プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アメリカインディアンの言葉 序章
  アメリカインディアンの語る教えはスピリチュアルの原点だと思います。読めばすぐに分かるはずです。何も言う必要はありません。

Black Hills
神はすべてのものをシンプルに創った。

インディアンの人生はとてもシンプルだ。

わしらは自由に生きている。

従うべきただひとつの法は自然の法、神の法だ。

わしらはその法にしか従わない。

ブラック・ヒルズ(ラコタ族の聖地)の丘がわしらの教会だ。

あんたたちの聖書みたいなものなんかいらない。

風と雨と星がわしらの聖書なんだ。

わしらの聖書はこの世界であり、インディアンはそれを何百年もの間、学んできたんだ。

神が全世界の支配者であり、神が創られたものは、みんな生きているということをわしらは学んだ。

石だって生きているんだ。

スウェット・セレモニー(清めと祈りの儀式)で石を使うとき、わしらは石に語りかけ、石はわしらに語り返してくれるんだ。

『ネイティブ・アメリカン―叡智の守りびと』より
ネイティブ・アメリカン―叡智の守りびと
ネイティブ・アメリカン―叡智の守りびとSteve Wall Harvey Arden 船木アデルみさ

築地書館 1997-01
売り上げランキング : 237067

おすすめ平均 star
star叡智の結晶
star長老たちの叡智に学ぶ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカインディアンの教えを紹介しているオリジナルのサイトを下で紹介しておきます。
  • インディアンの神話・預言・叡智を集めた文献
  • 最新記事へ
    スピリチュアルな想いを形に
    2007.06.14 Thursday | Category[2]スピリチュアル:ネイティブアメリカン | comments(6)

    スポンサーサイト
    最新記事へ
    スピリチュアルな想いを形に
    2020.05.17 Sunday | Category- | -

       ※予め注意事項を確認ください
       ※タグは全て無効になります
       ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
       ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
       ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
       ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
    いいですね・・。本が早速読みたくなってきました。
    いらない贅肉をそぎ落としていったら、自分自身の目も、今よりもっと見えるようになるでしょうか。
    聞こえるようになるでしょうか。
    シンプルにシンプルに 生きたいな・・。

    以前教えていただいた「風の谷のあの人を結婚する方法」今読んでおります。一気に読んでもいいのですが、じわじわ読んでます(^_^.)

    輝々さん、いい本紹介してくださってありがとうございました。

    江原さんの本からシルバーバーチへ行った私。それから、あっという目覚めはなかったものの、胸の中から、熱いものがこみ上げてくるような気がしました。
    いまでもその衝動はあるんです。
    さあ、かすみ!どうしたらいいの?
    真実は明確に存在し、人間のなすべき事も記されていた。では、どうするの?   未熟者の私は、感動した反面、じつはまだ心の中の整理がついてなく、混沌としています。
    いろんなかたから、私への助言を頂戴します。特に最近多いのです。
    それらを頭の中の美人秘書(笑)に整理させなきゃ・・。
    | かすみさん | 2007/06/15 1:43 AM |
    『神はテーブルクロス』にもネイティブアメリカンの詩があります。
    「今日死ぬのにもってこいの日だ」という詩ですが、テルテルさんのリンク先のサイトにも見つけましたのでご存知でしょうね。
    死ぬのにもってこいの日は、生きるのにもってこいの日ですね。
    | zeroさん | 2007/06/16 11:51 PM |
    ● かすみさんへ

    この言葉を目にして霊的(スピリチュアル)なことは全てが一つなんだと感じた瞬間でした。僕もそうなのですが、物事を複雑に考えすぎることが良くあるので、このことを知ってからできるだけシンプルに考えるようになりました。

    須藤さんの本は一日で読めてしまいますから、のんびり読まれても全く構わないと思います。大事に読めば理解力を倍かもしれませんしね。

    どこかの本で「混乱しているときは知識を捨てなさい」と書かれているところがありました。なんだったか忘れてしまいましたけど。あ、美人秘書に整理してもらうもの良いかもしれませんね(笑)。

    ● zeroさんへ

    須藤さんの『神はテーブルクロス』に、その詩が載せられているんですか。須藤さん、やっぱりいろいろな本を読んでいるんですね。

    僕もリンク先で、その本を見たことがあるので知っていたのですが、実際の本は、まだ読んでいません。いろいろ読みたい本があって手が付けられない状態です(笑)。

    そういえば、須藤さんの背中に描かれているナスカ人の地上絵には、そんな南米インディアンの思想から受けた何かがあるのかもしれません。北米インディアンを知っている彼なら有りえるとピンと来ました。

    貴重な情報ありがとうございます! 死ぬのに持って来いの日と言えるくらいの人間になりたいものですね。
    | 管理人さん | 2007/06/17 12:57 AM |
    こうゆう事言う人好きですね
    聖書にこだわる人がいったい何万人いるやら・・・・・
    | さん | 2008/03/25 4:11 PM |
    はじめまして、杏と申します。

    とても素晴しい言葉ですね。心に響きました。

    生きている間に、この言葉と出会うことができ本当に嬉しいです。

    どうもありがとうございました。
    | 杏さん | 2010/01/31 5:40 PM |
    杏さまへ

    アメリカ先住民の精神的な教えは人類共通の言葉のような気がしますね。
    こちらこそ、どうもありがとうございます。
    | Teru Sunさん | 2010/02/02 5:46 PM |










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    AX