プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアリティの真実
スピリチュアリティの真実平日は読書時間がなく週に4冊位しか読めません。なので、あまり無駄な時間を使いたくはないですが、とあるブログで紹介されていた2冊の本の内の1冊、本山博『スピリチュアリティの真実』(PHP研究所)を試しに読んでみました(もう片方は既読でした)。

ぼくは、読書スピードが早くはないのですが通勤帰宅の2時間で読み終えました。そのくらいのボリュームです。ある哲学博士は日に4冊以上、生涯2千冊以上読んだと言いますし、手塚治虫さんは斜め読み(速読)できたらしいですから、そんな人間になってみたいですが(笑)。

それで本題の内容はと言いますと… なるほど「我(著者の思想的な押し付け、エゴイズム)」を感じさせることがないスマートな文章で綴られていて、とてもスッキリとした読後感でした。ぼくは、何でもかんでも批判しているわけではないのですが「ヘヨカ」も発動することなく読み終えることができたので、確かに善い内容だと感じます。ただ…。


僕自身、今までかなりの本を読んできたので霊的な世界観の整合性が取れている内容だと思うことが多くありました。本山先生は、ユダヤ教、キリスト教、イスラーム、ヒンドゥー、仏教、密教、禅、神道、科学のことにも深い洞察を持っている先生のようです。

だからこそ、初心者向けの本なのかもしれませんが、この本を読んだ後で「チャクラ」とかはあまり意識しない方が良いと付け加えておきます。初心者がヨガとかでチャクラとか意識し始めて行うと意外とバランス崩します(笑)。ダスカロスも東洋的なクンダリニー系のヨガは危険なので薦めていなかったと思います。 瞑想でチャクラを意識したものはヤバイことを身を持って体験したのでぼくもお薦めしません。今一番、安全な方法は、彼の瞑想法じゃないかと感じています。

話は個人的なものだけれど、本山先生のいうカラーナのオーラというものを荒川靜さんが認識しているような気がしてならない。あの人は、「そんなの関係ないですよ〜」とか良いそうだけど、彼女の言うオーラの色で最高段階の色の表現が本山先生と同じ見解というのが(表現方法が違うけれど)驚きました。いや、「確かに!」の人だけどね(笑)。それにあまり褒めすぎると「何褒めているんじゃい!」とか横槍君が出てくるかもしれないし。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.03.13 Friday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX