プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈ダライ・ラマ法王〉と〈ダスカロス〉が重要なわけ
いつもビギナー向けを意識して記事を書いているので、紹介する本もなるべく分かりやすいものを心掛けるようにしています。

顕賢者チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ法王14世隠賢者キプロスの霊的教師ダスカロスの実践には、いろいろな共通点があります。ダライ・ラマ法王に比べ、隠れた神秘家ダスカロスは、あまり世間には知られていませんが、マカリオス大統領ギリシャ王室(今はない)からの相談なども密かに受けていたキプロスでは有名な人だったそうです。

チベット仏教(Esoteric Buddhism)キリスト秘教(Esoteric Christianity)の共通点は、チベットに伝わる瞑想法ダスカロスが伝え遺した瞑想法(プラクティス)を比較して読むと判ると思います。
ダライ・ラマ ゾクチェン入門
ダライ・ラマ ゾクチェン入門 Tenzin Gyatso H.H.the Dalai Lama 宮坂 宥洪


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本でも人気の高い「ゾクチェン」思想のエッセンスを、ダライ・ラマ14世が一般読者向けにやさしく解説した決定版。1980年代に欧米で行った4回の説法を中心に構成。
ダライ・ラマ瞑想入門―至福への道
ダライ・ラマ瞑想入門―至福への道 Tenzin Gyatso H.H.the Dalai Lama Geshe Sonam Gyaltsen Gonta ゲシェーソナムギャルツェンゴンタ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
チベット仏教の基本書『菩提道次第論』を密教的立場から解説。教理のひとつひとつに必ず瞑想の手ほどきを付し、座るむき、足の組みかたから、イメージするヴィジョン、その変容の仕方、喚起する感情まで詳細に説明する。
ダライ・ラマ日々の瞑想
ダライ・ラマ日々の瞑想 Tenzin Gyatso The Fourteenth Dalai Lama 三浦 順子

おすすめ平均
stars日々の瞑想としては、少し難しいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
仏法のかなめに余すことなく触れ、日々の瞑想行をどのように行うか、簡潔明瞭な指南を与え、さらに踏み込んで日常生活の中であわれみの心と空性の見解をどのように培っていくかをダライ・ラマが自ら著した密教瞑想法テキスト。
エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ
エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズダスカロス
おすすめ平均
stars再版されています
stars秘儀的(エソテリック)な瞑想書
starsためになりました。
starsダスカロスがつたえる瞑想
stars瞑想の実用書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キリストが12使徒と70人の弟子だけに与えた秘儀-霊的真理とその独習法をまとめた一冊。2000年の時を経て、いまダスカロスによって明かされる秘儀的な教えとは?
「判る」というのは、もちろんこのお二人の修行・瞑想システム、チベット仏教キリスト秘教関係の本を読まなければ判らないと思います。

そのことが判るためには、どんな本が有効か。先日の記事「ダスカロスの<シンボル・オブ・ライフ>」でいい本を紹介しますと書きましたが、実は既に紹介していました。フェイントしてしまった。
ダライ・ラマダスカロス

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術右の本は、ビギナーにも気づきやすくベテランでも共感・理解できると感じたマチウ・リカール『Happiness 幸福の探求』です。リカール氏は、チベット仏教僧として今まで35年間の修行によって瞑想熟練者の域に達しており、なお且つフランスの知識人としても認められた人なので、欧米的な考え方に染まっている僕ら日本人に分かりやすい内容の本です。修行を伴っていない精神世界の著者
たちとは少し違う立ち位置ですね。


さらに、ぼくからダスカロス読者に向けてのおすすめ点としては『エソテリック・プラクティス』に書かれているような規範を日常生活にどう活かすのか科学的な研究成果などからも理論的に話が展開されています。

そして、最も大切な瞑想の話ですが欧米では日々研究が進んでおり、須藤元気君が以前言っていたような理論ではないことが明らかになっています。その最新の実験には当のダライ・ラマ法王やリカール氏も関わっており、その最新の研究成果が上記に紹介している本には書かれています。須藤君は過去、自身のどれかの著作に「8Hzに意識を向けると語っておりましたが、それは過去の話です。以下の映像での話も古い見解です。なので、最新の瞑想研究の成果を知る上でも、以下の映像のどこが古い理論なのかを知るためにも、バシャール後援者,須藤元気後援者にもおすすめできます。この本の中には、さまざまなキーワードリンクが含まれているので、各自が気づいたキーワードに焦点を当てて探求すると新たな視点が生まれます。

