プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

ダスカロスの〈シンボル・オブ・ライフ〉
今回の情報もベテランの真理の探求者の皆さんにとっては何てことない情報ですので、読まないで下さい。ダスカロスを今年知った、先月知ったというようなビギナー向きの記事です。

ダスカロス著『シンボル・オブ・ライフ』を読んでいると、<シンボル・オブ・ライフ>はクリスチャン(キリスト教というわけじゃなく、イエス)の体系であって「ユダヤ・カバラー」と混同してはいけないよって書いてあります。

ダスカロスが解説しているのは純粋に「クリスチャン・カバラー」だということで(ダスカロスの会のサイトの、ここに書かれているね)。

ぼくは両方の体系の差異を比べたいと思って世界的カバラーの権威ゲルショム・ショーレムなどの著書も読んだりしています(それについては、こちらの記事)。「ユダヤ・カバラー」と「クリスチャン・カバラー」の差異に何かがあるのかも。師匠の話だと確実に差異があったと言ってたのですが音信不通なので知る事ができません。それをぼくも見つけないと気持ち悪くて眠れません(これは嘘)

あと<シンボル・オブ・ライフ>を活かすのに<真理の探求者たち>に必要なのは、3〜5年の年月を絶え間なく瞑想ビジュアリゼーションの修行に伴った天使的で強力なエレメンタル(活きたピュアなエレメンタル)を創りだすことも必要だと書いてあります。

あと<心の浄化>も必要だと書いてあるのは納得で。ぼくのようにエゴイズムが多かったり掲示板などで無駄話をしているぼくの同類のような人たちにとっても困難な道だという感じのことです。<沈黙は金>みたい… ベラベラとムダ話をしていてはいけないよ、ということなのだがこれは難しい…。ただ単に瞑想テクニックだけ上げても無意味というようなことが書かれていますね。

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術 「瞑想」については、日本や世界での医学界、意識科学界でも研究がされていて、ダライ・ラマやマチウ・リカール氏なども協力していて、ダスカロスの書いている「3〜5年」という年月も、かなり的を射ていることがぼく的に分かってきました。そのうち参考になる本を紹介したいと思っています。

いつになるか分からないですが、お楽しみに!!
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.04.20 Monday | Category[4]霊的偉人:ダスカロス | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2009/04/23 12:18 AM |
内緒さん、はじめまして。
お約束を破って返信コメントをしてしまいます。

「性」については、ぼくも以前は随分と葛藤があったり、それに負けそうな(ほとんど負けていた)時がありましたから内緒さんの気持ちは分かる気がします。

ダスカロスが「性」について著書のなかで書いている本は『エソテリック・プラクティス』のところに「性器の使い方」のような感じで書いています。その箇所を抜粋したことがありました。

http://teruterulog.jugem.jp/?eid=151#sequel

ダスカロスは「セックス」については同僚たちとの冗談話しの中で、こんな感じのことも言ったりしていたといいます。

「あまり頻繁にセックスしない方がいい。大きい間隔をとって、それをするなら、セックスは、さらに充実したものになる」って。とてもユーモア溢れるおっちゃんなんですが、これは「愛のヨガ」なんかに書いてあるものと同じようなものかもしれません。

スピリチュアル・セックスってのはスロー・セックスとかポリネシアン・セックスとかいうものじゃないかなって思っています。擦ったり、入れたりするようなセックスじゃない「プラトニック・セックス」っているんでしょうかね。

中道というか、性的なことはバランスを取ってお付き合いしていれば、いいのかなとぼくは思っています。潔癖になれば、逆に「性」についてのコダワリが残りますし、怠惰ではダメですから。

エレメンタル、恐れることはないと個人的には思います。
またお気軽にコメントどうぞ! こちらこそ、ありがとうございます。
| Teru Sunさん | 2009/04/23 12:56 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2009/04/23 8:11 AM |










AX