プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

【2012年アセンションの真相】 これが答えです!
 すっごいセンスのいい風刺を北山さんが記事にされていたので、それを紹介しますね。その前に僕の言葉で「アセンション」の種明かしです。

 「2012年」「アセンション」の真相は僕のなかでは分かりきったことだったんですけど、それを「攻殻機動隊 S.A.C.」の中で使われている言葉を借りて説明すると「2012年アセンション」やら「UFO出現」というのは、「スタンド・アローン・コンプレックス」だということが答えなんです。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX DVD-BOX (初回限定生産) スタンド・アローン・コンプレックス

 「笑い男事件」における一連の社会現象に対して、草薙素子が名付けた造語。作中における電脳技術という新たな情報ネットワークにより、独立した個人が、結果的に集団的総意に基づく行動を見せる社会現象を言う。孤立した個人(スタンドアローン)でありながらも全体として集団的な行動(コンプレックス)をとることからこう呼ばれる。これは個人が電脳を介してネットを通じ不特定多数と情報を共有することにより、無意識下で意識が並列化されながらゆるやかな全体の総意を形成し、またその全体の総意が個人を規定するために発生するという、高度ネットワーク社会が舞台であるが故に起こり得る現象である。

 時にはある事件において実質的な真犯人が存在しない状態が、全体の総意において架空の犯人像を生み出し、その架空の犯人像の模倣者(模倣犯)がその総意を強化・達成するような行動を見せるという独特の社会現象が起こる。

Wikipediaより抜粋 

 もう誰が主犯格だか検討がつかない位、無意識化で個々のチャネラーやらスピリチュアルリーダーやらがザワザワと騒ぎ出しているのが現在の状態。

 今「2012年アセンション」と言わない霊能者が簡単な本物の証しの一つです。江原啓之さん、美輪明宏さんなど一言も仰っていない。まずはクリアです。皆さんの周りにスタンド・アローン・コンプレックスになっている霊能者はおりませんか?

北山さんのブログでの「アセンション」種明かし!
 これは正にその通りだそうです。カレンダーの12月31日の次は何日でしょうか? 次のカレンダーは同じなのですが、それを作る手間がなかったんですね。

 マヤ族曰く「同じだからいいんじゃね!?」みたいな(笑)。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.01.22 Thursday | Category[2]スピリチュアル:アセンション | comments(10)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルさん

ご無沙汰しております。
今年も宜しくお願い致します。

リンク先の北山さんのブログ見ました。
面白い!
アセンションについては、その通りだと思います。

アセンションの話、どんどんと、
とんでもない尾ひれ話がついているようですね。
困ったもんです。

これからも楽しい記事のアップ宜しくお願い致します。
読むのを楽しみにしております。

それではまた
| パオパオさん | 2009/01/22 1:10 PM |
パオパオさん、こんばんは!

北山さんの著書やブログは、頻繁にではなくチェックしているのですが
昨日はちょうど書こうと思っていた記事と同じ内容で、
さらにセンスの良い風刺漫画が載せられていたのでグッときました(笑)。

マヤ族も、まさかこんな話になるとは思ってもみなかったでしょうね。
ただ、古代南米インディオたちの天文暦は、かなりのものだったようで
その研究を真摯にされている研究者たちに迷惑がかかってはいけません。

なので、マヤ暦は凄いと思ってま〜す!
| Teru Sunさん | 2009/01/23 10:12 PM |
Teru sun

はじめまして。
アセンション絡みの検索をしていてこちらのブログへたどり着きました。

私はスピリチュアルという言葉は知っていましたが、その世界観については
まったく興味のない人間でした。
「それなのに何故?」とお思いでしょう。
実は、個人的な話で大変申し訳ないのですが、アドバイスをいただけたら…
と思い、図々しくもコメント欄を使わせさている次第なのです。