一つキーワードを挙げておくと慈悲心の瞑想というもの。この瞑想法は、チベット仏教にもキリスト秘教『エソテリック・プラクティス』にもスマナサーラ長老のテーラワーダ仏教にも存在します。


そして、チベット仏教キリスト秘教の共通する瞑想法ですが、さまざまな方法を駆使した理論的な瞑想法であって、どれが共通するのか二つを読み比べてみると理解しやすいと思います。キリスト秘教の方にヒーリングという話が入っていますが、チベット仏教の方にもヒーリングというものがあり、同じようなものがあります。

チャクラエネルギー・センター」についても同様で、チャクラは確実に存在し、意識を集中すると反応をするものだとダライ・ラマは語っています。もちろん、ダスカロスも同様ですが急激な修行はNGと語っています

また、チベット仏教では如来キリスト秘教では大天使というように、自分たちが理解しやすい仕方で読むと仏教、キリスト教の探求者両者にも対立が生まれず好感が生まれると感じます。前々からリスペクトしている空海密教ですが、密教修行体系の一つ(奥義かな?)が日本には伝わってきていないので、その点でダライ・ラマ法王ダスカロスには、とっても価値あるものが含まれているように思います。

とは言え、チベット仏教の奥義キリスト秘教の奥義も何十年も修行をした人たちがやっとたどり着けるものだと思いますから、それ自体に価値を見い出す前に、今できる修行、日々の瞑想を続けることが大切だとは思います。ということです。

当たり前のことに感謝できるようになった時が
瞑想を始める好機かもしれません!


それでは最後にダライ・ラマ法王の輪廻についての公開しているお話を読んでおいて下さい。 もしかしたら、イギリス/フランス合作映画『リトル・ブッダのようなことになるかもしれませんね。
「チベット仏教文化の伝統に従えば、ダライ・ラマや高僧の転生者探しは、宗教関係の行事であり、政治とは何の関係もない。特に仏教の教えを否定している者にとっては、転生者探しに何の関係もなければ、それについて議論する権利もない。転生者探しは、職員や委員を選出したりすることと異なる。高僧の化身は、常に全ての生きとし生けるもののためになるように考えて生まれくるので、生まれる場所、父母と家系などが重要となる。これはチベット仏教文化の特徴である。

もし、チベットの人々がダライ・ラマの転生者が必要であるなら、私の転生者は、中国支配下のチベット国内ではなく、平和な世界のどこかの国に生まれると断言する。それは、前生がやり残した仕事を引継ぎ成就するために転生者は生まれ変わるとチベット人が信じているからである。前生がやり残した仕事を邪魔したり破壊したりするために生まれ変わる転生者はいない。もし、転生者がやり残した仕事を継承できない国に生まれたら、転生者として生まれ変わる意味がない。つまり、私の転生者を必要とするかどうかを最終判断する権利は、チベット国民にある」
リトル・ブッダ [DVD]
リトル・ブッダ [DVD] キアヌ・リーブス, ブリジット・フォンダ, クリス・アイザック, アレックス・ヴィーゼンダンガー, ベルナルド・ベルトルッチ

おすすめ平均
stars美しい映像
stars間違いなく名作
stars美しい映画です。
stars全てが好き
starsこの作品でチベット仏教を知りました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブン・イヤーズ・イン・チベット(Blu-ray)
セブン・イヤーズ・イン・チベット(Blu-ray)ブラッド・ピット, デヴィッド・シューリス, B・D・ウォン, マコ, ジャン=ジャック・アノー

おすすめ平均
stars鳥肌モノの映像美(ただし本編のみ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダライ・ラマの次の化身は欧米に現れるかもしれません。一番親近感を抱いているフランスに生まれる可能性もありますね。

【関連記事】
おフランスでは売れている<スピリチュアル本>
ダスカロスの<シンボル・オブ・ライフ>
最果ての光
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.05.13 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:インド チベット | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.02.12 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX