プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun

Gmail
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈聖書〉を読む際のアドバイス
〈聖書〉を読もうと決めたという方が居りましたので(コメント欄を通じて知りました)、私自身が師匠(キリスト秘教を取り入れたクリスチャン)からアドバイスを受けた事をお伝えします。

〈聖書〉は、一般人(私も含め)が何の情報も無いままに読むだけだとあまり意味がありません。なので、読む際は著名な古の〈学者〉達の書き上げた〈註解書〉を併せて読むことが必要です。

私の場合は、オリゲネスマイスター・エックハルトの2人を特に注目しています。「オリゲネス」と言うと、誰でも『諸原理について』を挙げると思います(松岡正剛さんも紹介してます)が、ここでは違います。

↓ これです!
オリゲネス

ヨハネによる福音注解 (キリスト教古典叢書 11)
マイスター・エックハルト
エックハルトラテン語著作集 (1)創世記註解 創世記比喩解
エックハルトラテン語著作集 (2)出エジプト記註解 知恵の書註解
エックハルトラテン語著作集 (3)ヨハネ福音著註解
エックハルト・トールマイスター・エックハルトを間違えないようにね。月と太陽ほどの違いがありますから。

こういった専門書はかなり高価なので古書店や国立国会図書館を利用して読むと良いと思います。それと、聖書学者たちが今も調べていることですが、これも雑学として覚えておいて損はありません。

イエス・キリスト「大工」とされていますが、実は昔の人の誤訳石切出作業者という職業に就いていたそうです。神殿や家を建てる時に使う「石材」を岩山から切り出してくる職業です。

こういった聖書の誤訳をサクッと知りたいという場合は『捏造された聖書』という聖書研究者の簡単な本を読むと良いと思います。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.08.27 Thursday | Category[2]スピリチュアル:ちょっとした話 | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.06.30 Tuesday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
Teru Sun 様

こんにちは。

自分で最初に書いた文章があまりにも堅苦しく思えたので(かつ長文)、気楽かつ
短い文面に訂正しました(←O型のオヤジはウンチクを語りたがるらしいw)。
もし聖書を読む目的が研究のためでなければ、葉室師の生き方を見習って
ありのまま、感じるままに読み進め、それを素直に受け取り、一通りの
区切りがついたと思えるまで読み終えるまでは、その素直な感じ方を
理屈でこねくりまわさない、という方法も面白いと思います。

娯楽本として読むなら思い切りイマジネーションをふくらませて、登場人物
の世界にひたってみるのもいいし、研究本として読むなら歴史考証などを
様々な参考文献をかたわらに矛盾点を追求するのもいいと思います。
しかしもしスピリチュアルな観点から教訓書として読むなら、倫理的な
話の部分だけに着目してその他は無視し、これまで自分で得た価値観と
比較検討してみるのも面白いと思います。

ちなみに私が持っている聖書はたぶん一番オーソドックスな?
日本聖書協会1988年度版(新約1954・旧約1955)です。口語訳の中では最も
厳かに書かれてあると思って、当時様々な聖書の中から選びました。
ちなみに文語訳も考えましたが、学の無い私には読みづらかったので
やめました。

話は変わりますが今、世間は不況で多くの人々が苦しんでいますね。
私自身も厳しい状況にありますが、こんな時こそ精神世界の書物で得た
教訓が役に立つのではないでしょうか。たとえ神が存在しようとしまいと
シルバーバーチ本にある「取り越し苦労をするのはやめましょう」という
考え方は、精神衛生上にも非常に役立つ考え方だと思います。これは聖書の
「だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思い
わずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である」マタイ6-34
と全く同じことですね。

そして温故知新という観点から、最新の精神世界本ではなく聖書のような
古典を熟読玩味することも意義深いことだと思います。たぶん冷静に心の
ガイドに従えば、ニケア会議による改竄や作り話などの夾雑物も自動的に
ふるいにかかり、悪影響を及ぼさないと思います(盲信者や考えない人は別)。
というか早い話が人生に役立つ教訓以外は捨てちゃってもいいだろうと
思っているのが本音です(イエスもきっとそう思っているはず)。
| 赤電空者さん | 2009/08/29 11:58 AM |
このような形でコメントのお返事を頂けるなどと想像もしませんでした。嬉しいです。ありがとうございます。参考にさせていただきます。
| すこーるさん | 2009/08/29 4:47 PM |
To 赤電空者さん

こんばんは。
記事を読む方たちにとって参考の一つになるコメントだと思います。
ありがとうございます!


To すこーるさん

こんばんは。
お節介にならない程度に留めておきましたが、あとは心の赴くままにで。
こちらこそ、ありがとうございます。
| Teru Sunさん | 2009/08/30 12:39 AM |










AX