プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
性とスピリチュアル〈売春や買春でのマイナス面〉
今は携帯やインターネットで誰でも買春や売春をできる状態になっているから〈色欲〉への執着が強い霊、いわゆる〈色情霊〉のような自縛霊の活動がしやすい世の中になっていてとても危ないなと思います。

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道少年でも少女でも関係なく霊の世界でも類は友をよぶといわれていますが、少し暇があったり物(ファッションや遊ぶ金)への欲があったりすると、そういう心の隙間を狙って悪い霊たちが寄ってきて上手く事が運ぶように仕組んだりもするように感じます。簡単にいうと上手い具合に売春相手、買春相手から連絡があったりする。偶然にしては出来すぎた相手などが、ひょんと現われたりする。こういうのは本当に色情霊の招きというか、そういうエレメンタルの群れの行いなのだなと思います。

霊が憑いて買春や売春をさせて、それで人間に何も害がなければ、私みたいなのがこうやってインターネットまで使って注意書きをしなくてもいいのだけれど、やっぱり悪い影響が出るように思います。出ないのなら書いたりもしない。

人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめオーラの素顔 美輪明宏のいきかたタレントの美輪さんや江原さんのような人たちは公では言えることと言えないことがあるので、霊障については本当に気をつけて書いていたり仰ったりしていますね。それにニセ霊能者が多くなっていますから「霊障」の除霊に何十万円とか要求したりニセ霊能者の男が女性を強姦したような事件も起きていますから尚更です。

色情霊たちを引き寄せる人にもそれなりの理由がありますが、その人たちにも正道に戻ってきて欲しいから私もこうやって書いていることがあります。以前、売春をしていたけれどブログを読んでから、それを止めて、そうしたら段々と心がスッキリしてイキイキと生活できるようになったとコメントをくれた方などもいました。そんな人が増えればいいなと思います。私はカウンセラーでもないから、話を聞いてコメントを返すだけなのですが、目覚め始めた人は簡単な後押しをもらうと自分で歩み始めるようです。だから、本当に高額なお金とかって必要ないんだなと思います。

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術 徹底討議 心と生命―「心の諸科学」をめぐるダライ・ラマとの対話 色情霊たちに憑かれるマイナス面を書くわけですけれど、霊たちの食べ物は人間のエネルギーなのですね。「チャクラ」という言葉を使うと専門的な感じで分り辛いと思いますが、そういうエネルギーの中心が経絡にそって身体の各部分にあります。色情霊たちのエネルギー源というのは、その下の方のチャクラが作りだすエネルギーなのですね。下の方というとわかりづらいと思いますから、簡単にいうと「生殖器」の辺りにあるチャクラのエネルギーということです。
:model-style.net: | ヨガムービー-チャクラ
密教ヨーガ―タントラヨーガの本質と秘法 この生殖器の付近にあるチャクラ(エネルギー・センター)の特徴は生きる為に必要な活動的なエネルギーを表わし創造する部分にあたります。色でいうとレッドオレンジらしいのですが、スポーツ選手でも優れた人はこの活動的な赤々としたオーラの色が出てチャクラの色を表わしているのだと思います。死期が迫っている人は、このオーラが「黒」となってエネルギーがほとんど枯渇しているという感じでしょうか。

セクシャル・ヒーリング―最高の愛し方、愛され方 SPIRITUAL SEX(スヒ゜リチュアル セックス) CD付き このチャクラを活動的にさせる方法は俗的なことでは性に目覚めさせることだから、マスターベーション(オナニー,自慰)やセックス(売春,買春,性的不倫,性風俗勤務,AV嬢など)をさせることなのです。若いうちのマスターベーションは、男性よりも女性の方が後を引いて止められなくなってしまうこともあります。麻薬と同じで「脳が快感を一生憶えているから」です。聖なる方法では「瞑想」でも性的な力が漲ってくることがあります。これは私自身が感じたので本当です。

ハーモニック・レゾナンス 性に目覚めさせるようなスピリチュアル・ワークも、本来はトラウマ解消,生きる情熱を奮い起こす目的なので、スピリチュアル・セックスがあまり固執してくると色情霊たちが動かしているスピリチュアル・ワークになってくることがあります。そういう性の霊的先生もいますので、そういうのも注意です。「見ず知らずの男女がいきなりワークショップでセックスをする」というものが以前では、或る教団では良くあったそうですが、いわゆる色情霊たちの動かす「セックス・カルト(乱交)」集団のようなものです。

チャクラを活かす―あなたの生命エネルギーの流れをコントロールし、バランスを整える 本来は子供を育む「神聖な生命エネルギー」なのですけれどね。色情霊たちは、そのエネルギーを食べる(消費)ことで生き甲斐を感じるわけです。生命エネルギーの源を消費すれば生まれ変われるような快感が霊の方にあるのかもしれません。でも、そのエネルギーは人間にとっても生きるために必要なエネルギーだから、あまり無駄な消費は良くないわけです。

1st chakra でも、色情霊たちに憑かれて動かされている人はそんな事には気づかないから自分が好きでマスターベーションやセックスをしたりしてお金を稼いでいると思ったりしている。直接的なセックスを行なわないオーラルなものもあるけれど、やはりそういった行為をしている間は自覚症状がないレベルで下半身への意識は高まります。興奮とまではいかないまでも、何やら温かくなってくるのが女性でも男性でもあるのではないかと思います。性交渉の伴わない性的行為を続けるのですから勝手に下半身のエネルギーだけが高まり、それを食事にする霊がいたり、ムダに消費されてゆくのですよね。最後には不感症になったり不妊症になったりもあるかもしれませんが、若いうちはエネルギーが豊富にある人が多いからあまり気づかない人が多いかもしれないけれど、敏感な人はエネルギーを霊に消費されて弱ってゆく人もいるのですね。

「神道」のこころ弱るとどうなるのか。生命エネルギーが枯渇してくると、神経衰弱が激しくなったりして生きる気力がなくなってきます。葉室宮司「『穢れる』というのは神道では『気が枯れる』、『気枯れ』から来ている」と言っていますが、それは本当だなと思うのです。その生殖器付近のエネルギーが枯渇してくると、自暴自棄に陥ったり拒食症になったりすることもあります。終いには自殺をしてしまう最悪のケースもあるように思います。

幸せの風が吹いてくる 日本のオーラ 天国からの視点 霊的なことを理解しようとしない人から見れば、この理由はわからないと思うからもしれませんが江原啓之さんダスカロスヨガナンダ師本山博氏などの霊能の人たちの目(霊眼)から見れば明らかにわかるとおり、「類は友をよび」憑かれて霊たちにエネルギーを分け与えていたということになっていることがわかると思います。オーラがくすんで来たりということが起こってきます。タレント霊能者の江原さんが仰るには、風俗業界で仕事をしている人でもピュアなオーラを持っている人がいると言っていますが、こういった場合も長く業界にいるとエネルギーが枯渇してしまうことになります。

スピリチュアリティの真実 自傷行為に陥らない自覚がない場合でも、その影響は身体の方に出てくることがあります。〈生殖器付近〉とか〈心臓(ハート)付近〉に出ることがあります。性を仕事に持つということは、性で遊ぶことでも同じですが、その部分のエネルギーを相手(霊たち)とシェアしていることにもなります。シェアしつつ霊にはエネルギーを消費させられるわけですが、相手をした男性,女性のエネルギーを共有していくわけです。夫婦間の性行為は共に生きる共生相手だから、お互いのカルマの解消にも役立つと思いますから良いと思いますが、売春・買春などとなると話は違ってきます(セックスしている時は生まれたい霊たちがカップル間のカルマに見合った霊たちが寄ってきてもいますし、色情霊も寄ってきています)。

例えば、売春・買春(援助交際,デリヘルなど)で相手をした男性が本来は40歳の寿命しかない人で、女性(援交女性)と関係を持ったことで41歳まで生きられるようになった、とこういう話で表現するとわかりやすいと思います。

現実はこんな白黒ハッキリした形で現われてきませんから例え話ですが。こういうことが本当に起こってきます。お互いのエネルギーを少量ずつシェアしているので、すぐには現われないけれど、そういうことを多数していたり仕事をしていた人たちは晩年になると下半身や心臓付近のガン,腫瘍(乳ガン,子宮ガンなど)で生命に関わるような大病を患うケースもあるように思います。

光の手―自己変革への旅〈上〉 マジカル ヒーラー 性的な接触ではなく自分のエネルギーを他人に送る形でのヒーリング」「心霊手術によって寿命(命の砂時計)を削ることにもなります。スピリチュアルにはまる人たちの中でも「ヒーラー」になることを夢見る人たちもいると思いますが、本当の選ばれた人でなければ(ハリー・エドワーズ,ダスカロスなど著名な人たちは長生きをしました )自分のエネルギーを他人に送ることになりますから、本当に他人の病気が消えたりした場合は、その他人の病気(カルマ)を貰っていたりすることも起きることになります。本山博先生の著書『スピリチュアリティの真実』で述べられていますから、これらの事実には間違いはないでしょう。本山先生は日本で初めてチャクラということを研究した人でもあるそうです。

霊ナァンテコワクナイヨーそんなのは嘘っぱちだと仰る人もいますが、人間本来持っている運命は自覚できませんからガンや腫瘍ができない運命の人売春・買春などを行なっていて霊にエネルギーを消費され、相手の僅かなカルマをシェアしたことが原因で命を落とさないまでも大病に冒されるということが起こってきます。

心の方にも影響が知らずに出ていることもあって、これが自覚されない場合は心臓付近の腫瘍や病気として起こることもある。表面化しないものは病気として出てくるのです。病気が出来る前に心の方の気づきで、その深層を表面化させるのが瞑想や坐禅です。心の闇が表面化して大病になる前に気づきを得るわけです。これを「悟り」ともいうかもしれません。悪い行いを「気づき」「悟り」、「悔い改め」て生き方を変えるということです。

テレビとか雑誌で生半可なツキを呼ぶ瞑想などを宣伝するようなものは危ない霊を呼ぶ事に繋がるのでおすすめはしません(俗な瞑想なので悪霊しか寄りません)。幸せって何なのかを自覚しなければね。ダライ・ラマ法王の通訳もしているフランス人仏教僧リカール氏の『Happiness幸福の探求』には「ツキ」「本当の幸せ」とは何だろうね、ということが分かりやすく書かれているので読んでみると本当の「幸せ」がわかるかもしれないですね。

神道の神秘―古神道の思想と行法 霊的成長と悟り―カルマを成就し、解脱にいたる道色情霊が憑くというのはカルマ的なつながりがあったり、同じような心の状態のチャクラが動いている、お互いの霊的エネルギーの共鳴している場合に自然と憑いてしまうことがあるといいます。憑こうと思って憑くわけではない場合もあるといえますね。

霊界で苦しんでいる霊は、人間に憑くと、その人間から気や霊的エネルギーを吸収できて楽になるから自然に憑依してしまうそうすると、憑依された人は霊的エネルギーを吸収・消費されるわけで色情霊の場合は生殖器やらの病気の症状が起きてきます。セックスしたい!」「女の裸,陰部がみたい!」と亡くなっていった色情霊たちが沢山いると思います。

ゴースト ~天国からのささやき シーズン1 Vol.1 [DVD] 祈りと救いこういうのをどうにかしたいと思ったら、すぐにお祈りをして、自分だけでなく、そういった色情霊たちも一緒に救われるようにしないとダメです。自分だけ救われるのを願うのではなく色情霊たちも、そういった欲情をなくして神様の所に上ってゆけるようにしてあげなければならないと思います。ゴースト―天国からのささやき」でも描かれていますが、光の先へゆけない霊たちは自縛霊になっている場合も多いと思います。

今まで憑いていた人間が神様に熱心にお祈りをするようになると、憑いていた霊たちも救われるようになります。もし改心できる霊であれば、憑いた人の心と一緒に浄化されてゆく。そうすると自分の方は現実世界でイキイキと生きられるようになるし、憑いた霊も救われる。人助けをしたことにもなります。こうやってカルマの解消をしてゆけば、自分で作りだしたカルマも解消できて今を精一杯に生きることが出来るようになると思います。

女神と鳳凰にまもられて性を遊びや金儲けに使ったりすると〈魔〉に喰われてしまうというのは、こういうことから本当なのですが、その〈魔〉を呼ぶのが自分の想念だということも自覚しないといけませんできるだけ良い神様,良い想念を抱いて生きていけば、こういった事に陥らないで済むと思いますから、良い本,良い人付き合いをして生きて下さい。汚い場所には、危ない霊たち(エレメンタル)が居つくことがありますから気をつけて下さいね。占い師の暁玲華さんもこのように仰っている場所もありますしね。

「精一杯に生きて」、神様の方を向いて生きることができるようになると、自然と善い補助の守護霊たちが勝手に合いの手を差し伸べて来てくれますから、「神聖なる法則の計画」に合うような生き方ができるようになります。

【性とスピリチュアル関連記事一覧】
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.09.20 Sunday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.04.22 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルさん、こんばんは。
私自身は売春も風俗の経験も、性的不倫行為そのものはありませんが、先日、あることを経験しました。

体の中心を突き抜けるような内臓がやけるというか、なんというか・・・。
ものすごい激痛だったんです。
これを経験させられたのにはわけがあるのですが。
私は、女性が、愛情のかけらもなく、ただ自分の性欲を満たすためだけに男性の性欲の対象となり、たんなる色欲だけのエネルギーを体内で受けることがどれほど女性の体、とくに内臓(子宮など)に負担、ダメージを受けるのかということを体感させられました。
おそらく、渦中にいるときは麻痺していて感じないのでしょう。正気な状態で体験させられるとは思いもよりませんでした。あんなこと経験したら絶対、不倫も売春も風俗もしたくなーーーーーいって思いました。
1日に何人も、そしてそれがほぼ毎日、何ヶ月、何年とあのエネルギーを受け続けたら、よくAV女優や風俗嬢が子宮がボロボロになると聞きますが、納得しました。
絶対絶対、自分のからだ大事にするべき。金もうけやたんなる快楽のためだけの性行為なんてしたらあかんのです!
生きながら内臓、火で焼かれるみたいでした・・・。
| ぼんさん | 2009/09/25 12:07 AM |
ぼんさん、こんばんは。

そんなことがあったんですね。ぼんさんはセンサーが敏感な人ですから、早々ではないにしても直に何らかの反応を受けたのでしょうね。例えば、若い人は激しい運動をした晩に筋肉痛になるけれど、老人は2日後に筋肉痛になる…みたいな感じでしょう。敏感なぼんさんは、それで気づけますけど。鈍感な人はそれが後になってくるようになると思います。

やはり、親しくなった精神的にホッとする異姓との行為だけに留めるべきなんでしょうね。道徳だけじゃなくて、霊的な意味でも大切そうです。
| Teru Sunさん | 2009/09/25 11:12 PM |
お恥ずかしい話になりますが…
私は性的なことに嫌悪感があり友人達から性欲がないとか処女性や聖女性が強いから修道女になれなどと言われ続けました。
今まで数人の男性とお付き合いはしましたが、恋愛自体がよく理解出来ない感覚で性的にも何も感じなかったのです。
が、一昨年知り合った男性を本当に好きになり色んな人間的な感情を取り戻し、彼にだけは触れられても声を聞いても当たり前の感覚も覚えます。
ところが酷い喧嘩をして一旦離れたのですがSNSが一緒で

そこでも互いに距離を取っていますが、共通のサイト内の女性友人達を相手にお色気ショー(^^;)を始めてしまって

彼は元妻帯者(奥様は他界されています)で長く禁欲生活をおくり海外在住で殆ど会えません。

私は彼が女性に対する愛情表現が下手で色に走りがちだけれど本当に欲しいのは愛だとわかっているんですが、彼はバーチャルで人気者で女性は皆さん好きになり相手にしてしまう…
言霊でもエネルギーを交換しますよね。お相手の女性達はパートナーがいても満たされていなかったり寡婦の方でなので言葉だけだからと抵抗が無いのです。

彼は非常に孤独に弱く常に女性に守られていたい性格で以前はこんなことはなく私が火を付けてしまってからです。

男性の性欲はよくわかりませんが身体的に女性より欲望は強いだろうし、会いに行ってあげるべきでしょうか(;_;)
喧嘩の原因は彼の自尊心を私が傷つけたからです。彼は私の精神を尊敬してくれていました。
長文失礼致しました。
| nana♪さん | 2009/11/01 1:32 AM |










AX