プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
権威付けするスピリチュアル作家
これはスピリチュアル作家や著者が、己に権威付けする為に行う常套(じょうとう)手段なので、覚えておくと意外と役に立ちます。このテクニックで書かれたものが、ほとんど世間一般のものに含まれています。

解脱の真理以前の僕の中では、とても良いものだと思ってスキャナーで表紙まで撮影して一時期ハマッていたマクドナルド・ベイン(Murdo MacDonald‐Bayne)『解脱の真理』『キリストのヨーガ』スポルディング(Baird T. Spalding)『ヒマラヤ聖者の生活探究』です。書いてあることは悪くはありません。けれど、オリジナルのインドやチベットなどの教えに触れていると、チベット仏教の教えが書いてあるね… あとシッディも。それで?となります。

この著者の行った権威付けを説明します。
・聖者や大師がたと呼ばれる人物との邂逅(かいこう)
マクドナルド・ベインの場合は、シュリ・ラマナやチベットの大師
・大師がたに自分が認められたことの叙述
・己も大師たちの行う業(わざ)を習得したと叙述
・キリストや大師がたの霊(Spirit)との対話
ざっと挙げれば、このような権威付けを行います。これを読者は、そのまま受け取れば、彼の思惑にハマリ、当時の人間であれば、彼に逢いに行きたくなるでしょう。また、スポルディングの著作については、ヒマラヤ渡航前に書かれたものという話もあります。ワンネス運動と癒着中の船井幸雄さんが、この本をオススメしているので一応。スピリチュアル・フィクションです親分! てやんでぇい、バァロォ畜生め!

一応、上記の書籍を無料で読めるサイトさまがありますので紹介もしておきますね。去年の12月に紹介したサイトさまです。
文学にみる真理
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.11.10 Monday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルテルさん、はじめまして。

他力本願無為徒食と申します。
実は最近『ヒマラヤ聖者の生活探究』に興味を持ち、
Yahoo!オークションで箱入り全五巻を落札し、つい昨日
郵便局から代金の10700円を振り込み、さらについ先ほど
ネットの中古書店で「解脱の真理-ヒマラヤ大師の教え」を
注文したばかりなのです。

自分としてはかなり高価な買い物なので結構迷ったのですが、
絶版本なのでチャンスがあるうちに手に入れなければという焦りや、
「おそらく本著は本が読者を選ぶ本とも言えるが、
この本に出会えた人は、扉の目の前まで来ている証しかもしれない」などの
選民意識をくすぐられるようなレビューにも刺激され、
とうとう清水の舞台から飛び降りるような気持ちで
ついポチってしまったというわけなのです。

特に『ヒマラヤ聖者の生活探究』の方は、
かの悪名高い船井幸雄氏が推薦しておられるということから
以前から一応敬遠はしてはいたのですが、
今日初めてこちらのサイトに辿り着き、
「また、スポルディング の著作は、
ヒマラヤ渡航前に書かれたものだという話もあります」
という一文でとどめを刺され、
振り込み直後の自分としては正直なところ
もう涙目状態です (´;ω;`)ウッ…

最終的には自分で読んでみて判断し、不要だと思えば
またオークションで売りに出せばいいだけの話なのですが、
もしも『ヒマラヤ聖者の生活探究』が
ヒマラヤ渡航前に書かれたものだという話が本当なのでしたら
わざわざ読む時間や労力すら惜しいと思いますので、
もしも可能でしたら、この説の出典などを教えていただけないでしょうか。
ご多忙な中、1年以上前に書かれた文章へのコメントなど
煩わしい限りとは思いますが、ぜひよろしくお願いします。
ありがとうございました。
| 他力本願無為徒食さん | 2010/02/24 6:44 AM |
他力本願無為徒食さま、はじめまして。
ずいぶん前に探究の途上で書いた記事なので荒削りではありますが、かなりの点を失念してしまい申し訳ないと思いながら返信致します。わかる範囲ですが…。

著者の英語名を頼りに海外のサイトからの情報で検索をかけて、いろいろな感想や裏取り情報を調べてた時に、そういった話を知りました。なので、その情報自体が一次資料か二次資料かわかりませんので「だという話もあります」と書いておきました。

せっかくご購入されたのですから、読んでいろいろ検討して楽しまれることが良いと思います。とにかく貴重な絶版中のものですし面白い本ではあります(^-^)

| Teru Sunさん | 2010/02/24 4:25 PM |
テルテルさま、こんにちは。

このたびはご多忙の中、
私の質問に早速のご返答を下さり、
本当にありがとうございました。
私は英語がだめなのですが、
やはりネットでも英語で情報が収集できると便利ですね。
『ヒマラヤ聖者の生活探究』の方は今日受け取る予定ですので、
とりあえず自分で読んでみて真贋の判断をしてみようと思います。
しかし何事も盲信や盲従するのは非常に危険ですから、
『ヒマラヤ聖者の生活探究』を手にする直前に
テルテルさまのサイトを通して
本書がスピリチュアル・フィクションである
可能性もあるというお話を知り得たことにも
何か重要な意味があったのだと思います。
それではいつになるかは分りませんが、
読後の感想などもご報告させていただきたいと思います。
テルテルさまのますますのご健勝とご活躍をお祈り致します。
このたびは本当にありがとうございました。

他力本願無為徒食
| 他力本願無為徒食さん | 2010/02/25 5:49 AM |










AX