プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ホワイトイーグルが語る“故里”
 シルバーバーチと並びイギリスで世界の人々に語り続けた気高きスピリチュアルメッセンジャー ホワイトイーグルからのメッセージです。

 シルバーバーチとほぼ同時代 にイギリスでメッセージを送っていたホワイトイーグル。翻訳者の桑原氏が詩人とプロフィールに書いてある通り、どちらかと言えば女性に受け入れられやすい 形、優しいメッセージに感じます。シルバーバーチを読む前、はじめてのスピリチュアル本としても十分だと思います。

 人は男も女もその内部に、目に見えず手に触れられない世界を知る能力が備わっています。これが人間の真実だからです。どんな人も男も女も、その高位の世界に触れ、その存在に気付きます。ある人は少し、ある人はもっと大きく深く。でも、そのすべての人がその成長の過程で、肉体の家の窓を開き、壮麗なパノラマを見ることになります。人は地上生活中でも、自分の本当の帰る故里(ふるさと)である天の世界に気付くようになるのです。

ホワイト・イーグル ― 神への帰還

 とても詩的な文面なので読んでいて明確なビジュアルを想像しながら読むと内容が見えてくるように思います。とてもいい本です。翻訳者の違いでメッセージも、こんなにも違うのです。近藤氏とは違って、こちらも味があります。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.06.09 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ホワイトイーグル | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
>翻訳者の違いでメッセージも、こんなにも違うのです。近藤氏とは違って、こちらも味があります。

本当に翻訳者の違いでメッセージも異なって感じますね。

同じ本の翻訳です。

『ホワイト・イーグル 故郷に帰る道』
大内 博 訳 ナチュラルスピリット


翻訳者が異なるとどのようにメッセージが異なるかに関心がありましたらご覧ください。


>どちらかと言えば女性に受け入れられやすい形、優しいメッセージに感じます。

その感じは翻訳者の違いでしょうか。
それとも「霊媒」の違いでしょうか。

女性霊媒を通じて語られたのがホワイト・イーグルの講話ですから。


| アラムさん | 2007/06/30 7:19 AM |
アラムさんコメントありがとうございます。

僕の感じた部分では、この本に関しては桑原氏が口語のような翻訳を心がけているようなので、優しい感じを受けたのかもしれません。

もしくは、温和な言葉を選んで翻訳されたのかな、と思うところですよ。
| 管理人さん | 2007/06/30 8:31 PM |
 こんばんは、先日は拙ブログへコメント下さり、ありがとうございました。
 私もホワイトイーグルさんは、シルバーバーチさんの前に読ませて戴き、とてもわかりやすかったです。
 優しい語り口調大好きでしたが、今はすっかりシルバーバーチさんの辛口の文章になれてしまっています(笑)
| かおりさん | 2007/07/03 9:46 PM |
かおりさん、コメントありがとうございます。

ホワイトイーグルからのメッセージからスピリチュアルに入った方なんですね。やはり僕の感じた、あの穏やかな口調は、どちらかといえば女性向きかな?と感じたのは勘違いではないのかもしれませんね。

僕は初っ端からシルバーバーチだったので、あの位が丁度いいかなと感じています(笑)。
| 管理人さん | 2007/07/04 12:42 AM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/66
トラックバック
AX