義妹がスピリチュアル系の高額なスクールにはまり、私や周りの人達が混乱しています。
個人の思想信条の自由はありますので、最初の頃は「何やってんだかな〜」くらいにしか思いませんでした。また、本人もそのことについて口を閉ざしていました。
犖を閉ざしていた爐海箸飽穗卒兇魎兇犬討い泙靴拭
違和感を感じながら追求しなかった私もいけなかったと思います。
ごめんなさい、私の反省はここで必要ないですね。

ここ一ヶ月の出来事なのですが、家族間で別の問題が持ち上がり、色々と話合いをしていた時に「???」という単語が彼女の口から飛び出してきました。
冒頭のアセンションに始まり、ワンネス、エーテル体、アカシック・レコード、細胞クリーニング、チャクラ、慈悲ある無関心…等々。
そこで初めて「何やってんだ!!」と気がつきました。
スクールに関してはカマをかけて名前を聞き出し、そこから検索して内容をみると
ただのカモにされているとしか思えず、かといってどのように対応するのが良いのかも皆目検討がつかず、ただ、彼女が発した言葉を一つ一つ調べていたらTeru sunの
ブログにたどり着いたのです。

全てではありませんが、カテゴリーは大体拝見いたしました。
私にはよく分からないお話もありましたが、大いにうなずけるお話もあって、時間を置いて考えた末、厚かましくもメール致しました。
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
また、初めてなのに長々と書き込んでしまったこともお詫びいたします。
| miyanさん | 2009/03/20 8:36 AM |
はじめまして、miyanさん。
メッセージ拝見しました。

この問題は、とても厄介な話だと思います。
一度そちらに深く傾倒してしまうと、その人にはその世界が真実になりますから根気良く、一つ一つの話を優しく論駁(ろんばく)してゆく必要があると思います。

なので、miyanさんたちが、それらの話に対抗できるハッキリとした知識を持って義妹さんにあたるのが良いかもしれません。オウム真理教の洗脳された人たちを改心させたのは、そのようなテクニカルで豊富な知識を持った神父たちだったといいます。理性的で論理的な話をしてあたることが最良かもしれません。

宗教組織(カルト)からの改心は、他の良心的、倫理的な宗教組織へと移らせることですが。そういった方向だとしたら、新しい世界観に分があることを知らしめる必要もあります。

「細胞クリーニング」=「ヒーリング」だと思いますが。「ヒーリングや教えは無償で行わなければならない」というような高い志の師への誘導。そういう方法でならば、私のブログは少しは効果があるかもしれません。

ブログの運営自体が、そのようなカルト化した人間を良心的、倫理的なものへと改心させられればと思い運営しています。どれだけ効果があるかわかりませんが。私は、その一つ一つにつながる本の紹介や知識の紹介しかできないかもしれません。
| Teru Sunさん | 2009/03/20 9:52 PM |
Teru sun

ご丁寧なアドバイスありがとうございます。
大変、勇気づけられました。

おっしゃるように、はっきりとした知識を得て、根気よく一つ一つときほぐして、理性的で論理的な話をしていくことが、今できる最良のことですね。
焦らず、根気よく真摯に義妹に向き合おうと思います。
幸いにも家族、周りの友人達も彼女のことを心から心配してくれて、皆が支えになってくれます。
時間はかかると思いますが、Teru sunのアドバイスを参考に皆て゛協力しながら希望をもって対処して行きますね。

私はややもすると独断専行的なきらいがあり、すぐヒートアップしてしまうので、
常日ごろから自分に「人の話はちゃんと聞け!!落ち着いて考えろ!!」といましめてはいるのですが…
ヒートアップしそうになったらTeru sunを思い出すようにします。

こちらのブログにたどり着く事ができて幸いでした。
見ず知らずの人間の相談にのって下さって、本当にありがとうございました。

それから、ダスカロスの「メッセンジャー」は内容に興味があるので読んでみようと
思います。
今度はダスカロス話でお邪魔させてください。
では、また。
| miyanさん | 2009/03/21 6:01 AM |
miyanさん、こんにちは。

ダスカロスを紹介した「メッセンジャー」もキリアコス・マルキデス教授のフィルターを通して書かれたものなので、すべてがお薦めできるわけではありませんが、スティリアノス・アテシュリスという人間の人柄が上手く描かれていると感じました。人柄を伝える貴重な本です。
| Teru Sunさん | 2009/03/22 5:31 PM |
初めまして。
マヤ暦の話は全くそのとおりだと思います。

