プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
キリスト・イデア【キリスト叡智光】1
パッションのキリスト先日の記事で大切なことを書き忘れていました。なので、補足の意味もこめて。キリスト教文化圏で育ったかたやクリスチャン(カトリック,プロテスタント,正教会など)として育った人たちも霊的なもの、スピリチュアルなものに触れていると思うので、そういった人たちの参考になればとキリスト教的霊性雑学をお伝えしておこうと思いました。

それとキリスト教的霊性(Christian Spirituality)に興味を持たれている人にも参考になるであろう基本的なキリスト教的スピリチュアル雑学も書く予定なので長くなると思います。欧米のスピリチュアルな教えは、ほぼキリスト教が前提になっています。これから外れるものはほとんどありません。そういう意味でキリスト教的霊性を知る必要がありますから、どうぞのんびりお付合いください。

デチャニ修道院 ミサの様子キリスト教的霊性に生きるかたたちの信仰は素晴らしいものです。NHK「世界遺産への招待状」という番組で、たまたまセルビア正教デチャニ修道院で行なわれた公祈祷(こうきとう)の様子を観ました(右画)。幼い子、男性、女性(幼女、中年女性、モデルにでも成れそうな女性、老婆など)が真剣な面持ちでキレイな十字を切ってイコン(聖画)にキスしていました。その中でも或る女性の滑らかな十字の切り方が印象的でした。まるでバレエの演技で指先まで意識を向けている様な動き、額から胸へ、右肩から左肩へ(カトリックは左肩から右肩へ)。そのように魂のこもったものでした。根づいた信心で素晴らしいです。

ここでは先日の記事の内容と同様にジーザス・キリストは人間としては存在しないとして話をしてゆきますので様々な哲学的神学、神秘学、霊学説などとは一線を画す内容にするつもりです。信心を揺るがすために書いているわけではありませんので、もし気分を害する心配があるキリスト者のかたは絶対に読まないようお願いします。


さて、世の中の学者(神学者,哲学者,宗教家など)や作家はジーザスが存在したと〈仮定〉した所から作家活動をしなければいけない“足かせ”があります。ジーザスは存在しないと確信していながら、公の場では書けないという事情があるので仕方ないことです。私の場合はそういった“足かせ”が全くありません。なので、存在しないと〈仮定〉した所から話をすることができます。

Bart D. Ehrmanこれは余談ですが、聖書学者では一流まで達した人は「無ジーザス論者に近い考え方になる人もいるようです。「無神論者」になるわけではなく「ジーザスという実在人物は存在しない」となる感じです。『破綻した神キリスト』『捏造された聖書』『原典 ユダの福音書』などで著名なバート・D・アーマン教授「ジーザスは存在しない」と思っている学者だと個人的には思います。

ジーザスは存在しないという話を知りたいかたには映画『GHOST IN THE SHELL』の「人形使い」と「ジーザス」の共通点をコミカルに考察した記事〈イエス・キリスト〉の〈イデア〉」がありますから、そちらを読んでみて下さい。

余談中の余談ですが上記の映画の中でイデアのささやきに振り向く草薙素子(クサナギ モトコ)の演出に「押井監督さすが!」と私は唸りました。YouTubeに主題歌の映像があったので表示させておきます。ちょうどYouTubeの画像で表示されている素子の画像が振り向いた時の演出です。まさか、素子がユングの目指していた自己実現をしようとしている人物として描かれているとはね。心理学者ユング『ユング自伝(1)』『ユング自伝(2)』を読むこともおすすめします。
ユング自伝―思い出・夢・思想 (1)
ユング自伝―思い出・夢・思想 (1)河合 隼雄

おすすめ平均
starsユングの心がダイレクトに伝わってくる
stars久しぶりに出会えた良書
stars値打のある本
starsユングの視点で見た世界
stars「体験者」としてのユング

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※HD再生が重い環境の人は右下「HD」を押して軽量版で。

EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [DVD]
EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [DVD]
おすすめ平均
stars「イノセンス」とペアで観てください

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エセンシャル・ユング―ユングが語るユング心理学個人的に感じるのですが、“ジーザスは存在しない”という立場のようなカール・ユングと宮崎駿の世界観は似ています。ユングの思想に触れようと思うかたは、まず「自伝」二冊から入ってみるといいと思います。ユングを全体的に知るための本としては『エセンシャル・ユング』がお薦めです。前置きが長くなってしまいましたので、そろそろ本題に入ります。何だか悪い癖で前置きだけで記事レベルのボリュームを稼いでしまう私って…(笑)。


それでは本題に入りますね。“ジーザスは存在しない”と言っておきながら… もしクリスチャンがキリスト・イデア(Christ-IDEA)〉ヴィジョンを視たとしたら、それは素晴らしい事です。クリスチャンにとっての究極の出会いは〈キリスト・イデア〉との出会いだからです。ジーザスが存在しない人物でも賛美される出来事なのです。それはジーザスを体現するキッカケとなる場合もあるからです。
イデア(IDEA)〉について説明しておきたいと思います。

突然〈キリスト・イデア〉と書いたのでキリスト・イデア?と思ってしまったことでしょう。ブログオナニスト(記事をわかりやすく書かない人)にならないように説明しておきます。

私はこの記事ではイデア存在の根源からの光という意味で使っています。とても長ったらしい言葉なので何かカッコイイ名詞ってないかな?」と思って〈イデア〉としました。チベット語では「存在の根源からの光」のことをオプセルと呼ぶようです。臨死体験者や少数の健常者たちが〈オプセル〉と出会うともいわれています。なのでイデア〉と〈オプセル〉は同じ意味として存在の根源からの光」を〈イデア〉としてるって事でお願いします。
NHKスペシャル チベット死者の書 [DVD]
NHKスペシャル チベット死者の書 [DVD] パドマ・チョルダン,ダライ・ラマ14世[映像特典]

おすすめ平均
stars一見の価値あり
starsチベット「死者の書」のドキュメンタリー
stars誰でもわかりやすい「チベット死者の書」
starsチベットの死者の書
starsチベット死者の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話を戻しますね。スピリチュアルなものに触れ始めたかたの中には“キリスト教的霊性に生きた人物たち”のことをご存知ない人が多くいると思います。なので、これを知ることが大切だと思いますから、かなり端折りながら紹介してゆきます。重要な話だからです。これから紹介する人たちはキリスト教的霊性の下でキリスト・イデアと出会い、キリスト教世界に影響を与えて来ています。

St.Francis of Assisi最初に紹介するのは、有名な聖フランチェスコFrancis of Assisi)。タレント霊能者の江原啓之さんも彼のことをたびたびテレビなどの話の中で挙げたりもしますね。彼、フランチェスコはキリスト・イデアとの出会いで人生観がガラッと変った人で有名です。それからの人生を全地球的な信仰心、ネイティブ・アメリカンのような自然・動物たちへの信心に生きました。

キリスト教的な見方では〈キリスト・イデア〉を天からの光とも言い表します。その例として使徒パウロがその光と出会った部分を抜粋しましょう。

新共同訳ではなく私が持っている聖書、カトリックで名訳と名高いフェデリコ・バルバロからです。黒澤明監督も絶賛した訳だとか、これを私に推薦してくれたのはダスカロスの霊性をカトリックの目線から研究していた年老いた先輩でした(アチラからご覧になっているかなぁ…)。読む気がある人は新共同訳などで良いと思います。もし将来キリスト教国で仕事をしようと考えている若いかたが読んでいましたら、仕事先・留学先の言語の聖書を読むことをお薦めします。
ダマスコの旅の終わりに近く、突然、天からの光が輝きだして彼(聖パウロ)を包んだ。地上に倒れた彼は、「サウロ、サウロ、なぜ私を迫害するのか」と言う声を聞いた。

使徒言行録‐第9章3〜4節より
聖書―旧約・新約
聖書―旧約・新約 フェデリコ・バルバロ

おすすめ平均
stars心のこもった日本語
stars私の一番の聖書。
stars究極の自己啓発書
stars本当に
stars心の傷をふさぐもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これは新約聖書のサウロの回心の話として有名です。サウロがジーザスへの回心と布教するキッカケともなった話として書かれています。キリスト・イデアとの出会いは、それだけ衝撃的なものだったのでしょう。

余談で話したGHOST IN THE SHELLの劇中で「イデアのささやき」があると言いました。それは以下です。これは監督・押井守の意図ですが、イデアのセリフは新約聖書・聖パウロからの手紙から取られています。押井監督はこの作品にイデアとの出会いを模索する人間を表現しようとしていると思います。次作「イノセンス」で禅語録ブッダの言葉旧約聖書・詩篇からの引用をセリフとして使っているのもユング的と感じます。宮崎駿はイデア神話を表現しようと「崖の上のポニョ」をつくったようだし、押井守はユングの目指した自己実現を映像化しようとした。
  愛は長久(いつ)までも絶ゆることなし。されど預言は廃(すた)れ、異言は止(や)み、知識もまた廃らん。それ我らの知るところ全たからず、我らの預言も全からず、全き者の来たらんときは全からぬ者廃らん。我童子のときは語ることも童子のごとく、思うことも童子のごとく、論ずることも童子のごとくなりしが、人と成りては童子のことを棄てたり。今我らは鏡をもて見るごとく見るところ朧(おぼろ)なり。されど、かのときには顔を対(あわ)せて相見えん。今わが知るところ全からず、されど、かのときには我らが知られたるごとく全く知るべし。げに信仰と希望(のぞみ)と愛とこの三つの者は限りなく存(のこ)らん。しかしてそのうちもっとも大いなるは愛なり

『世界古典文学全集5・聖書』新約聖書
4 コリント人への手紙(1) p.454
イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
おすすめ平均
stars話は好きなんですが
starsBDP-LX71&KDL40-F1購入記念
stars異色の攻殻作品
starsサウンドの迫力がすばらしすぎる!
starsGhost in the Shell 2: Innocence (Absolute Edition) - Blu-ray Info

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少しだけ話を脱線させて下さいね。ネイティブ・アメリカン(ラコタ[スー]族)たちは、この〈イデア〉を何と呼んでいるのか考えてみましょう。ラコタ族では、それをワカンタンカと呼んでいます。すべての精霊の根源、偉大なる精霊というような意味があるそうです。彼らの言葉を紹介しましょう。
わしらはワカンタンカに話しかける。すると確かに、ワカンタンカがわしらの言うことに耳を傾けているのがわかるのじゃ。でも、わしらが信じているワカンタンカのことを、口で説明するのはとても難しい。
チェイスト・バイ・ベアーズ(サナティー ヤンクトナイ・スー族)

宇宙の中心にはワカンタンカが住まい、しかもこの中心はいたるところにあって、それはわしらひとりひとりの内部にもある。
ブラック・エルク(オガララ・スー族)
それでもあなたの道を行け―インディアンが語るナチュラル・ウィズダム
それでもあなたの道を行け―インディアンが語るナチュラル・ウィズダム ジョセフ ブルチャック

おすすめ平均
stars現代に失われた叡智
stars「ナチュラル・ウィズダム」という名前の無の烈風とは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「ネイティブ・アメリカンたちは天に輝く太陽をワカンタンカと呼んでいる」と思っている学者もいますが、彼らの言葉をジックリ読めば分かるように彼らは単に太陽のことをワカンタンカと呼んでいるわけではありません。口で説明するのはとても難しいと言いますから太陽ではありません。

ドリームキーパー [DVD]彼らはイデアに話しかけます。話しかけると言っていますが、口で発した言葉で話しかけるとは限りません。イデアを感じ話しかける霊性を持っているんですね。先住民の文化では当たり前の事ですが、そこには三位一体も教義も神学さえもありませんワカンタンカだけで十分、ミタクエオヤシン(ラコタ語ですべては私のつながり、親戚:ラコタ族のセレモニー・リーダーと結婚された荒川靜さんのブログから意味拝借。レイム・ディアーとは親戚?)。
インディアン魂―レイム・ディアー〈上〉 (河出文庫)
インディアン魂―レイム・ディアー〈上〉 (河出文庫)リチャード アードス

おすすめ平均
stars青春
stars・・
stars一緒にさまよって辿る道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ネイティブ・アメリカンの子育ては、まず自然の精霊、キリスト教風に言えば大天使〉や〈天使を感じることから始まるそうです。真言宗の空海さん風に言えば六大を感じる修行かな。ごらん坊や、あの木に何がいるのか見ていなさい。何か見えるまで見ていなさい、大人たちは幼い子どもに木を感じさせることから始めます。聖フランチェスコが草花に話しかけていた事と似ています。
↓↓↓つづき
キリスト・イデア【キリスト叡智光】2>>

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.11.15 Sunday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX