プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
インド仏教1億人の頂点に立つ日本人
ゴータマ・シッダールタ(釈迦)の仏教を“地”で行く日本人が存在するのをご存知でしょうか。その方は、約2500年前の釈迦の教えを現代のインドに再び甦らせようとしている日本人仏教僧 佐々井秀嶺師です。

仏教とは〈悟り〉だけの宗教ではなく、生まれながらに備わった人間としての権利というものを肯定する宗教だともいえます。ヒンドゥー教では現在でも神々が創ったといわれる(ブラーミンの嘘だがね)カーストによって不可触民(ダリット)という最下層の人々が苦しんでいるといいます。

佐々井師は、それら不可触民たちに普通の権利を持てる社会を作ろうとインドに仏教を広めようとしている方です。そして、佐々井師が師と仰ぐのが不可触民から政治家となった仏教者アンベードカルです。

日本の普通の皆さんはインド解放の父といえば、マハトマ・ガンジーを真っ先に挙げる方がいるかと思いますが。ガンジーは、最後の最後まで不可触民たちをカースト最下層に置かせるため、選挙権を取らせないために「死の断食」まで行ったカースト擁護派の政治家でした。アンベードカルは、ガンジーと戦いましたが「死の断食」によって不可触民たちの選挙権を諦めざるを得なかったといいます。

そのアンベードカル師の意志を引き継いだ佐々井師が、40年振りに来日されております。今日は、その佐々井師の講演を拝聴するために横浜の鶴見にある曹洞宗大本山總持寺まで足を運んで来ました。ちなみに鶴見歯科大を受験した日のことを想い出してしまったり、横浜は母親の実家もあるので庭みたいな感覚です。6月7日(日曜)に東京の護国寺で大きな講演があるそうです。
詳しくは、こちらで。

こちらは会場となった曹洞宗の開祖道元禅師の映画です。「禅」に興味のある方は、どうぞご覧になって下さい。下の永平寺の番組も良いです。 「禅は霊を凌駕します!
禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD]中村勘太郎, 内田有紀, 藤原竜也, 高橋伴明

おすすめ平均
starsいままでの中で一番ココロに響いた
stars初めて満足した宗教映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永平寺 「104歳の禅師」・「修行の四季」 [DVD]
永平寺 「104歳の禅師」・「修行の四季」 [DVD]宮崎禅師

おすすめ平均
stars「何か考えたらそれはもう余分だ」とは、優劣が先に立っているということか。
stars宮崎禅師と立松和平の静かな問答・禅を知る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人生の中で様々な人に出会ったり目に焼き付けることは、とても大切なことだと思います。
佐々井師は、〈存在〉で説く教えを感じさせる方だとつくづく感じました。覇気の漲った声と畏怖堂々とした面持ち。これは理屈で話を聞いちゃいけない師だと最初から感じました。その生きざまが教えであり道である師だと感じました。

生涯にダライ・ラマ法王ダスカロス佐々井師などの偉大な人に出会える機会は、そうそうにない。佐々井師は、もうこれが最後の日本帰国だと決めているらしいです。その存在に触れたい人は、是非足を運んでみて下さい。

ヨガブログランキングでいつも上位のうちこさんも紹介されています。
アキバ系OL うちこのヨガ日記
破天 一億の魂を掴んだ男 山際素男 著
男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺 小林三旅

アンベードカルの生涯 (光文社新書)
アンベードカルの生涯 (光文社新書)山際 素男

おすすめ平均
starsなぜ日本では無名なのでしょうか?
starsこんなすごい男がいたのか!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブッダとそのダンマ (光文社新書)
ブッダとそのダンマ (光文社新書)山際 素男

おすすめ平均
stars現代インド仏教のバイブル
starsブッダ版「イエスという男」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
破天 (光文社新書)
破天 (光文社新書)山際素男

おすすめ平均
stars正直な人物
stars仏教の生々しさ
stars「聖典」ともいうべき「伝記」
stars天下の奇書にして雄編
stars待望の再刊!この「男」に刮目せよ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺
男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺小林 三旅

おすすめ平均
starsなんともカッコいい生き様
stars慈悲喜捨の実践の見本
stars男の中の男の生き方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後にケータイで撮影した今日の写真を二枚。

講話が始まる前に、前に雲水たちが勢揃い。後から分かったのだが、雲水たちは人権問題を考える授業の一環として佐々井師の講演を聴いていたらしい。何とも贅沢な授業なんだよぉ〜!(笑)

この時ばかりはケータイの性能に泣きます。なんじゃこりゃ小さすぎる。みんないいカメラ持っていたなぁ〜。そういえば、お若いおキレイな女性たちも沢山いて、驚くと共に何だか嬉しい気がしました。美しく尚且つ仏教にご興味を持っているとは流石です!
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.06.04 Thursday | Category[2]スピリチュアル:ブッダ的なもの | comments(7)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.04.22 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
Teru Sun ジャイ・ビーム。
先日はお会いできませんでしたけれども、スター・ウォーズ以来の同時記事でしたね。こちらからもリンクを加えさせていただきました。
| うちこさん | 2009/06/06 12:05 AM |
こんにちは。
ガンジーの話は驚きました。
いろいろと勉強になる記事をありがとうございます。
最近インドのアンマと呼ばれている方が世界中を巡って
寄付を集めていますね。この方はどうなんでしょう?
インドはものすごく発展していて、カーストとか無ければ
ものすごい貧困なんて解消しそうなのにと思います。。


| ことりさん | 2009/06/06 10:42 AM |
うちこさん、ジャイ・ビーム!
リンクありがとうございます。行き当たりばったり的な講演会参加だったので、本当にすいませんです。

ことりさん、こんばんは。
そうなんですよね、ガンジーのことは僕も教科書で知ったので、このような生きた情報を得られることはなかなか無いと思います。でも、ガンジーは思想ではなく、その存在が強烈だったので、やはり強い生き方の参考にはなるかもしれません。アンマのことは、あまり存じ上げないのですが、寄付を不可触民たちのために使ってくれたりするの分からないですけど。
| Teru Sunさん | 2009/06/07 12:11 AM |
いつも楽しく拝見しております。佐々井秀嶺師の講演会が護国寺で行われるとのこと、このHPで知りまして、行くことができました。ただただ圧倒された3時間でしたが、この貴重な機会を頂けたのもTeruSunのお陰です。有難うございました。「使命、信念があれば、なんでもできる!!」と力強く語っておられました。
私は30そこそこの若造ですが、あのように使命を持って力強く生きることへの憧れで終わってしまっております。何においても実践が足りない、つくづく反省。。
| Takuさん | 2009/06/09 7:14 PM |
Takuさん、こんばんは。

佐々井師の講演行かれたのですね。
良い機会をお裾分けできて、こちらもとても嬉しく思います。
70代なのに、あの迫力ですから若い私たちも負けていられませんね。
どんなことでも良いから使命感を持って生きたいですね☆
| Teru Sunさん | 2009/06/10 12:07 AM |
はじめまして。流花と申します。いつもTeruSunのお話を楽しみにしています。

以前ドキュメンタリー番組で佐々井師を見た時にかなりの衝撃を受け、彼の生き方や考え方に感激しました。でもメモを紛失してしまい、どうしても名前が思い出せなくて困っていたんです(汗)TeruSunのおかげで本が見つかりました。講演には行けませんでしたが、師が日本にいらしていると知ることができただけでも嬉しかったです。ありがとうございました!これからもお話楽しみにしていますね!
| 流花さん | 2009/06/11 2:30 AM |
はじめまして、流花さん。

このような拙いブログ記事を楽しみにして下さって本当にありがとうございます。佐々井師を紹介したことで、流花さんが知ることができたこと嬉しく思います。こちらこそ、どうもありがとうございます。
| Teru Sunさん | 2009/06/12 1:07 AM |










AX