プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈闇祓い〉騎士団員 志願者募集
不死鳥の騎士団
2009年の大晦日にチャネラーの種明かしを教えるとするから、よく聞いておいてね。「闇のスピに対する防衛術」の授業みたいなものです。

みなさんを「騎士団員」にしたいと思っています。

このことを言い続けて約2年。チャネラーの本を読むのが本当に時間の無駄だということも憶えておいて下さいね。チャネリング本より、私は『ハリー・ポッター』を読む方が数十倍ためになると思っています。さまざまな霊的な教えが散りばめられています!

解りやすさ重視で書くことも大切だと思うので、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を読みなおしている最中に見つけた、示唆に富んだ霊的理論、スネイプ先生がハリーに「閉心術」の講義をしているセリフを抜粋してみましょう(一部子供向けルビは省略)。もし読んで「なるほど」と思えば〈察しの良い人〉、何も感じなければ〈察しの悪い人〉、作中での用語で言えば〈マグル〉並だと思って下さい。
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)「『読心術』はマグルの言い種(ぐさ)だ。心は書物ではない。好きなときに開いたり、暇なときに調べたりするものではない。思考とは、侵入者が誰彼なく一読(いちどく)できるように、頭蓋骨の内側に刻み込まれているようなものではない。心とは、ポッター、複雑で、重層的なものだ――少なくとも、大多数の心とはそういうものだ」

「しかしながら、『開心術』を会得した者は、一定の条件の下で、獲物の心を穿(うが)ち、そこに見つけたものを解釈できるというのは本当だ。たとえば闇の帝王は、誰かが嘘をつくと、ほとんど必ず見破る。『閉心術』に長けた者だけが、嘘とは裏腹な感情も記憶も閉じ込めることができ、帝王の前で虚偽を口にしても見破られることがない」

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団〈下〉』p.177~178
投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待ハリポにはこういった話がたくさん載せられています。「脳のなかに心は存在しない」ということは、よく昔から言われてきたことですが、そういった科学では知ることができない疑問を子どもたちに悟らせる試みをローリングさんはしています。これで十分なんです。もっと大人向けな話で、これを語れば『投影された宇宙』みたいになると思いますがね。

さて、チャネラーは地球外知性からメッセージを受け取ってるというのが商売のネタなんだけど、地球外知性が知らないことを誰も質問したことがないのは何故なのか? まずこれがポイント。チャネラーに有利な条件でチャネリング本が作られる。

このブログは、熱狂的スピリチュアル信奉者狂信的オカルト信奉者からは嫌われる傾向があるブログだと感じています(なぜなら、かなりの数の誹謗中傷、クレームのコメントがあるから)

私の態度がどうも世間の「懐疑論者」を名乗っている人たちより“厳しいジャッジ”をしていることがあるようなのです。簡単に言えば空飛ぶ銀色の円盤:UFO」「チャネラーなどに関して、懐疑論者よりも厳しい見解を持っているようです。

勝海舟の人生訓 新装版熱狂的、狂信的スピ・オカ信奉者の言い分は、いつも同じです。「チャネラーの言っていることが重要でチャネラーの存在はどうでもいい」、と“◯◯の一つ覚え”の一点張りです。ハッキリ言うと、そんなものは世迷言です。誰が語っているかが重要だからです。

他人の意見は選んで聞けという格言もありますが、その言葉を誰が語るかも重要なのです。まず、そいつがどんなやつなのかを見極める必要があるのです。それを怠ると、カルト化して狂信的チャネラー信者に陥ってしまうのです。


幽霊を捕まえようとした科学者たちさて、地球外知性というのは、地球外から惑星を監視しているらしいので、それも宇宙記憶(アカシックレコード)から何でも情報が引き出せるというのが触れ込み、謳い文句であるのだけどね。絶対に知らないことを質問してみることが必要なのです。あと、脳波測定ね(一切やらせてもらえないと思いますが…)。昔はSPRがそういったことを研究していましたが、そのことは『幽霊を捕まえようとした科学者たち』に詳しく書かれています(ブログ開設当時、2007年くらいから紹介していますが、読み応えがあり面白いです)。最近は研究者が少ないのか、そういう分野での活動がとんとありませんね。

例えば、モンキービジネスのチャネラーの一人、バシャールを話の主体にしてみましょう。彼は長く商売を続けて来ている息の長いチャネラーの一人だといえます。特に日本の大勢いるファンが彼を支えているようです。アメリカでは賞味期限切れで、商売上がったりみたいです。まあ普通は飽きますわね。最近ではヘミシンクの坂本政道さんや須藤元気さんも広告塔として活躍しています。日本人相手だとチャネリング・モンキービジネスは儲かるのよ。

ダリル・アンカさん
「モンキービジネス」の首謀者です。
99.9999%、確実です。


日本的霊性 (岩波文庫)ダリル・アンカさんてオカルト本ニューサイエンス本ブッダ本が好みなんだと思います。ほとんどそれしか語らんからね。当時のニューエイジ系にハマった世代のアメリカ人らしいっちゃあらしいけど(笑)。それが今の日本で一部で流行っているてんだから、これはアカン。

アンカのおっさんの知らないことを聞いてみればいいわけよ。例えば、「禅」のことはカール・ユングも知ってる鈴木大拙っていう世界的な学者が全世界に「禅」のことを広めたから、アンカのおっさんも知っていると思う。しかし、大拙が世界に広めなかった日本の偉大なスピリチュアルマスター、エソテリック・ブッディストがいるでしょう。ダライ・ラマ法王も知らないんだよ。それは!?

空海

空海チャネリング本を読んで、「おっかしいなぁ〜」と思ったことがあるんです。なんで「禅」と「チベット密教」のことは話に上がるのに、「空海密教」のことは、ほとんど一度も話に上がったためしがないのだろ? チャネラーから、その名前が出たことは無い! これおかしいやろ!! インチキチャウチャウん??

そう、インチキなんや。アンカのおっさんは、アメリカに流通する本が知識の源(みなもと)で、大拙が書かなかった空海伝のことは全く知らんのだ。バシャールのおっさんの言うことは、あのおっさんがシコタマ読んで読んで読みまくったオカルト知識とブッダの教えだけで、退行催眠や催眠の時になる「個人的無意識ってやつなのだ。

バッチリハマるんだ、これが。

どうだ、お前も日本の「騎士団員」にならねぇか?
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.12.30 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:闇のスピに対する防衛術 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2018.11.16 Friday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX