プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ダスカロスの思想 【プチ情報】
ダスカロスのことを詳しく知っているベテランの方たちは、すでにご存知のことかもしれませんが、当ブログは入門者向けなので、この記事はプチ情報です。

無料でダスカロスの生音声での講義MP3がダウンロードできます。
こちらから↓↓
1992年3月24日ストア・レッスン

ダスカロスの思想は、古代エジプトと関わりがあるので、キリストの教えを古代エジプトでの一神教まで溯り、さらにユダヤ教などを源泉としている印象です。著書『Joshua Immanuel the Christ』のなかで、そのようなことが書かれており『ゾーハル』や「シェキナー」についても述べています。アラム語が読めるダスカロスなので『ゾーハル』は読めたんでしょうね。

ハシディズム (みすずライブラリー)キリスト教に属している人でもユダヤ教は、仏教でいえば原始仏教と同じように「源泉」とみられることがあり、リベラルなクリスチャンは、ユダヤのハシディームやカバラーなどの指導者、神秘家たちの著作や言葉を参考にしたりもしています。とても有名なのがイスラエル・ベン・エリエゼルという中世ハシディズムの創始者です。この人は、ヒーリングができることは当たり前のような、そんな指導者だったようです。彼のことを書いた「Baal Shem Tov」は、欧米では必読書のようです。

ユダヤ哲学―聖書時代からフランツ・ローゼンツヴァイクに至る またユダヤ思想のことを知るためには、その道の専門家たちの著作も参考になると思います。イスラエル生まれではなくディアスポラ(離散)の学者や哲学者たちですが、その代表がゲルショム・ショーレムマルティン・ブーバーフランツ・ローゼンツヴァイクなどです。

ダスカロスの流れで、ぼくは彼らのことを知り素晴らしいと感じました。なので、ヘブライズムを貶めるようなことが書かれていた本には辛口でレビューもしました。恐らく、これらの本を著者がちゃんと読んで消化していれば、ああいったことは書けないだろうと。

イスラエルの思索家や神秘家(指導者)たちの言葉や理論体系は秘匿性が強く、なかなか情報が外にでてきませんから、この3人辺りくらいしか日本では読めないと思います。本当に情報が少ないのがユダヤ教ですね。
ユダヤ教とカバラーを知る上で、このお二方を外してはなりません。更に言うと、ゲルショム・ショーレムは20世紀カバラー学者の草分け的な人であるので、この人を外してカバラーを語ることなど出来ません。この人の話を知らないでカバラーを語る人はインチキだと思っておいて間違いはありません。
書名 著者
ユダヤ神秘主義―その主潮流 ゲルショム・ショーレム
錬金術とカバラ
カバラとその象徴的表現
ハシディズム マルティン・ブーバー

プチ情報にしては情報詰めこみ過ぎたかもしれませんが、こんな感じです。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.03.19 Thursday | Category[4]霊的偉人:ダスカロス | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX