プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

2012年に〈アセンション〉する〈魂〉とは
2012年12月21日以降に「アセンション」が起こることを
私は確信しています。

先進諸国でスピリチュアルを信じる〈幼い魂〉を持った大人たちが〈真の大人の魂〉への階段を一歩踏み出すための、心の変容を経験することでしょう。これは確実に起こります。

しかし、それは〈失望〉という名の「変容(アセンション)」 です。

1999年の年末にも同じことが起こりました。〈幼い魂〉を持った大人たちは、「恐怖の大王が降りてきて地球が滅亡する」「隕石が衝突する」と本気で信じ込んでいました。21歳の私は…ファンタジーだなぁ と笑いました…(笑う門には福来る)。

〈失望〉は、夢想に終止符をうってくれる優しいシグナルです。目覚まし時計のように朝が来たことを教えてくれます。〈幼い魂〉は目覚めを経験します。「今までの出来事は〈夢〉だったのか… なんて俺(私)は愚かだったんだ…」と〈アセンション〉を経験します。

新約聖書にこの様な有名なくだりがあります。
私が子供の頃は、子供のように話し、子供のように考え、子供のように論じたが、大人になってからは子供らしいことを捨てた。
パウロが語っている「大人」というのは「成人」というわけではないようです。それは、どうやら霊的な大人の見識を持ったということのようです。「霊的現実主義者(Spiritual Realist)」になったということ。決して「霊的夢想主義者(Spiritual Fantasist)」ではありません。

ハリー・ポッターは、全て真実(ノン・フィクション)ですと言ったら、あなたはどう感じるでしょう。夢想された霊的な話を信じなくても良いのです。ファンタジーは、小説や映画の中だけで楽しめば、それは一時の夢を私たちに与えてくれます。夢は現実を生きるための「聖なる糧(かて)」ともなります。

聖なる糧を得て、そのパワーで現実を生きること。「霊的な変容」という〈小さな光の扉〉は、日常生活のなかに常に現わされている。 それに気づくことができれば、その人は霊的に世界を生きていることになる。

アセンション(意識の変容)は常に起きている。

洗濯をしている時、皿洗いをしている時、仕事をしている時…
霊はすべてを包み、風のように吹いている。しかし、その風を感じる、あなたという船に帆があるかないかで世界は違うものになる。大きな帆を張れるように歩んでゆきましょう。

【大きな帆を張るための関連記事】
心ひとつで人生は変えられる
呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想
〈動物的人間〉〈霊的人間〉
ビギナーのための〈座禅〉のすすめ
〈瞑想〉と〈脳波〉最新研究成果
霊(スピリット)が語ること
〈ダライ・ラマ法王〉と〈ダスカロス〉が重要なわけ

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.06.27 Saturday | Category[2]スピリチュアル:アセンション | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
おはようございます。

いわゆる「アセンション」にはまる人というのは、結局のところ
自助努力を放棄して自分以外の要因(他人・制度・環境等)に
自分を変えてもらいたいという願望、というか依存気質に
外ならないと私は思っています。

たとえるならば、自分が彫刻家ですぐれた作品を手掛けようと
する意志はあっても、地味で地道な努力をするのが嫌であり
自分の住む町にミケランジェロがやってくることを風の噂で
聞いて、彼がやってきたら自分が望む作品を代理で製作して
もらおう、と思って仕事に身が入らない状態になっているような
ものです。

彼らには良い意味での誇りが無く、非現実的でメルヘンチックで
ロマンチストでナルシストでセンチメンタリストで空想を食べて
生きているような精神的に脆弱な人々です。学生の頃なら
それでもいいですが、成人して社会の荒波にもまれても現実的に
生きることとはどういうことなのかを悟ろうとしない。いや、頭では
分かっていても厳しい現実と向き合うのを恐れて逃げているだけ
なのかもしれません。

「甘え」の構造、という有名な本がありますが、どうやらこれは
日本独自の文化ではなくなり、甘ったれたお子ちゃまのような
大人が世界中に広まっているような気がします。厳しい現実を
解消しようと思うなら、そこから逃げるのではなくて厳しい現実
を受け入れて克服する努力をする。精神世界の著書で共通の
「カルマ」だと思うなら、なぜそれが起きたのか原因を探し
間違った点を内省して突き止め、それが自分の気質や性格上
の問題ならそれを解消する努力をする。

しかしそれすら行わず、安楽な解消方法を求めた結果に辿り
つくのが「世紀末予言」やら「アセンション」やら「2012年」やら
のファンタジーです。ここには麻薬のような魔法のような、読むと
キモチ良くなる言葉で満ち溢れています。これらの本からは
早急に離れないと自分がどれだけ精神的に麻痺しているのか
他人から指摘されるまで気づくことはないでしょう。

精神世界関連の書物を手にする前に「現実的世界という書物」
をもっと自分の頭で読み解くべきです。必死で考えれば良心は
必ず回答してくれるでしょう。もしどうしても書物等に回答を求め
たいのであれば、私はまず良心的な自己啓発書をすすめます。
依存気質のある人には「天は自ら助くる者を助く」という言葉で
有名な<「自助論」サミュエル・スマイルズ>をおすすめしたい。

輝々さんが書かれているように「アセンション(意識の変容)は
常に起きている。」のですが、逆にいえば「自助努力しなければ
アセンションは起きない」ということです。自分が何かの趣味に
没頭している時、きっと楽しいと思います。ですがその趣味を
他人に肩代わりしてもらったら、それは楽しいでしょうか?
「自分が自分の意志で手掛けるからこそ喜びがある」のであり
「人生も自分の意志で築き上げるからこそ、死後に喜びがある」
はずです。良識的な精神世界関連の書物には同じようなことが
必ず書いてあるはずです。
| 赤電空者さん | 2009/06/27 11:33 AM |
※ 先の書き込みに対する補足です。

まぁ、アセンションはあろうとなかろうと自分にとってはどうでも
良いことなんですが、どうしてもアセンションにしがみつきたい
人々へぜひ読んでもらいたい参考ブログ先を紹介します。
ここにはアセンションの起きる原因?である「フォトン・ベルト」
なるものが、いかに虚構に満ちたものであるかを実証する話が
網羅されています。信者の方はショックを受けること間違いなし。
ですがそれでもアセンションを信仰するなら、これはもうオウム信者
と同様な狂信者としか言えません。2012年が来た時、彼らは
非常に大きな落胆を受けるでしょうが、次はどんなキーワードに
依存するのだろう・・・

http://www.kotono8.com/2004/09/24photon-belt.html

| 赤電空者さん | 2009/06/27 12:05 PM |
Teruさん、ありがとうございます。

私はアセンション信仰者とかなり深く話し合う機会に恵まれた時期があります。私が出会った人たちは、その思想にはめこんだ自分をなんとか肯定するために、ごまかしや自己矛盾をたくさん抱えていました。

アセンション的な美辞麗句をスラスラ並べつつ、生活は自堕落なままヒーリングや神社巡りにお金をたくさんかけたりもしていました。

そんなある方に「お金がなかったり、障害や病気などでヒーリングにも神社にも行けず、チャネリング本も読めず、有機野菜も買えない人たちは、魂が浄化できず、アセンションできないんですか?」と尋ねてみたら、「そんなの私は知ったこっちゃないです」と言われたりもしました。

彼等のいう『魂の浄化』って一体なんだろう?とずっと思っていました。

私はどうやらアセンションできないようですね(笑)
| 流花さん | 2009/06/28 4:18 AM |
はじめまして。検索してて御ページにたどり着き、気に入ってしまいました。

全く同感です。
私も宇宙チャネラーと称するアセンション信者さんたちと、ネットでコミニュケ取る事がありました。
その方の文を拝読すると、高級波動の地球外の存在からメッセージを受けるようになり、それ以前にカルマの精算がすざましく始まり、今ではアセンションするに値する自分で、
もう半霊半物質の体になっていると仲間に言われたというのです。
んじゃ、霊感の無い人から見ると、その人の体が透けて見えるのか・・・だとするともう世界仰天ニュースになってるのでは・・・(笑)
集団心理か、はたまた自分の思い込みか・・・嘘か・・・
けども、その方のお話を読んでいると、やはりどうも精神的にトラウマがあり、精神病があった痕跡(今も?)が精神心理学を学んでる私からは思えるのです。
そしてその問題は処理されていず、アセンションするための方法として心の行いの美辞麗句はおっしゃるものの、
個人的に話になると、考え方がまだまだ甘い気がしました。

またアセンション滅亡説を聞き、そうだったらいいなという方も見受けられました。
仰るとおり、現実逃避傾向。
そして、日常生活・現実生活でうまくいかない、対人関係でも孤独で自己評価が低い方は、
自己誇大思考に走り、アセンションでなくとも、天才だと自己評価を称する人も少なくないんです。

アセンションのことでも自称宇宙チャネラー、自称霊能力者も
その手が多いと思いますし、
余分な我欲を持ち、低波動を放てば、それに同調する低波動の騙し操る良くない霊的存在もいることでしょう。
簡単にそれらは霊能力などを与えてコントロールしようとするでしょうし、他者までも簡単に信じさせ踊らせ、幸せになる能力を得る事を邪魔しようとするでしょう。

御ブログのタイトル通り、大切なのはそういうものに惑わされず、日々の精進こそ大切と肝に命じることだと同感いたしております。



ただでも、スピリチュアル・オカルト系のお話や、それに伴うアニメやゲームなどでも、
心傷ついて自分を見失っている子供達の中で
やはり影響され思い込み、自分なりの神や誤った輪廻転生・前世来世の考え方により、
妄想を作り出し、姉妹で自殺するケースも実際にあります。

私も霊的体験はあります。
氾濫する誤った情報に、惑わされて人生を歪ませていく人もいます。
だからこそ懐疑的でありたいし、日々の生活や現実に、目の前にある悩みや問題を解決していかない限り、
信仰も、チャネリングも、意味が無いと思っています。

どうかこれからもご自愛なさいまして、長くお続けくださいますよう、応援させていただきます。
ありがとうございます♪

いやー嬉しいですね、お仲間がいらした♪

| MINDさん | 2009/08/10 8:46 PM |










AX