってもらいたいと思います。

簡単に要約すると「密教同胞」、英語で言うと「Esoteric Buddhism Brotherhood(エソテリック・ブッディズム・ブラザーフッド)」略して「E.B.B.」。カッコイイでしょう。これだけで箔がついたみたいな印象を感じるから英語の魔術はスンバらしいです。

ダライ・ラマ実践の書まあ、そんな話は置いといて要は〈秘教的仏教の教えを伝える同胞〉という感じなんです。空海の真言密教ダライラマ法王のチベット密教は兄弟のような関係があるともいえます。

でも、世界的に空海はそれほど有名ではありません。スピリチュアルな話や思想が好きな海外の霊的著者たち、例えば『神との対話』ニール・ドナルド・ウォルシュ『ニュー・アース』エックハルト・トール『Happiness幸福の探求』チベット仏教僧マチウ・リカール『バシャール』のダリル・アンカなどにも名前を挙げられることがありません。

空海は世界に通用する人物なのになぜでしょう?

この理由は簡単です。

ただ単に彼らが日本の霊的巨人を知らないだけなのです。地球外知性バシャールすら知らない霊的巨人が“空海”なんですね。ではなぜ欧米人たちは空海のことを知らないのでしょう地球外から地球人を監視しているスピリット(宇宙人)のバシャールすらも知らないのは驚きですね(笑)。これには簡単な理由があります。

日本真言の哲学―空海『秘蔵宝鑰』と『弁顕密二教論』過去、日本の著名な学者たちが海外へ「空海密教」を広く伝える宣伝・広報不足がありました。日本の〈禅(ZEN)〉は世界的に有名です。これは著名な仏教学者・鈴木大拙(すずき・だいせつ)の働きがありました。大拙はスピリチュアルな世界でも有名なカール・ユングとの親交がある人でした。ですから、今でも世界では鈴木大拙=禅として「Daisetsu Teitaro Suzuki」は有名です。禅といえば大拙〉の図式ができています。

インドの覚者禅師といわれているOSHOも大拙についての講話を残したりもしています。ですから、そのOSHOの講話を読んでいるニール・ドナルド・ウォルシュ、エックハルト・トール、ダリル・アンカに至るまで「大拙をご存知ですか?」と聞けば「Zen Master !!」と言うと思います。しかし、空海をご存知ですか?と聞いたら、恐らく知らないでしょう

それでは地球外スピリットが知らないことに私がお答えしましょう。

Kukai of Esoteric Buddhism Master !!です。

空海の遺した「密教の教えも英語で書けばエソテリック・ティーチングと云うことになります。そして、ほとんどのみなさんは、とても重大なことを知らないと思います。

空海の『十住心論』を読む空海はトランスパーソナル心理学の先駆け的な存在だったのです。トランスパーソナル心理学は、言ってみれば人間の心(意識)の成長を分析的に段階で表示する学問です。空海がトラパ心理学の先駆けであったかも的な話は既に岡野氏が著書『空海の「十住心論」を読む』(絶版)にもしているような話なので知っている人もいると思います。ちなみにオカルト学者のシュタイナーグルジェフなども発達心理学やトラパ心理学の先駆け的な思想家だったとも言われています。
空海の心理学「意識の10段階」空海の十住心

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え空海の思想を心理学的に詰めてゆける著者が日本人に現れてくれたりすると面白いなと思ったりします。実際、空海が第十住心を感じていたかと聞かれれば、僕は恐らく空海はそのような意識状態を体現したのではないかと感じています。ラマナ・マハルシ鈴木大拙クリシュナムルティウィルバーダスカロス和尚(OSHO)ヨガナンダ、等々の瞑想の大家たちが口を揃えていう第四の意識状態:トゥリーヤ・ティータに空海は達していた筈です。

第四の意識状態とは‥‥
「知覚に気づいている状態」に気づいている状態:観察する意識
『彼岸の時間』p.112より

そんな広大な空海の世界をスピリチュアル思想と共に本にしたら面白いと思いますが、『空海密教の心理学』ってタイトルでもどうでしょう?(笑)。そんな冗談はさて置き、インドが源密教思想を8世紀の日本人・空海が纏めた事が何より物凄い価値があると思います。

余談ですが、金岡秀友先生の空海・密教もの「おすすめ」。
即身成仏義
般若心経秘鍵
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.03.30 Tuesday | Category[4]霊的偉人:空海 | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2018.06.03 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
お久しぶりです。最近また空海について改めて、本を読む機会があり、マルチ文化人である。ホントに素晴らしい人物だったことを知り、空海の魅力に惹かれています。毎回ブログ楽しみにしております。朝晩涼くなりました。どうか御身体御自愛くださいませ。
| チベットのお坊さんさん | 2010/10/04 9:28 PM |
チベットのお坊さんへ
 お久しぶりですと言われて記憶にない僕は…大変失礼な野郎ですが。マジで失念しています。もしかして、改名されたりしてますか?
 空海さん、天才的すぎて日本仏教界でもパイオニア的な存在ですよね。いろいろ調べると面白いと思うので、総合的につなげてゆくと楽しいです。空海さんとシャーンティデーヴァがほぼ同時代人で同じような見地に立っていたりするのも面白いなと個人的に思ったりしました。
 はい、身体には気をつけます。ありがとう。
| Teru Sunさん | 2010/10/05 7:40 PM |










AX