ただ2006年頃から、私も含めて不思議体験をしたひとが多いです。ヒーラーとかも増えてきたし。これがあるので、宇宙のスケジュール的なものを感じています。
だから、地球崩壊とかではなく、何かしらの変革という意味でのアセンションはあると思わずにはいられません。(というか、その真っ最中)

| sibさん | 2009/06/21 8:30 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2009/07/18 1:28 AM |
Teruさま
 江原啓之さんの著書によるとイギリスにはヒーラーだけでも1万人近くいるようですね。イギリスでは心霊治療家連盟まであり、その治療には医療保険も適応になる。私も看護師をしながらヒーラーの勉強を今月から始めようと思いますが、ちなみに私は精神病院で仕事をしています。同僚の看護師で霊を霊視できる方もいますが、統合失調症ではない。そのことだけでも霊的な能力は特別なものでもないし、身近なものだといえる。私はシルバーバーチを尊敬しているが、ダスカロスだけではなく無名でも素敵なヒーラーさんや霊能者は大勢いると確信しています。自分の感性で好きな霊能者を決めればればいいだけの話だと思いますが、あなたはダスカロスへの思い入れが強いんですね。
| kitaさん | 2009/10/06 11:21 PM |
To kitaさま

はじめまして。

まず最初にkitaさまの仰っているイングランドにはヒーラー連盟による医師とヒーラーとのシッカリとした取決めがあります。日本は法整備に不備があり安全なヒーラーを選ぶことが出来ません。とても危険な状態です。と江原啓之先生が仰っています。

ttp://teruterulog.jugem.jp/?cid=60

イギリスの著名なヒーラーであるハリー・エドワーズの母方の家系には霊能者がいたといいますし、江原啓之先生の母方も霊能者で、木村藤子さんの母方も霊能者の家系ですから、ヒーラーや霊能者はそういう家系であると、とてもいいみたいです。

霊視できる人と統合失調症患者さんは別物です。ですが、統合失調症のチャネラーと霊能のチャネラーの見分けは付きづらいもので、とても曖昧なものです。霊能力が出始めた人は最初は統合失調症になってしまったのかと疑心暗鬼になることもあるそうです。

そう、kitaさんの仰る通り霊能力は身近なものですね。先日の記事で書きましたが、私も家でいろいろなことが起きましたからわかりますよ(^-^) こちらの記事で書きました。
ttp://teruterulog.jugem.jp/?eid=659

無名でも素晴らしいヒーラーは沢山いることでしょうね。私が知らないヒーラーは世界にごまんといることでしょう。それは当然ですよね。そう、自分の好きな霊能者を決めれば良いわけです。

kitaさまの捉え方、いつも私はブログで誤解をされることが多々ありますが、それは仕方ないのでkitaさまの見方を変えようとは思いませんから「ダスカロスの思い入れが強い」と、とってもらっても構いません。しかし、私の記事を全部読んでいないkitaさまは私を理解しているとはいえません。私自身、自分を100%理解できないのに、他人が私を判断などできるはずがないからです。

ブログ読者が私を判断する時に「あなたはダスカロスへの思い入れが強い」という方と「いいヒーラーを紹介してくれてありがとう!」という二通りの方たちがいます。kitaさんは前者であっただけですね。

全世界の有能なヒーラーを全て紹介できないので、ハリー・エドワーズ『霊的治療の解明』とダスカロスを紹介した『メッセンジャー』を紹介することにしています。これは変らないブログの運営方針です。誰が何と言おうと、これは変えません。申し訳ないですが。
それと、これは確認事項ですが、コメント欄で見ず知らずの相手に対してあなた呼ばわりするのは始めてのコメントでは失礼に当たるのではないでしょうか? kitaさまは私と面識がありますか。どこかでお会いしたことあります?
| Teru Sunさん | 2009/10/06 11:57 PM |










AX