プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
霊的世界からの癒し【英国スピリチュアリズム】
霊的世界からの癒し英国で人気、実力を兼備えたミディアムの一人として著名ゴードン・スミスGordon Smith『霊的世界からの癒し』(2009年10月発刊)を紹介します。

スミス氏は、英国で1990年代後半からスピリチュアリズムのミディアムの一人としてスピリチュアリスト・チャーチなどで公開デモンストレーション(公開霊視)などの講演や活動を行って来ています。

欧州の王室や皇室などに関係する人の相談などにものり信頼され、チャリティー(慈愛・博愛・同胞愛精神に基づいた公益的な活動)の為ならば率先して活動している、そんなミディアムです。元は美容師をしていた異色のミディアムで英国版のダスカロスのような感じかもしれません(ダスカロスは公務員が本職でしたね)。今では相談者が余りにも多く美容室を訪れることから美容師をやめているそうです。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)英国ではスピリチュアリスト・チャーチでの公開霊視が普通に行われているようなので、正に〈ハリー・ポッターを生んだ国〉ですね。私は〈ハリポ〉は大好きで読むのですが著者のローリングさんもスピリチュアリズムを知っている人なのかもしれません。スミス氏の公開霊視の様子はYouTubeに豊富にアップされているので、その一つをリンクしておきます。

スミス氏を紹介した動画

スピリチュアルアウェアネス―霊性開花のテキストスピリチュアリズムを語る彼はSAGBSpiritualist Association of Great Britain)に在籍されていた日本人ヒーラーのK氏(江原さんのご友人、金城寛さん)との繋がりで1999年に来日されたことがあるようです。

この本には、スミス氏の生い立ちや失敗談などが軽快な口調で述べられていますが、時折挟むスピリチュアルな人達に良くありがちなおかしな点(オカルトな点)を笑い話として提供してくれる所が面白く少し紹介したくなりましたし、英国スピリチュアリズムを地でゆく人だなという印象も持ちました。地に足がついた本場のスピリチュアリズムですね。江原さんが批判する「エンジェル・コーリング」ではない英国スピリチュアリズムの人ですね。

彼が特に珍しい点は科学的な検証に協力しているミディアムの一人だということです。懐疑論者が良く挙げたがる「コールドリーディング」「ホットリーディング」などのテクニックを検証してミディアムを研究している機関SSPRScottish Society for Psychical Research)のアーチ・ロイ(Archie Roy)教授(2004年SPRからマイヤーズ記念勲章を授与)と同僚トリシア・ロバートソンは、霊界からのメッセージの内容を科学的に研究分析している。トリシアの著書からの抜粋。
 PRISM(Psychical Research Involving Selected Mediums)というのは選抜されたミディアムの協力のもと超自然現象を科学的な手法で研究するサイキック・リサーチの頭文字である。懐疑主義者の非難のひとつとしてメッセージがだれにでも当てはまる一般的なものであるという説があげられる。これに対しPRISMは統計数学術を使用してこの反論を検証してみた。
 
 2、3年にわたる大量の統計を使って分析実験が行われた結果、ミディアムから受け手へのメッセージはやはり特定性があるということ。例外は1万分の1にすぎないということが結論の議定書として提出された。

 ゴードン・スミスは最初の段階に快く協力してくれた。彼の伝えるメッセージの正確さは群を抜いて高い数値を示し、サイキック・リサーチ・スコティッシュ・ソサエティの要請でグラスゴー大学に招かれ、デモンストレーションを行い、感嘆の声で迎えられた。

「第10章 証明せよ! 科学とスピリチュアリズム」p.152~153
幽霊を捕まえようとした科学者たちスミス氏の伝えるメッセージが個人を特定したものであることを検証したということですね。今の日本にも英国SPRのようなミディアムや超常現象を研究する機関のようなものが必要だと思いました(右のはSPRが前世紀に研究した一端を紹介した本)

大槻教授のような否定一辺倒では話にならないし、懐疑主義者が好きな「◯◯の一つ覚え」ジェイムズ・ランディもミディアム潰しで金稼ぎをしているヤラセ懐疑主義者で話にならないからね。懐疑主義はオーラが偏るから身体に腫瘍とか出来やすくなるし危ないから疑っても「オープンマインド」でいて欲しいですね。ただ、スミス氏も100%みんなに満足される霊視が出来るとはいえないし人間だから失敗や不調の時もあるだろうから懐疑主義の人達がツブそうと思えばネットを使って粗探しできると思いますが、週刊誌レベルの話です。

英国スピリチュアリズムとゴードン・スミスに関連する団体
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.12.26 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.04.22 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX