プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第2の江原を探せ! 【書評】
第2の江原を探せ!
「第2の江原を探せ!」より抜粋

本書は、ジャーナリストがチームを組み、日本ではじめて、スピリチュアルの世界および霊能者を、事実にもとづいて論理的に検証した記録である。
 《中略》
ジャーナリストは、普段、ノンフィクションの分野で取材、執筆しており、常に事実関係の正確さで勝負している。
 《中略》
スピルチュアルに懐疑的な眼を持つ習性があるジャーナリストだ。

MyNewsJapan『スピリチュアル検証』
4つ星とても冷静な検証、☆5の能力者に会ってみました, 2009/2/15
By Teru Sun (神奈川県) - レビューをすべて見る
過去、英国には科学者や知識人などで構成されたオカルト、心霊現象を徹底的に検証している有名なSPRが存在していましたが本書のジャーナリスト5名の検証チームはそれに近い事を模索的に行っているような雰囲気を感じました。

内容は、肯定的にも否定的にも捉えた鋭い論理的な指摘が読んでいる読者に柔軟性と共に公正な判断を与えてくれるようです。「第2の江原を探せ!」というタイトルがつけられていますが江原氏に関連のある能力者へも公正な判断で評価が下されていましたので、筋が通っていると感じました。

米国などでもサイキックな力を検証する際に使われる偽物の利用する手段「コールドリーディング」などにも通暁したジャーナリストたちなので一般人では及ばない理性を使った検証にも納得でした。サイキックな能力を持った「本物」「偽物」がいますので、こういった軽く読める本がもっと普及してくれればと思います。

逆に本書のマイナス点は☆5つと評価された能力者が「青山のA氏」しかいなかった所です。これは再考の余地があり何か思惑があるのかもしれません。


そういう意味も込めて私は実際に本書で☆5つの評価を得ていた青山のA氏のカウンセリングを実際に受けてみました。私が受けてみた感想は、正直「驚きました」。目に見えない存在などの話は理論を欠く問題なのでそれを抜きに話をすると。

身体的問題を質問してみました。A氏は服の上から視て「おかしいなぁ…左肩の関節のつき方が違うんだけど」と指摘されました。子供の頃に左肩を骨折し自然治癒させたことを失念していたのをセッションが終わってから思い出しました。革製の厚いジャケットを着ていたので見た目ではわかりません。「眼や喉、呼吸器官が若干弱いですね」など、これも通常の人よりも私は弱い人間なので身体的問題で見当違いなことは指摘されませんでした。

精神的な面では核心的な事を指摘される感じで、これは相談者しか分からない事なので論理的とはいえませんが何らかの能力がある方なのだと感じました。

セッションを受けて当時は思い当たらない事を言われていた点があり「当たっていないな」と思っていた事が約1年後に或る出来事が起こり驚きましたので感情だけでなく近未来に起こる問題なども視える人なのだと判りました。
▼類魂から性格をズバリ
【青山のAさん】
(40代女性 料金40分 12600円・予約困難度=高)

※ ブログ管理者からの補足説明。

本書のデータは2007年のもの、現在は青山にはいない。検証チームは「類魂」と、あくまで江原スピリチュアリズムの枠内で本書を構成しているが「青山のAさん」はスピリチュアリズムを全く知らないという。

5人全員が不思議な能力を認めざるをえなかった、青山のAさん。現世への派遣元である、同じ性質を持った「魂のグループ」をみることで、瞬時に相談者の本質を見通し、自身の守護霊(Aさんは「ガイド」と呼ぶ)とともに、的確なアドバイスを繰り出す。常に結果を残すプロである。

評価根拠
○:相性と関係なく、5人全員に対して一定の超人的な成果を出した
○:名前と生年月日以外の事前情報をいっさいとらずにセッションを始めた
○:心の奥底を見透かされた感覚を5人とも持った
○:Aさんのガイドが発するというアドバイスもズバリ的確なものばかり
○:相談者の性格について見当違いの指摘がひとつもなかった
ホンモノ度評価★★★★★

『第2の江原を探せ!』より

ブログを使って懐疑的な記事を今まで書いてきたF氏。スピリチュアル界ではF氏がご意見番のようなイメージになっているようだけれど、これはどうなのだろうか…。
F氏について書いた今までの個人的見解記事
〈聖者〉〈宇宙人〉〈チャネラー〉の正体
スピリチュアル界の〈腐れ縁〉
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.12.27 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
あー、ありがとうございますー。^^

青山の人の情報をらるーさんのサイトから見つけようとしたら、HPが検索不可になってました。

じつは、いろいろモヤモヤしている部分があったのですが、てるさんからそういう話を頂いたのも、何かのメッセージだろうと思っています。調べて、そのうちお伺いしようと思っておりまーす。(今、お金があまりないんです。いつもですけど…。><)

k氏のカウンセリングで、大体の路線はわかったので、あとは自分で伸ばしてゆくだけだなとは思っていますけど、Aさんのプロフィールが気になるんですよね。ご主人の事とか…。今の仕事に就いたのも、実はさる本に出ていた精霊思想の話も一部影響していると思っていますので。

チャンスがあったら、妻と一緒に行ってみますねー。今日の縁に、感謝です。ではー。^^
| 整体Cさん | 2008/12/28 1:29 AM |
整体Cさん

メールしますね。詳しくはそちらで。
| Teru Sunさん | 2008/12/28 7:29 PM |
輝さん、おかげで道をはずれず、地道にスピリチュアルのお勉強に入ることになり、感謝しています。

ダスカロスは、とっても難しいです(笑)。

しかしなんですね、、
船井氏はもう10年以上前、とってもハマって本をたくさん読みました。
本棚にもたくさんあります。

でも、カルトのことになると、私的にはそういう体験が全くない頃でしたから
理解しようとも思わず、

へぇ〜どまりでした。

それから、須藤元気は、彼の感性っていうのが
格闘技の解説を少し聞いていたとき、すぐにわかり、
大好きになっていたんですが(一目惚れというより、一聴惚れ?)。
まさか
宗教にお入りとはね。

宗教は私は実家が仏教ですが、そんなに深い信仰などなくきたので、
まったくの無しみたいなものです。。
ので

ほんと
よくワカリマセン。

いろんなことを知れて、驚きますね。

でも美輪さんは大好きでしたので、
良かった。。

青山のAさんが書いてあるサイトが分かりませんで 、

この本には書いてあるのでしょうか?

是非今年は予約して、セッションを受けてみようと思います。

| ラベンダーさん | 2009/01/04 10:35 PM |
ラベンダーさん

どうも、ラベンダーさん。
“青山のAさん”については、この記事のリンク先ブログで
そのものズバリで紹介している方がいますから、探してみてください。
ぼくの口から、というかブログから直リンクはしないつもりです。
| Teru Sunさん | 2009/01/05 11:19 PM |










AX