プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアル哲学入門

消化不良の内容, 2009/3/7
By Teru Sun (神奈川県) - レビューをすべて見る
本書は著者が自らの哲学や思想を登場人物アゼル、不思議な存在アカーシャガルバに語らせ読者を慶子という日本人女性に設定し読み聞かせるような形で構成される対話形式の内容です。

しかし、少々問題点もあり例としてこの部分を挙げさせて頂きます。
――――
 「絶対神が世界を創造した、というモデルでもいいわけだよね」

 「ええ。前に述べたように、そのイメージは宇宙根源の持つ『神聖な意志』を強調するという意義を持っています。ただ、このイメージに固執するあまり、創造神というものを創造された世界からまったく別個のものとして切り離して考えてしまうと、いささか行きすぎになります。

西洋の、ヘブライズム的な哲学には、こういう行きすぎがありました。それはまた別のモデルによって補わないといけません。世界を宇宙根源としての『一』が自己限定し、自己の内部に世界を『分解』することによって成り立つというイメージも、人類哲学の重要な遺産です」

P159
――――
上記に抜粋した部分は著者が"ヘブライズム的な哲学"をどのような思惑があってネガティブに印象つけようとしているのか判断しかねますが浅薄な気が致します。一般にユダヤ教,キリスト教の思想を併せて"ヘブライズム"といいます。抜粋部「別のモデルによって補わないといけません」と教師役に語らせていまが著者が伝えたい事はヘレニズムとの習合ですから意味は通ります。しかし、学究不足から来るミスが感じられます。

文面では補う候補としてヘレニズムの思想家プロティノス『一者 = ト・ヘン』の思想が語られています。初学者が読めば何も知りませんからそのまま理解するでしょう。しかし、ヘブライズムの思想家が既にそのような補いを試 みている事に触れておりません。「補う = 習合」は〈ヘブライズムのフィロン〉が試みております。彼はプラトン思想をユダヤ哲学に融合させ『世界の創造』を遺し、初期キリスト教や教父たち、アレクサンドリア学派、等に影響を与えもしております。プロティノスより以前にヘレニズムとヘブライズムの思想習合は試みられております。

本書は著者がプロティノスに偏向し過ぎた傾向がありヘブライズムに対し狭量な説明をしているように思います。ユダヤ教はユダヤ哲学と切っても切れない関係にあり「教え = 哲学」にあたるものなので、その部分は寛容に考える必要があります。

私は特に永遠哲学から見て「こういう行きすぎがありました。それはまた別のモデルによって補わないといけません」といった偏向的思想を与える著者のスタンスを危惧しております。初学者への思想の誤解にも繋がります。スピリチュアルと謳い広範な思想・哲学を扱う限りは慎重かつ柔軟な発言を望みますし永遠哲学を書く場合でも論点が微妙な情報を載せるべきではないと思います。

永遠哲学を扱うには著者の専攻分野を大きく越えていますし「ユダヤ学」等の学びも乏しい様に感じヘブライズムを比較思想対象とするには問題があります。購入を検討される方はその点はお気をつけ下さい。モラルとして残念な事に著者がカスタマーと名乗りレビューで自画自賛をされています。
――――
以下、レビューを書く上で参考としました。
『世界の創造 (ユダヤ古典叢書)』
『アレクサンドリアのフィロン入門』
『アレクサンドリアのフィロン―著作・思想・生涯』
『ユダヤ哲学―聖書時代からフランツ・ローゼンツヴァイクに至る』
『古代哲学史―タレスからアウグスティヌスまで』
●『ヘブライズムという指標』寺尾 寿芳
 http://ci.nii.ac.jp/naid/40005692871/
●『二世界論の祖型を求めて』柴田 有
 http://wwwsoc.nii.ac.jp/gps/Ronshu/2008_5.pdf
●『「コスモス・ノエートス」をめぐって:フィロンとプロティノス』田子 多津子
 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003739338/
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.03.08 Sunday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | -

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

AX