プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈動物的人間〉〈霊的人間〉
霊的に生きるといっても、聖者じゃない私たちにはなかなか難しいもので、日々の生活、出来事、色々な影響を受けて動物的な行動を取ったりすると思います。
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道しかし、人間一人ひとりが目指すものは、最終的には<霊的に生きること>ですから、動物的な人間として生きないため、退化しないためにはどうしたらよいかということを理解しておいた方が、その時々で霊的に戻りやすくなるはずです。ですので、分かりやすく考えてみましょう。

世の中には、元気な<動物的人間>元気な<霊的人間> がいます。これはなかなか傍目(はため)には判りづらいので混同しがちです。でも、その違いは、天と地ほどの差があります。

人生論 (角川文庫)霊的でも元気がなく抑うつ的な<霊的人間>もいます。はたから見れば辛そうですが心の段階は、とても高い所に昇っています。<動物的人間>は、時として抑うつ的な<霊的人間>を見て、嘲(あざけ)ることもあります。トルストイは、抑うつ的な<霊的人間>として素晴らしい人間性を備えています。

<動物的人間>抑うつ的な<霊的人間>を嘲ることを弘法大師・空海は、このような言葉として遺しています。
痛狂は酔わざるを笑い、酔睡は覚者を嘲る

空海 『般若心経秘鍵』より
酔っぱらいは酒に酔わない人を嘲笑する
ねぼけ者は目覚めている人を嘲笑する。

前世を記憶する子どもたち〈2〉ヨーロッパの事例から前世を記憶する子どもたちさて、<動物的人間>は、自分が満足できる環境にいると元気です。例えば、「金が儲かっている」「異性にモテてる」「仕事が上手くいっている」「高級車(高級ブランド)を持っている」「アダルトビデオを見たい時に見られる」「何でも美味しいものが食べられる」など、挙げればキリがありませんが。要は」を消化して<幸せ>を感じて生きている人たちは、目先の欲が満たされれば元気だということです。こういった人たちは、一般的な視点から見る限り、その姿は<元気><イキイキして>見えることがあります。 充実しているようにさえ見える人たちもいます。

転生者オンム・セティと古代エジプトの謎―3000年前の記憶をもった考古学者がいた!転生した子どもたち―ヴァージニア大学・40年の「前世」研究 しかし、<動物的人間>は、その名の通り<動物>の生き方しかできない人間のことをいいます。 これは空海が十住心論の第一住心として示している<異生羝羊心>(いしょうていようしん)です。

盛りのついた羝羊(おひつじ)のように性と食にまみれ無知・無明のなかで生きるという意味です[参考]。実は、このような<動物的人間>として生きている人たちは、その事に全く気づいていませんですから、<動物的人間>といわれています。

続「あの世」からの帰還―新たなる真実・47名の臨死体験「あの世」からの帰還―臨死体験の医学的研究<動物>は、自分が無知だということを知りません。私が存在する意味を考えたことがありません。考える機会があっても忘れてしまいます。人間とは何なのか」「生命とは何なのかなど、一生のうちで一度も頭のなかに浮かぶこともなく、ただ生きている… だけ。

神秘と詩の思想家メヴラーナ 生命体としての<動物>は、自分が生まれてきた意味を考えることがありません。「獲物が豊富にあり」「餌が得られれば胃袋が満たされ」「交尾する相手がいれば行い」「縄張りを侵す者がいれば攻撃をする」元気のいい動物は「」が満たされる生き方を常に求めます。それが満たされている限りは<イキイキして> います。

このように説明してみれば分かるとおり、ただ生きているだけの生命体は、<動物>とほぼ同じですこのような生き方をしている大人たちは<動物的人間>と表現しても良いかもしれません。

自我の終焉―絶対自由への道生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉クリシュナムルティは、幼く愛らしい子どもたちを見てこの子たちも、残酷なようだが… 無知の中で生きていることに気づかなくてはならないというようなことを話しています。<気づく>ということは、生きている人間すべてに当てはまる最初の関門なのです。

現代文訳 正法眼蔵 2 (河出文庫)現代文訳 正法眼蔵 1 (河出文庫)毎日の何気ない生活の中で、耳にイヤフォンをして世界と自分を隔離し、眠ったように電車に揺られ、眠ったように学校や職場へ急ぎ、<自分の生命>に焦点を当てることなく命の砂時計を消費していきます。そして気がつくと、虚無的な人生を歩んでいることに気づく。

そうならないように、今、10代、20代の人たちは新しい人生に目を向けて<霊的人間>として生きることを始められるようにしてみてはいかがでしょうか。自分の呼吸や息づかい、世界が出す雑音にも全て耳を傾けるような生き方があります。

エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え死んだら<無>になる
という<無>を「虚無」と理解してはいけません。
日本人の多く有りがちな間違った意味の捉え方です。

すべては<空>である
という<空>を「空虚」と理解してはいけません。
日本人に多く有りがちな間違った意味の捉え方です。
<無><空>とは、ダライ・ラマ法王曰く
完全に満たされているという意味です。
20世紀最高のヒーラーといわれる神秘家ダスカロス曰く
 ニルヴァーナ〔涅槃〕あるいはテオーシス〔神との合一〕は“無(nothing-ness)”ではなく、“全(everything-ness)”なのですと語っています。

『エソテリック・ティーチング』p.87より
アルファベット部分は英語版「THE ESOTERIC TEACHINGS」より

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え 不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話本を何冊か紹介しましたが、私がビギナーとして歩み始めた時に出合った何冊かの本です。これらの本に出合ってからが、新たな人生のスタートとなりました。読んで後悔しない良質なものを紹介させて頂きました。

【関連記事】
【スピリチュアル】 20世紀最高のヒーラーと呼ばれた人
【転生した女考古学者】が「世界ふしぎ発見!」で特集されます!
幻影と超能力
21世紀の輪廻観 【ネットに広がる魂たち】
叡智の聖者ルーミーの思想「知性」
クリシュナムルティ「一体化」
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.06.12 Friday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.05.13 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
こんにちは。
このブログによく訪問させてもらい、紹介されている本も読ませてもらっています。ありがとうございます。
以前、このページのあたりで、Teruさんおすすめの聖書を紹介されていたように思います。(私の思い違いかもしれませんが)ぜひ、その聖書を読もうと思っていたのですが、いざ、本当にその聖書を探して読もうとすると、その聖書の紹介を見つけられなくなりました。私の探し方が悪いのかもしれませんが、もし良かったらTeruさんおすすめの聖書をもう一度教えてくれませんか?
| すこーるさん | 2009/08/26 12:58 PM |
先日コメントをしたものです。
再度よくブログを読むと、目的の本を探し出すことができました。よく探しきれていない前の質問、ごめんなさい。解決しました。
| すこーるさん | 2009/08/27 8:43 PM |
To すこーるさん

こんばんは。

そうでしたか、返信が遅れてしまいましたが探せて良かったです。
参考に少し師匠から教わった話をアップしました。よければどうぞ。
http://teruterulog.jugem.jp/?eid=644
| Teru Sunさん | 2009/08/27 11:18 PM |










AX