プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈インテグラル思想〉に欠けるもの
万物の歴史霊的なことを受容し始めた人(ビギナー)たちでケン・ウィルバーという名前を聞いたことがある人がいるかわかりませんが。彼はアメリカの思想家(霊的なことも含めた)で著名な人です。ディーパック・チョプラアル・ゴア元副大統領なども彼の著書の愛読者だそうです。

と、こう紹介するとそれはすごい! 読んでみようかなと思うかもしれません。私も幅広く読書しているので、もちろんウィルバーの著作を読んでみても良いと思います。彼の思想は、良く言えば「ニューエイジ・カルト」「唯物カルト(現代人のほとんど)」の処方薬として使えると思います。

瞑想とユング心理学 けれど、彼の思想の欠点も指摘しなくてはならないと思います。ウィルバーの“インテグラル思想”に軽んじられている世界観があるからです。しかし、ゴッソリと欠けているからこそアカデミックな人間が彼に理解を示すのです。例えば、心理学者カール・ユングは、アカデミックな世界ではオカルト心理学というように批判的に見られる傾向があります。ユング派心理学の著者『瞑想とユング心理学』に触れて私もウィルバーと同じようにユングの世界観を誤解していた事に気づかされました。

私はウィルバリアン(ウィルバーファン)ではないので彼の全思想を説明できるだけの知識がありませんが欠点には気づきました。それはどんなものか。ウィルバーのインテグラル理論での霊的世界の理解の仕方には還元主義」的なものがあります。世界の全ての事象を「還元」して「階層分け」してしまうわけです。心理学社会学の分析方法としては良いのですが、霊的領域・世界にまでそれが適用できるとは感じません。

ウィルバーのインテグラル思想の欠点の部分を補う理論は、恐らくインテグラル思想を教育している講師にも理解できない事なのだろうと思います。人間の霊的心理はインテグラル理論で「階層分けできる」かもしれません。空海が「十住心論」を遺した事からも分りますように心理学的なものがありました。しかし、それを霊的領域・世界には適用できないと感じます。インテグラル・ジャパン代表の鈴木規夫氏の言動をブログを通して観察していると、その部分には敢えて蓋をしているように思えてなりません。

エソテリック(密教)

この分野の事には敢えて触れない事が多いです。それでは密教な世界観とは、どんなものでしょうか。自分の家で過去に起こった出来事を元に説明してみましょう。これは私の体験です。
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道ある日、家族揃って自宅の1階でテレビを観ながら団らんしていました。すると誰もいないはずの2階を歩く物音がします。歩く音は移動して、ある部屋で止まります。その物音を耳にしたのは家族全員でした。違う日にも、留守番をしていた家族の者が同じような移動する足音を聞いたといいます。

そして、異なる現象もありました。夜中になると玄関ポストが勝手にパタンパタンと動く現象も起きました。私は目の前で冷蔵庫のドアがひとりでに開くのを目撃しました(故障でありません 笑)。

あまりに気色悪いので、両親が色々探した結果に出会った密教霊能者に相談(相談料は心づけ)しました。詳しくは説明しませんが… すると、その物音は消えました私達家族は全員が精神病者だったのでしょか。それはあり得ません。密教修験者の後日談では、その問題にあたる時、飼っていたネコが数匹、理由も無く死んだそうです。
このような密教世界を把握し、それに対処する技術を持った祈祷師たちのことは「インテグラル思想」では排除されます。その訳は、彼が引用するアドヴァイタ・ヒンドゥー教や禅仏教,テーラヴァーダ仏教の「教義・経典」から来ています。これらの教義には密教的側面が欠けています。

忘れられた真理アドヴァイタ哲学、禅仏教、テーラヴァーダ仏教の師たちでは、これらのサイキック現象に対処しません。ウィルバーが尊敬もするヒューストン・スミス(Huston Smith)は、ウィルバーとは違いこれらのことへの理解があります。彼の著書『忘れられた真理』P.84に詳しく書かれてもいますウィルバリアンもご覧下さい

スミスは、映画『エクソシスト』を例えに話をしています。先日の「エソテリック哲学の宇宙観」で説明しましたが、ウィルバーには幽界の説明が殆ないのです。「幽界」には善なる存在邪なる存在がいるとスミスは書いています。アドヴァイタ、禅、テーラヴァーダなどでは、「幽界」を考ず「魔境」と呼び全て下位の領域とされます。しかし、上位の聖なる霊的存在がいないとも限りませんよね。

魂のロゴスウィルバーが著書のなかで語るアドヴァイタの聖者シュリ・ラマナ(Sri Ramana)は、実はアドヴァイタ密教の師なのです。なので「聖者」ともいわれています。彼は弟子の生まれ持ったカルマ(気質など)を読む(霊視)ことができました。修行の段階において「ヨガや瞑想をさせるべきか、仕事をさせるべきか」を見極めることが出来ました。しかし、その他のアドヴァイタ教師(ガンガジ,エックハルト・トーレなど)が、そのような霊視眼を持っているかは怪しいですが。

ウィルバーが引用する古代ギリシア哲学者のプロティノスも弟子の心を読めたといわれています(プロティノス全集に詳しく書かれています)。そして、彼はアテナイにあったイシス神殿(日本でいえば「稲荷神社」とでもいえる「豊饒の女神」)イシス系巫者の神託を真面目に聞く哲学者でもありました。彼も密教哲学者だったのです。それ以前にソクラテスプラトン密教哲学者でありました。井筒俊彦先生が仰るように「神秘哲学者」と呼んでも良いかもしれません。

The Integral Yogaまた、ウィルバーが影響を受けたシュリ・オーロビンド(Sri Aurobindo)「インテグラル・ヨガ」の提唱者ですが、オーロビンドの思想も〈密教〉なのです。彼の思想に影響を受けたのはウィルバーだけではなく、ラマナ,ラジニーシ(OSHO)など、後に続く全インドの導師たちが影響を受けているといいます。オーロビンドの相方「マザー」と呼ばれているミラ・アルファッサ(Mirra Alfassa)巫者のような能力があったといいます。

ヨガをアメリカに広めたインド人の一人、パラマハンサ・ヨガナンダヒンドゥー教とキリスト教の架け橋をして密教を伝えた人でありました。 ウィルバーの短所は、自身の神秘体験(ある段階の瞑想体験)を最高位の状態だと理解している節があるところです。禅原理主義の禅僧などにも似ています。その先へは進もうとはしないので、禅を指導する師としては適しているかもしれません。

「インテグラル思想」欠けているのは「密教思想」です。
宇宙観(コスモロジー)の見方も異なっています。
宗教には二つの側面があります。
「顕教」「密教」
「エクソテリック【Exoteric】」
「エソテリック【Esoteric】」
ウィルバーのインテグラル思想「エクソテリック思想」なのです。

私が最初におすすめする師は「道元禅師」です。禅は「顕教」です。そしてもう一人の師に「弘法大師」を置きます。これは「密教」です。ウィルバーは「道元」的なので、誰にでも受け入れられます。

空海の真言密教も後の後継者問題で揉めました。「霊眼」を得ている者が後継者なのですが、そこで問題が起き「顕教」になってしまう。ウィルバーだけの思想は「エソテリック」だけれど弟子や学者が混じると「エクソテリック」になる。そこが長所といえば長所なのですが、オウム真理教などに代表されるカルト教団やスピリチュアル・カルト(アセンションなどの終末思想)に対する防衛線となる思想家です。舌ったらずなので誤解のないように書いておきますが、私はウィルバーを尊敬しています。道元禅師を尊敬する「道元ファミリー」の一師匠としてウィルバーを見ています。


ウィルバーが薦める瞑想については私もおすすめ!
【文中で紹介した書籍 Amazonモバイル用リンク】
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.09.26 Saturday | Category[4]霊的偉人:ケン・ウィルバー | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.05.13 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
おひさしぶりです。^^

青山のAさんに会って以来、自分を型に当てはめようとする思想等からはなるべく遠ざかるようにしていまして、自分のところへ自然に入ってくる情報や本のみでやってます。もちろん、瞑想もです。

本や人の出会いは、自分の境涯に合ったものが引き寄せられると、聞きまして。terusunも含めて、修行をする材料を提供していただいていることに、感謝です。

うちこさんも私もそうですけど、本好きな人に特有の引き寄せがあると、そう思っています。紹介されている本が、自分にとってどういうことを教えてくれるのか、いつも楽しみにしています。内容だけでなく、それと出会うことの学びとか・・・。

ところで、記事の中であった心霊現象(?)ですけど、自分の実家でもこれと同じような現象が昔発生していました。学生時代、勝手に勉強部屋のドアが開く瞬間を見たことがありまして・・・。w 新宿のKさんいわく、「ご先祖様ではないか」といってましたね。そもそも、自分にとって学びにならないことは、守護霊さんが受け付けないと。ですから、我が実家も家族で学ばなければならないことがあったのではと今は思っています。そちらと同じ学びかはわかりませんけど、そんな話もあるということで。^^

活動、がんばってくださいね。ではー^^
| 整体Cさん | 2009/10/06 6:41 PM |
整体Cさん、おひさで〜す!!

心霊現象は、そうそれでした。お供え物を変えただけで止みました。

この記事に書いたのは、それではない他人のお墓を掃除していた祖母の過ちが原因だったやつです。他殺か自殺かで没落した家の墓守をお金を貰って祖母が請け負っていたのですが、怖いことで他人のお墓、それも潰れた家の墓守をするってのはね(^_^;) わかりますでしょう?

コメント、どうもです!
| Teru Sunさん | 2009/10/07 12:16 AM |










AX