プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『スピリチュアリティ革命』【書評】
スピリチュアリティ革命とっても真面目なスピリチュアリティ=霊性文化に関しての本ですが万人向けではないので予備知識がある人だと興味深く読めるものだと思います。その予備知識を簡単に列挙すると鈴木大拙神智学マダム・ブラヴァツキー)、ケン・ウィルバー、トランスパーソナル心理学、唯識、ヴェーダンタ哲学、等々です。

ちょうど先日から、「霊的思想の精査分別=玉石混交を見分ける方法」として参考になる、セオドア・オーザク『意識の進化と神秘主義』を紹介しようと考えていた所、偶然にもこの本『スピリチュアリティ革命―現代霊性文化と開かれた宗教の可能性』を見つけました。カバーデザインとかも何気に訴えかけるものがあって帯とかもデザインがいいです。
著者・樫尾直樹氏(慶應義塾大学/人文社会学/准教授)の事は今回の著書で初めて知りました(スターピープル誌で見た事もある気がする…けど?)。僕は以前からスピ・ビギナー向きじゃない本“密かに”読んでいるのですが。その著者の一人が島薗進氏(東京大学/宗教学・宗教史/教授)で、樫尾氏の著作は島薗氏の著作と同じ様でいて新しい事を模索している点で期待感を込めてレビューを書いてみました。

著者と同じく僕もスピリチュアル」は「宗教文化=霊性文化だと以前から思って接していたので同感の部分が多かったです。「江原スピリチュアリズム」と題した部分もあるのですが、樫尾氏の場合は僕の江原啓之氏理解よりもやや厳しめかなと感じる部分もありフランス的です(フランスは新宗教=カルトとしている国なのでルネ・ゲノン『世界の王』とか有名ですよね)。

樫尾氏はスピリチュアリティを否定する為に本書を書いたわけではなく、霊性文化として広がりつつあるスピリチュアル思想・宗教(スピリチュアリティ)を今後どのように考えてゆけばいいのかを考察したものだと理解しました。

著者・樫尾先生のブログです
樫尾直樹(かしおなおき/KASHIO Naoki) Labo
5つ星現代霊性思想のガイド, 2010/3/17
By Teru Sun (神奈川県) - レビューをすべて見る

著者の樫尾氏は「スピリチュアリティ」という語彙に広範な意味を持たせ、現在日本に広く浸透している霊的大衆文化(スピリチュアルブーム、ニューエイジ、ヒーリング産業、江原啓之氏、宮崎駿氏のアニメ「もののけ姫」等、龍村仁氏の映像作品「ガイアシンフォニー」など)、宗教、新宗教、スピリチュアルケア、ホスピス等の医療活動を総称して「スピリチュアリティ」と大きく捉えた上で考察を行っています。

一般に宗教学分野でこうした霊的大衆文化について深く論及する研究者が少ないので、島薗進氏以外の研究家の視点で考察された本書は大変有意義な内容として纏まっていると感じ読後も満足していますし、また再度読み直したい位にとても満足しています。

本書で特徴的な点は「現代霊性文化 = スピリチュアリティ」についての考察にウィルバー『インテグラル・スピリチュアリティ』『万物の歴史』等々の理論を使っている部分です。著者は「批判は、ウィルバー思想の前提に関わっている」と断った上で霊性文化を理論的に分析、解説する方法として利用しているとしています。インテグラル理論を使用した事で現代霊性文化の「ポジティブ」「ネガティブ」現象を精査する事が出来「スピリチュアリティ」に個人がどの様に向き合い社会はどの様なアプローチを行ってゆけば良いか著者なりの展望が示されています。

ただ、インテグラル理論を援用した結果、著者が本来伝えたいと“恐らく”思っている真摯で情緒的な霊性思想や将来展望がインテグラル思想の特徴である冷徹な理論に「還元」されてしまった様に感じてしまう部分も見られインテグラル理論を構築したウィルバーの深層にある「詩情」的な面を置き去りにしてしまっている事が少し残念な気もしました。また本書では触れられていない、形骸化した「葬式宗教」として定着している仏教については、どの様な展望があるのか伺えたらと感じました。次著でそれらの事も考察して頂ければと思います。著者が“前向き”に〈現代霊性文化〉を改革して行きたいと思う心意気はヒシヒシと感じました。

個人的に著者の「霊性文化」に対する冷静なアプローチは非常に好感を持ちます。軽率なアプローチで霊性文化を理解するのではなく情緒と冷静さを理解しているからこそ可能な論及でした。永遠哲学(ペレニアリズム)、禅、唯識、ヴェーダンタ哲学、神智学、神秘哲学、ウィルバー思想、等々の諸思想にも造詣が深い研究者・著者としてこれからも参考になる霊性文化の研究活動を続けて貰いたいと一読者として感じます。また次の作品も期待します。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.03.17 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
はじめまして。樫尾さんの著書の書名でブログ検索して、こちらにたどりつきました

拙ブログでも本書を紹介させていただいたのですが、そこでこちらの記事にリンクを張らせていただきました。ご照覧いただければ、幸いです

ご連絡まで
コンドウ
| コンドウさん | 2010/03/31 10:28 PM |
コンドウさん、はじめまして。管理人のTeru Sunです。
ご連絡ありがとうございました。


| Teru Sunさん | 2010/04/01 6:38 PM |










AX