プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
《闇のスピリチュアル》 洗脳本の恐怖
欧米から輸入されてくる、特にアメリカ合衆国からのスピリチュアル(以下=スピ)には手を出さないで欲しいです。「闇の勢力」というものを認識したことはありますか。アメリカ合衆国を影で操っているのは、その「闇」なんです。

そこから流れてくるスピ思想のほとんどが「闇」です。例外は、ほとんどありません。ベストセラーなどになっているアメスピにはもっとも注意です。

夢の数だけあります。その全てが「真面目な人」「純粋な人」「正義感あふれる人」「ドリーマー」そういった男女を喰い物にする「魔物」です。ひき込まれてしまう人は純粋なので「白」なのです。魔物の色は「黒」です。黒という色は何色に混ぜても汚い色を残します。純粋すぎる白い心に「黒」は、とても危険です。私の心は「灰」です。なので、それらの「黒」に気付けるのです。「闇」を知る人は「闇」に引き込まれる前に「これは臭い」と感じます。

こういうことを分かる人は、それを警告していると思います。大袈裟ですが「魔に喰われている」と言うような人もいます。それは本当なんです。それがわからない人は、ご勝手にアメリカからのスピを受け入れて下さい。「受け入れる心が大切」というような教えがありますが、それもワナなのです。「魔」が侵入するための入口を広げるためのワナです。

受け入れる心(入口)を広げれば、簡単に「魔物」が侵入してきます。そして魔にまみれてフワフワとチャネリングに興味を持ったり、ヒーリングをしてみたり、見よう見まねで除霊をしてみたり、アトランティスレムリア,シャンバラ,プレアデス,オリオン,シリウス,宇宙人に夢中になり、生活の中を幻想スピにし始めます。著名人が本のなかで紹介しても危険なモノは危険なのです。その著名人も騙されていることが多いのです。

フワフワ症候群です。アメリカのスピ洗脳で日本の男女がオッパッピーになります。賢い方はアメスピには手を出さないで下さい。

マインドコントロール という言葉をご存知だと思います。項目立てて人の意識をコントロールするような方法です。「この世に意味は無い」「悩みなど何もない」「この世は幻想である」など、項目立ててマインド(精神)をコントロールします。気をつけてください! それがイエス・キリストからのメッセージだとするような闇のキリスト系団体もあります。「それを行えば『エゴ(自我)』から解放される」などというようなマインドコントロールに陥らないで下さい。

そのマインドコントロールのテクニックに気付くことこそ大切なんです。「これは臭い!」と感じてください。よろしくお願いします。
みなさん、ベルセルクの主人公ガッツになって下さい。光の鷹を倒すのは闇の黒騎士なのです。闇は光を装います。

【関連記事】
木村藤子さんが「売春婦ファッションへの警告」
「ワンネス」の虚妄・夢想
スピリチュアルに日本をツブす
正しいスピリチュアル本を見抜くために
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.09.11 Thursday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(8)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
同感!前までは興味津々だったけど、最近、何となくそれら『ヒーリング・レイキ・異次元・精霊・天使・etc…』に果敢にチャレンジする人気ブロガー達に違和感を感じてきてたから…
信者(笑)も、異常なくらいに疑問に思わないし(笑)
私がさりげなくコメントしても、連中はシカトですよ(泣)
私はどこか冷めてる人間で良かった…
| HALさん | 2008/09/11 6:26 PM |
洗脳本の恐怖を喚起する、という洗脳もあり得るかも!?

ブログ等でトンデモ陰謀論を得意になって説く人がいますが、
実は、そういうテンデモ陰謀論をまことしやかに流し続けること自体が、
ある種の陰謀に加担しているのかも。
| メッセンジャーさん | 2008/09/11 11:47 PM |
メッセンジャーさん

どうでしょう。

今まで通りに生きている社会の正論を全て信じて生きているのが「正論」。そして今回の記事が恐怖を喚起するのが「反論」として。メッセンジャーさんの説は、また「正論」に戻しているだけですからね。

「トンデモ陰謀論」ですか(笑)。そのトンデモの記事に「得意になって意見コメントをしてしまう人」もいるようですよ。そういう方って、どんな感じの人なんでしょう。

人の世には表と裏がありますね。会社に勤めていても、会社の裏事情も知らずに働いているアルバイトもいれば、それを知っている正社員もいます。人の世というのは表裏が必ずあると思うんです。

それを知ろうとしないのは「平和ボケ」という日本の人が陥りやすい話だと思います。平和過ぎるんです。そういう話を聞きたくなければ「目と耳を閉じて家に閉じこもっていた方が平和です」。

陰謀に加担も加担しないも、その陰謀は動き続けているとも言えると思います。その陰謀というものを見ようとしない人は、どういう人でしょう。考えないのは、どういう人でしょうか。

「ある種の陰謀」を最後に肯定しているところがなかなかですね。陰謀はあると見ているということでしょう。あなたはどちら側の人間でしょうか。
| 輝々さん | 2008/09/11 11:49 PM |
はじめまして。いつもありがとうございます

