プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〈ダスカロス〉と〈コスタス〉

『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』と出合ってから2年間と少し、ダスカロスとコスタスなど様々な話を調べてみました。これは個人的に調べたことです。すべて情報元(関係者、非関係者など)がありますが、それら個人については書いていません。


  ダスカロスは生涯、キプロス正教会とは違う道を歩んでいたので、正教会からの中傷は頻繁に起こっていたそうです。埋葬地なども、やっとのことで許可が下りたくらい、生前も死後も正教会側はダスカロスを拒んでいたんですね。ただ、やっぱり基本の正教会の聖書は読んでいたでしょうね。

 それとは逆にコスタス(キキス・クリストフィデス氏)の方は正教会を重要視しています。そのことはメッセンジャーで書かれているのを読めば分かりますね。ですが、実際にクリストフィデス氏はメッセンジャーで語られていることを「全く知らない、そんな話をしたことはない」と言うそうです。さて、これがダスカロスが遺したというメッセージ「事実に基づかない本」ということでしょうね。

 ダスカロスは、マルキデス氏を非難しているわけではなく「イマジネーション‐ライティング(創作)されたものはルポルタージュとは言えない、ルポは全てが事実に基づいたものでなければならない」 と言っているんだと僕は捉えています。

 取材を承諾したのは過去世の縁だけといわれているけれど、それとは別に事実だけを書くことだったのではないか、そして出版されたものをダスカロスが読んだ時「馬鹿な… 私はこんなことを言ったことはない…」と愕然と共に残念な気持ちになったのだと感じます。その後に自著を5冊遺したのも、マルキデス氏の創作をできるだけ避けることを目的としているものだと感じます。あのまま何も遺さなかったら創作が一人歩きし「聖書」のようなものになってしまったんだろうと。

 ダスカロスは、「ジョシュア・イマヌエル・ザ・キリスト」のなかで「聖書には故意か誤ってかイマジネーション‐ライティングされた数多くのものがある。これは、とても害悪なものです」というようなことを書いています。

 それとは違いますが、マルキデス氏とは袂を別つ必要があったのだろうなぁ… と。マルキデス氏とクリストフィデス氏は年齢も近く親しい仲であったので、マルキデス氏は、その創作の源泉をクリストフィデス氏にも密かに求めたのかもしれません。ただ、上に書いたとおりクリストフィデス氏も「(メッセンジャーのなかで語られている話)そんな話をしたこともないし、知らない」と話していたと直接会った人が話していてダスカロスと同じ見解… マルキデス氏は何を基に創作したんでしょうか?

 たとえば、「預言なんてものはない」とメッセンジャーのなかでダスカロスに語らせていますが、ユダヤ教、キリスト教、イスラームの源泉になっている「旧約聖書」は預言者によって成り立っているので、彼がそんなことを言うはずがないと。もし彼が「預言なんてない」と言っているとしたら、彼のレベルを貶めることにもなっちゃう…。

 ちなみに僕も前は、マルキデス氏の書いたもの全てを素直に受け入れていましたが、日本の預言者とか出口ナオの存在とか知ると彼女も一種の預言者だったし、預言(お告げ)はあるなと思うんですね。

 そして、クリストフィデス氏は「私の前でダスカロスの話をするならば出て行ってください!」と言うそうです。あまり仲が良くなかったのは、正教会を重んじるクリストフィデス氏、正教会とは違った教えを話すダスカロスとの間に何らかの思想の食い違いが生じていたということでしょうか。

 ただ、ダスカロスは2つのグループが1つになることを一番望んでいたそうです。マルキデス氏らの「エレヴナ」とパナヨッタさんらのグループが仲良くしてくれれば嬉しいのですが。思想の食い違いは、なかなか難しそうですね。

 わかっていることは、ダスカロスは正統派の正教会とは異なった見解を持っているマイスター・エックハルトのように教会からは〈異端〉のように扱われてしまった。クリストフィデス氏は正統派からは外れない。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.02.10 Tuesday | Category[4]霊的偉人:ダスカロス | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX