プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本人特有の〈スピリチュアル否定者〉たちへ
今現在の日本人は、とても残念なことに明治期に入ってきた欧米の無神論を前提にした「科学」を金科玉条のもの、権威あるものとして跪(ひざまず)いたため、神や宇宙の理念といったことを一切考えないことが「学問的である」と思い込んでしまい、ある意味で完全に無神論を前提とした「科学万能主義」に洗脳されてしまったといえます。

ところが、この考え方を“輸出”した欧米側の事情は全然違っていました。彼らの国はキリスト教の国が大半ですから、日常生活では神のことを思って暮らしていたのです。科学の最先端で活躍したアインシュタインですら「神はサイコロを振らない」と言ったほどです。

さらに、「生まれる前」のことについてキリスト教の初代教父オリゲネス(西暦約185〜254年)は、プラトン同様の「魂の先住」という人間存在の在り方を民衆に語りかけていました。ちなみにオリゲネス関連書籍(絶版が多いが、こういうスピ本が大切なのだが…)。

しかし、これは危険な思想だということで、当時のローマ教会は「魂の先住」も「生まれ変わり」も異端思想と決め付けました。そして6世紀頃には、キリスト教世界から初代教父オリゲネスの思想を抹殺してしまったのです。

古代マヤ暦の暗号―あなたの運命の刻印を読み解くこのような「生まれ変わりが存在しない」という思想が「文明開化」の名のもと、明治期の「欧米に追いつけ、追い越せ」という政策とともに日本の国に入ってきたのです。

このような事実をあなたはご存知でしたでしょうか?

『古代マヤ暦の暗号』より
それでも懐疑的過ぎる人は「生まれ変わりが存在することを証明してよ」と言う人も多いと思います。私もその一人だったから分かるのですが。

ダスカロスそこで私が出合ったのが、キプロスの賢者,20世紀最高のヒーラーと呼ばれて著名なダスカロス[神学,哲学博士](西暦1912〜1995年)という霊覚者でした(余談、彼はペプシも飲みますし鶏肉も食べました。特にコーヒーが大好き)。

彼は、オリゲネスやプラトンの「魂の先住」を証明するかのように、彼自身の過去世での記憶と知識を人びとに霊的教えと共に教えました。古代ギリシャ語や古代アラム語(イエス・キリスト時代の言葉)、エジプトのヒエログリフ、インドのサンスクリット語なども、話すこともできたといいます。それらは彼にとっては当たり前に覚えていた語学だったのです。「あなたは朝起きて自分が自分だとなぜわかるのか」「なぜ言葉を覚えているのか」「それと同じで言葉を知っているんだよ」と話しています。

Gandalfそれだけではなく私が最も着目したのは、彼が実際に4次元体(エーテル体)〔下図参照〕の手を瞑想の力によって作り出し、医者に見離された重症の脊椎損傷患者の背中の中に、そのエーテル体の手を差し込み、完璧なまでに患者の治療を行ったなど多くの実績を持って示したことでした。

20世紀に現れた「偉大な白魔法使い」のようです。

この話については米国のメイン大学の社会学部教授キリアコス・マルキデス氏が「メッセンジャー・シリーズ」と呼ばれる3冊の書物で、ダスカロスの思想と信条、多くのミラクル(奇蹟的)なヒーリングの実例を報告しています。またキプロスの大手新聞社にも、それらのヒーリング記事が掲載されたといいます。

メッセンジャー ストロヴォロスの賢者への道 ダスカロスは、20世紀に現れた「偉大な魔術師」の一人でしょうね。それは彼の目に見えないガイドに12使徒のヨハネがいたこともヒーラーとして一流であった理由です。

彼のプラクティスを行ってヒーリングを覚えようとするのは、ある意味お門違いかもしれません。例えば、自身のガイドが「お百姓さん」だとしたら、そのガイドを悩ますことになりそうです。「オラにヒーリングなんてできねぇだよ」と。
ちょっとした話なので、読まなくても構わない。

スピリチュアルアウェアネス―霊性開花のテキスト日本ではダスカロスの支援者たちの間で後継者討論会のようなものがネット上で見受けられますが、それらはスルーした方がよい討論です。意味がありません。こういうものは、見るに耐えない状況なのでダスカロスの意志とは遠く懸け離れたレベルの低い行いです。キキス・クリストフィディス派だの、パナヨッタ派だのと醜すぎるのです。そんなことをやっている場合ではない気がするのです。まあ、やりたい人は勝手にどうぞと。

個人的な見解ですが、もしダスカロスが教えたプラクティスのようなものを修養したいと思う方がいるならば、日本ではIIS(アイイス)金城寛先生に師事した方がいいかと思います。40歳にまるまで霊的なことを否定してきた氏は、江原氏の勧めで瞑想を始め潜在能力の高さから、その後SAGBで筆頭講師として活躍していたそうです。その質の高いプラクティスを感じさせてもらえるのではと思います。上記の『スピリチュアルアウェアネス』も、その内容を読みましたが、とても硬派で良質なものでした。日本ですのでフィットネスジムに通うように施設の会員費が必要になりますが、それは仕方ない料金だと思いますので。

金城寛氏が江原啓之氏と懇意な映像。番組用の協会で実際のSAGBではない場所が使われていたそうです。すでに日本に帰国してからの映像を混ぜて紹介されてます。英国のスピ事情は、スピリチュアリズムの衰退で今では優れたミディアムは少ないとか。霊媒の言葉(日本では“霊訓”といわれている書籍群)をドグマ(教条)にしてしまったのが衰退原因ともされています。
転生―古代エジプトから甦った女考古学者こういった彼のような人物は、そういった現象を通して「転生」を証明しようとしているのではないかと感じます。

ただ、それだけでも価値ある働きをしたように思います。以前紹介した古代エジプト時代の記憶を覚えていたエジプト女考古学者『転生』ドロシー・イーディと同じように、ダスカロスも同様なのかもしれません。彼らの話す古代エジプト時代は司祭たちが黒魔術を行っていた話などがあります。

彼らのような存在が「転生」を証明しているように感じています。

【関連記事】
20世紀最高の〈霊覚者2人〉の「カルマ論」
《20世紀最高のヒーラー》の悲劇
すべての過去世を覚えていた男
〈古代エジプト〉の〈前世記憶〉を持つ女
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.09.12 Friday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
こんばんわ

全くその通りで、科学というのが絶対的に正しいものだというのは論理的に正しいとはいえないんです。

元々、デカルトは科学的手法をとるに当たって、神の存在を前提にしているということもありますが、日本人はそれを全く知らない。

また、20世紀に入ってから活躍した哲学者など、例えばフッサールやハイデガーなどの現象学、ウィトゲンシュタインの論理学などを少しでも知っていればわかるのですが、
「科学というのはどこまで現象を解明しようとしても現象そのものを説明することはできない」
んですね。

日本人の多くは、知識人も含め皮相な論理しか知らず、科学はそのまま正しいものだと思い込んでしまっているわけです。
科学によって神や魂を否定することは論理的に不可能なわけですから。。もちろんスピそのものも否定できませんね。科学的手法によってある程度検証することができるとしてもです。

生まれ変わりに関しては、臨床医から多くの説得力のある臨床例が報告されています。
また、ヴァージニア大学のイアン・スティーブンソン教授の生まれ変わり事例にも、証拠に富むものが多いです。
このあたりを調べれば、普通に考えることが出きる人ならば、決して簡単に否定できるものではないことは解ると思います。
| デュークさん | 2008/09/15 7:11 PM |










AX