昔はアンチニューエイジだったのですが、最近は少し中立的になりました

フワフワ系スピリチュアルの中にも、大きくわけて2種類のタイプがあることに気づきました。

 ̄宙と溶け合う「いまここ(絶対)意識」を体験をした方
(シータ・デルタの脳波レベルの内的経験)

△海諒質世界をより豊かにするためにスピリチュアルを学ぶ人。あこがれる人等。(これらは現実からの逃避動機が隠れている。ベータ波)

,蓮△海譴泙妊螢▲襪世隼廚辰討い燭發里リアルではなく、限定された法則に動かされていたものだと内的体験によってわかるのですが、△脇で知るだけです

江原さん、美輪さんの話は、この物質世界で生きていくための地に足をついた教えだなので、日常生活を生きる私たちにとってはとてもためになるんだと思います

一方 泥の体験(里の行)ではなく、,里茲Δ箆,硫屬梁慮海鬚靴討靴泙辰進は、禅の坊さんのごとく(一般人から見ると)気がおかしくなったの?というくらいオッパッピーに見える方もいるのかもしれません

(それが光明体験か、邪霊の憑依かは、人それぞれの内的感覚(強烈な至福感があるかどうか)でわかると思います)
| takuさん | 2008/09/13 4:20 PM |
takuさん、はじめまして。

1の方も、何となくですが心を正したい気がします。ちょっと身を引きます。私もニューエイジに寛容をしめそうとした時期がありました。それが「中立」の時間でしたが、今では内的感覚の至福感を得たマスターたち(日本人を含む公言者たち)に疑いを持つようになりました。

takuさんの見解もアリかもしれませんが。ただ個人的には、オッパッピーはそのまま表現された人格だと思いますから、ちょっと疑問譜です。1の状態が「ワンネス」「すべてはひとつ」だと体験されて言われている至福体験であるならば、激しく引きます。

今までの先輩方たちが、至福体験というもので「発狂死」を遂げたり、浴槽で瞑想をしながら「不可解な突然死」を遂げたり、クンダリニーの至福体験の末、精神障害者になったりという現実を知らされてきましたから。1にも疑問を持っております。

すいません、全てを否定するようなコメントになってしまいまして。ただ危ないものには出来るだけ触れて欲しくないもので(汗)。和尚の講話本に触れて分かったので(激汗)。中立というものほど、危ない方向へ流れやすいものはないと私は自戒しております。0点に身をおくと、人間は聖者ではありませんからマイナスへ流れやすいのです。
| 輝々さん | 2008/09/13 5:06 PM |
takuさん

もう一つコメントを付け加えさせて下さい。

takuさんの示された脳派のシータ・デルタ派,ベータ派のような脳派測定での至福体験は、私が一番敬遠したいものの一つです。確かに脳派という理解しやすい波形として認識できるものが良いと思うんですが。

その脳派測定などの器具を取り付けながら瞑想を行っていたキチガイ教団の「オウム真理教」などは、一番わかりやすい嫌悪すべき現象でした。それを仕切っていたのは学者肌の人間が多く医者なども含まれていました。脳派測定は科学的ですが、そのわかりやすいもので認識できるような世界なのかと感じています。

一時期、須藤元気氏が瞑想中の脳派測定をしているTV番組がありましたが、シータ派を体験されて喜んでおりました。そういうものなのか。そうではない気が、後々になって沸き起こってきました。
| 輝々さん | 2008/09/14 10:54 AM |
1ヶ月半前にマイケル・j・ロオジエの『引き寄せの法則』という本をちょっと読みました。
その内容は「全てを受け入れて、疑念を抱かず、良い方向に向かうということを信じ込む」というものだったんですが、私は完全にそれを信じ込み、以来この考えから抜け出せなくなっています。でも、その本に悪意のようなものがあるとは思えませんでした。それは著者に悪意がなかっただけだったのでしょうか?

自分らしい感情や感覚、考えを持っていたのに、それが出来なくなってしまいました。戻ろうと努力しても、一度覚えた感覚をぬぐい去ることは難しく、自分でどうしたらいいのか分からない状態です。寝ても覚めてもずっとずっと悩んでいるのですが、そんな矢先にこちらのブログを拝見しました。やっぱり私は洗脳状態なのでしょうか?どうしたらいいでしょうか…。
| かほるさん | 2013/12/28 11:19 AM |
かほるさん

私はワンネス体験後、おパッピー状態になり、
引き寄せや波動の法則投影の法則などの観念から抜け出せず。
かほるさんと同じような状態になりました。
自分らしい感情、感覚をもっていたのに、努力しても戻らない、、、
本当に自分が自分じゃないような気がして辛いですよね。
今、私は引き寄せ、投影の法則を一切手放し、
起こることに意味付けせず、たんたんと日常動作に励んでいるのと、
嫌な物は嫌、思いっきりジャッジするようにすること自分に許可しました。
それを繰り返していたら、少し自分感覚が出てきました。
数年間に及ぶ洗脳状態にあるので、スッキリということはありませんが、

こちらのスピロチュアルラボさんにたどり着き色々な仕組みを知ることで
おパッッピーから少し脱しました。
| なおこさん | 2017/06/16 7:29 PM |










AX