プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
素敵なスピリチュアルセックスがしたい

性とスピリチュアルを久しぶりにアップしますね。
成人女性向けです(未成年者は立ち入らないように)。
でも、そう言われると逆に見たくなるんだよねぇ、私はそうでした…


今まではネガティブな面を多めに記事にしてましたが
今回はポジティブな面を強調してメッセージにします。

真摯にセックスなどのことに向きあう
セクシャルとスピリチュアルのバランスを取った考え方です。
貴女の気質で選びやすい方を選んで下さい。

例えば
セックスのことを聞いたりします。

選択肢のうちどちらに幸せを感じます?
1:一人の男性と関係を持つことに喜びを感じる
2:複数の男性と関係を持つことに喜びを感じる
1の方が善いかなと思うでしょう?
でも、実はどちらでも“善いこと”です。

貴女が幸せを感じられる気質(心)で選べます。
ただ、国の民法(不貞行為)だけは忘れちゃいけません!
を選べるのはシングルだけです。

もっとも大切なことは
セックスしたい男性とだけする
セックスしたいときだけする
喜びを感じる方法でする(求められてもムリな行為はしない)
なぜ大切かというと心の奥深く
無意識に影響を及ぼしてしまうから!

*要注意点!
風俗依存症―私が本当の居場所を見つけるまで 例えばの話ですが…
もし心の耐性がない女性不潔で嫌な男性と複数回関係を持つ性職者として仕事をすれば遅かれ早かれ心が壊れる可能性が増します。

更に心の深層(無意識)にたまった嫌悪感罪悪感は時に性器や乳房などの病気、ガンなどとなって現われることもあるといわれています。

心の深層に蓄積されるので自覚症状はありません。医学的なエビデンス(証拠)はありませんが心理学的にミディアム(霊能者)やヒーラーがそういった事を話したりもします。

なので、自己責任とはいえ若い女性がお金のためとはいえ身体を売る行為には反対です。若い女性は心の発育が不十分なので、自分で売春を望んでいても知らず知らずのうちに〈心の性被害〉を受けているからです。

貴女はどちらの気質を心の深層に持っているんでしょ?
1:きむすめのように繊細な心の気質を持っている
2:すれっからしても丈夫な心の気質を持っている
でも、これは自分でも分からない深層の心です。

セクシャルなことは癒し(ヒーリング)にもなれば
逆に使い方を誤れば、猛毒の破壊にもなります。

セクシャルとスピリチュアルは関係が深いです。
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 セクシァルヒーリング―愛の行動療法
Alan P. Brauer

太陽出版 1996-04
売り上げランキング : 144324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
SPIRITUAL SEX(スヒ゜リチュアル セックス) CD付き SPIRITUAL SEX(スピリチュアル セックス) CD付き

ワニブックス 2007-06-16
売り上げランキング : 172197
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
愛のヨガ 愛のヨガ
ルドルフ V.アーバン 

新泉社 1982-04-30
売り上げランキング : 169980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
私もお世話になったことがあるスピリチュアルセッションリーダー荒川靜さんも若い頃(20代頃?)に読んで“目からウロコだった”とコメントして下さったことがあります本です。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.02.23 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(6)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.29 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
TeruSun こんばんは。

こちらのブログでも紹介されていた五木寛之さんの「サイレント・ラブ」を
読んで、その中に描かれている愛の営みってステキだな・・って思いました。
性とスピリチュアルが結びついた「聖なる性」って感じで・・。

今回のメッセージを読んでTeruSunに質問があります。(^^;)
もし、TeruSunのお付き合いしている方が、複数の男性と関係を持つことに
喜びを感じる女性だったとしても、TeruSunは、その彼女を
受け入れることができますか?
| きらりんさん | 2010/02/24 10:27 PM |
きらりんさん、こんばんは、さっそく質問に答えますね。

僕がその彼女をすきならば、その女性が複数の男性と関係を持つことに嫌悪感は抱きません。女性をモノ扱いすれば自分の所有物として自分だけのモノとして満足するでしょうけど。女性が複数の男性と関係を持っても何も問題はありません。結婚しているとしたら、病気とか妊娠だけは心配ですけどね。

どうでしょ?
| Teru Sunさん | 2010/02/25 9:50 PM |
TeruSun こんにちは。
真摯で丁寧な返信コメントありがとうございました。

魂同士の深い結びつきを感じる人に対して
束縛することなく愛情を抱くって素敵なことだな・・って思いました。

個人的に気になっていた事があり、唐突に質問してしまいましたが(^^;)
何だかスッキリしました。ありがとうございました。

あっ、応援ポチしていますよ〜。たまに忘れちゃいますが・・(汗;)
これからも、ブログ楽しみにしています。(^^)

| きらりんさん | 2010/02/26 11:51 AM |
TeruSun、お久しぶりです!

以前から不思議だったのが、何で性病があるのか?という疑問でした。

>更に心の深層(無意識)にたまった嫌悪感や罪悪感は時に性器や乳房などの病気、ガンなどとなって現われることもあるといわれています。

TeruSunのおっしゃる通り、それはその行為に愛が無くて一方的な快楽を押しつけている事によって、人間が自ら生み出したものなのかな?と考えました。

お互いに心が通ってない性行為なんて、全然楽しくないですよね。
やっぱり、セックスは魂同士の交流だという気がします。
| takaさん | 2010/02/26 8:17 PM |
takaさん、こんばんは。
性病は、やっぱりウィルス君たちのなせる技ですよね。ウィルス君たちも自分達が生きられる所を求めて、人から人へと移り住んでゆくのだと思います。ウィルス君たちも生きている。

記事で書いたことはウィルス君たちのことではなく、自己治癒力の反対の力を無意識に溜め込むことで破壊力(ガン腫瘍とか)になるのが心配って話しなので、takaさんの解釈を少しだけ緩めてもらえると嬉しいです。性行為は、お互いの気持ちが伴わなければ、やっても無意味ですよね。
| Teru Sunさん | 2010/02/26 10:55 PM |
そうですね(;^_^A
ちょっと拡大解釈しすぎました(笑)

前に葉室宮司の本に、よくある話で、風俗に行って性病に感染した旦那が、医者に奥さんを連れてくるように言われて検査してみたら感染していなかった例が多かったという話がありまして、
もしかしたら、ウィルスも神の意志を持っているんじゃないか?と思いました。
それにしても、自然界は不思議なことだらけですねー。
| takaさん | 2010/02/27 3:33 AM |










AX