プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【アジア平和のために】ダライ・ラマ法王アドバイス
ダライ・ラマ沖縄講演あけましておめでとうございます。
今年でこのブログも4年目を迎えました。皆さんの探求の為に尽くせる事を大変光栄に思っております。


年始の挨拶として元旦に驚いた私的ニュースをと思います。

先日、私が記事にしたばかりの“ヘヨカの翁(おきな)”からのメッセージが、沖縄でダライ・ラマ14世が講演をした内容とほとんど同じものだったことに今日私自身が気づいて驚いたことをお伝えしたいと思いました。“ヘヨカの翁”というのは私にアクセスしてくる“厳しい良心、意識の一人”です。

まずは世界平和を願う良心、意識のダライ・ラマ14世の言葉を掲載しようと思います。沖縄の基地問題について話しています。その言葉を聞いて皆さんが考えて下さい。



武力は撤廃されるべきだ。ただ、アジアの情勢など、世界的視野で考えたとき、一時的に受け入れる状況があることも理解する必要がある
(2009年11月6日 沖縄タイムス)

ヘヨカの翁が発したメッセージは、こちらです。
スピリチュアルな人たちは、今の日本政治の動きが、ダライ・ラマ14世の望むような方向に進んでいると考えているでしょうか? 私はそう感じません。おマヌケな方向に持っていかれている最中だと思います。『坂の上の雲』を遺した司馬遼太郎さんが心配している顔が浮かんだので、そういった記事も書きました。危ういなぁ〜と思いましたから。
〈未来の日本〉と〈クリスマス〉

私の実家の裏山には、米軍座間キャンプのヘリポートがあります(徒歩5分)。マイケル・ジャクソンも慰問のためにブラックホークで来たことがある場所です。昼夜関係なく、アメリカ軍の軍用ヘリが離発着をしています。ヘリが離発着する時には、そのプロペラ音でガラス戸が振動します。更に米軍厚木基地から離発着する戦闘機の練習飛行ルートにもなっています(最近は最新鋭スーパーホーネットが配備されて毎日の様に三機編隊で飛んだりしています)。戦闘機の騒音は子供の頃から聞いてきました。

平和活動家や日教組(先生がた)が座間キャンプのゲートで基地反対運動をしていると聞き、「俺たち全く構わないけど、あいつら馬鹿?」と思っていた中学時代でした。あの人たちは、全く座間キャンプの歴史を知らない人たちだと馬鹿にしていました。

私も日本にアメリカ軍の基地は必要だと思っています。
ダライ・ラマ14世と同じ見解です。

軍もなく平和が一番、戦争がないことが一番ですが!


日本の最南端に近い「与那国島」「石垣島」が、もし軍事的に〈実効支配〉されるようなことになれば、日本は何もできません(アメリカはそうなると何も干渉出来ません)。すでに韓国には竹島(アメリカと同盟国なので干渉しない)、中国には東シナ海ガス田海域で、日本という国は実効支配を経験しています。

すでに中国近隣の国では実行支配されている所がいくつか存在しています。インドとは国境付近でドンパチです。ダライ・ラマ14世の祖国チベットは、中国に実行支配され続け今では我が物顔です。チベット人に「自由」も「平和」も「平等」もありません。

今、日本が危ない政治の動き、思想に呑み込まれようとしていると思います。スピリチュアルな人たちは良識あるダライ・ラマ14世の言葉に耳を傾けて志を変えて欲しいと切に願います。民主的なアジア平和のために、将来の子どもたちのためにも。

緑の地球ネットワーク
地球緑化センター
これらの団体の活動も応援しています!
【関連記事】
〈未来の日本〉と〈クリスマス〉
日本の将来のお告げが下りました
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.01.01 Friday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(7)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
TeruSun 新年ですね。             私は戦闘機の爆音が大好きだった高校生の頃、米軍基地に興味を持ち過ぎて、Military Policeにスパイの容疑をかけられてしまいました(笑)        その当時に比べ、ずいぶん変わってきたように感じます。                      時は絶えず流れ行きますね。           今年もヘヨカのTeruSunを楽しみにしています。
| てふてふさん | 2010/01/01 10:25 PM |
てふてふさん、こんばんは。
ん? てふてふさんのコメントの空白がおかしな所になってませんか?
まあ、読めるからいいですね。

なるほど、MP(エンピー)にですか、なるほど分かります。
米軍基地の開放デーとかこちらの基地にはあるので子供の頃は毎年行きました。
はい、ヘヨカの翁も喜んでいるかもしれません。

ありがとうございます。
| Teru Sunさん | 2010/01/01 10:30 PM |
私は今だに年1回のフレンドシップデーに行っております。あ、やはり空白が変ですか!パソコンの調子が悪いので携帯から打って送ったせいですかね?(;^_^A失礼しました。今度は空白ナシにしてみました〜
| てふてふさん | 2010/01/02 12:27 AM |
Teru Sun
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年末日本から、与党の幹事長と百数十人の議員が大勢で中国を訪問しましたが・・・
中国の国家主席と記念写真を撮影して喜んでいる与党の議員たちを見ると、
唐の皇帝への朝貢の儀の席順が、東の一番になったとで喜んでいた、奈良時代の遣唐使の話を思い起こしました。
その後、冊封使?のつもりなのか、中国の副主席とやらが日本へやって来て天皇との無理やりの会見を果たしたようですが。

私は中国という国は長い歴史の中で、他国と対等な関係など築いた事が無い事を、常に心の隅に留めておいたほうが良いように感じますが。

ダライラマが訪問していた沖縄も、琉球王国の時代に明の皇帝の冊封を受け、臣下となった歴史があります。
彼らの事ですから中世の歴史話を持ち出して、沖縄は中国領であると言い出しても不思議ではありません。

日本と台湾、そしてチベットのシンボルは日、太陽ですね。

少し長くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
善い正月をお過ごしくださいませ。

(Γ)
| Γ (Ganma)さん | 2010/01/02 3:58 PM |
ガンマさん、あけましておめでとうございます。

そうですね、私は個人的には中国の歴史や思想には大変興味もあり学ぶことも沢山あると思いますし中国出身の日本国籍を持った友人もいますから、中国には親近感を持っています。

ですが、ガンマさんの仰るように中国大陸に根付く「国家」は昔から領土拡大を常に考えていて、沖縄を開放するために領土主張してもおかなしくない話を作ったりすることもあるかもしれませんね。

日本の多くの人たちが目先の欲に囚われずに我慢をして国の反映、その先にあるアジア圏の平和のために政治を考えてくれればと思っています。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
| Teru Sunさん | 2010/01/02 5:13 PM |
Teru Sun
はじめまして、あけましておめでとうございます。
シルバーバーチ、神との対話を調べていた時に、このホームページを知りました。
それ以来、いろいろな記事を読ませていただきました。ありがとうございます。
最近は、やっとダスカロスにたどりついたという感じです。

以前、沖縄に行ったことがあります。
米軍基地があんなに大きいとは知りませんでした。
これは、沖縄の人にかなりの負担をかけていると思いましたが、Teru Sunの考えを読んで、たしかに現状を冷静に考えれば、安易に移転などできないことだと思いました。
住民の中には、Teru Sunのような考え方の人がいるんですね。
住民運動のほうについつい目がいってしまいます。
今年もまたいろいろな記事を楽しみにしています。

*ダスカロスについては、このサイトにきて知ることができ、本当に感謝しています。

| ふくろうさん | 2010/01/11 3:59 AM |
ふくろうさん、はじめまして。

米軍基地の問題は米国ばかりが焦点にされていますが、実はその裏には基地反対、軍備力反対のような考えがあります。私が住んでいる神奈川には厚木飛行場、米軍座間キャンプ、横須賀基地など米軍基地(自衛隊も部分利用)が様々なところにあります。

どこにでも住民の中にも反対派の人はいます。静かなことにこしたことはないけれど、米軍が去っても自衛隊の飛行場は必要ですしアジア全域を考えると無軍備は考えられませんね。チベットも5000人の兵士はいましたが中国には軍事力の差で圧倒されて実効支配されていますから。もちろんほとんどの兵士は殺され僧院でも虐殺が起きていましたからね。

広い視点で何でも見ていきたいですね。こちらこそありがとうございます。
| Teru Sunさん | 2010/01/11 8:35 PM |










AX