プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『奇跡のコース』ア・コース・イン・ミラクルズの魅力を探る
前々から、常に『ア・コース・イン・ミラクルズ』(邦題:奇跡のコース、以下=ACIM)は「大乗仏教」だと記事にしてきました。そんな記事を書くと、決まってデタラメなことを書くんじゃないと辛らつなコメントを残してゆく人もいました。

でも、真実なので仕方はありません。
ACIMに書かれている〈真理〉というのは、欧米人に分かりやすくした大乗仏教思想の一側面だということを(細かく書けば東西の宗教や哲学に書かれてきた真理)。

ご存知通り「キリスト教」の教えには、過去のローマ教皇,高位聖職者たち,ニカイア公会議によって“多数決で法を決めた誤り”があります。一番わかりやすいのは「自分たちを執拗なまでに卑下する精神」などです。これでは内なる光りは消えるばかり。
ACIMを書いた狙いは、その間違いを正すための博士たちのアイデアでした。イエス・キリストが大乗仏教的な教えを説くことでクリスチャンは安心します。スターピープルの表紙に書かれている「仏教を越えた」というのは「白い嘘」です。「密教」を越えてはいません嘘を書いたほうが購買意欲をそそる週刊誌「中刷り広告」と同じです。

わたしの説明する密教は仏教のなかの密教で英語ではエソテリック・ブッディズム(Esoteric Buddhism)」と書かれています。オリエントでは秘教といわれている神の秘密の教えを伝えるものが密教です。古代ギリシャのプラトンの教えなども、要は密教です。秘教的仏教の教えなかにはACIMで書かれていることが既に述べられています。もちろん詳しく知っている人でなければ、それに気づかないと、ACIMでしか書かれていないと考えて勘違いしてしまいます。

それじゃ、仏教の密教にしか書かれていないのか?と問われれば、そうともいえません。古代ギリシャのプラトン主義にもインドのアドヴァイタ哲学にも究極的な状態が語られたり書かれています。詳しくは「宇宙共通〈エソテリック哲学〉コスモロジー【コミカル編】」に面白おかしく、まとめてあるので参考にして下さい。

ACIMに書かれていることは必ず密教に書かれています。

わたしのように気づかれたプロもいたみたいです。
溝口あゆかインタビュー
ツインソウルも幻想
――著書『「運命の人」と出会う スピリチュアル・レッスン』には、溝口さんの「人生を変えた1通のレポート」が登場しますね。まだ出会っていないツインソウルについての情報が詳細に書かれていたとか。

溝口 イバーナさん(レポートの筆者)は占星術師であり、サイキック(4次元,幽界的)でもあります。彼女のリーディングはかなり当たっていました。

ツインソウルの彼とは、別々の人生を歩んでいますが、彼のお店に時々行って「こんにちは」って挨拶はしていますよ。

あの当時は「ツインソウルなのか」とか「一緒になるのか」といった事ばかりに意識が行っていたのですが、今はそうではありません。結局、そういう事も全部(この目に見える世界は)簡単に言ってしまえば“幻想”なんですね。もちろん、だから意味がないということでは決してありません。ですが、そこに固執している限り、いわゆるエゴ(自我)から解放されないということが分かってきたということです。ですので、今はそれらを「幻想と見る」ということを土台にしたいと思っています。

今はACIMにとても興味があるので、ACIMの教えをベースに生きていければいいなと思います。ACIMは、ある意味、「自我を超えて真我に至れば、本当の永遠の喜びに至ることができる」と説く、仏教の教えと似ていると思います。ACIMでは「自我」を「エゴ」と呼び、 このエゴの働きを知り、エゴを見破ることが大切だと説いています。とても実践的な教えなので、ACIMに触れると、自分がすごく楽になりますね。

『スターピープル Vol.25』より
カウンセリングやヒーリングを職業にして本を出版されている人が「今までの考えではいけない」と感じてしまうようなブレが生じてしまっているのは、本当はあまりよろしくないと思います。スピリチュアル・リーダーという立場ですし、ブレに影響されやすいのが主な読者である女性だと思いますし、その穴埋めは大変です。
ACIMを目新しいものだと感じる人もいるかもしれませんが、古くから禅の「無」大乗仏教の「空の思想」などとして書かれてきているのです。なので、新しくないので得るものはかなりあると思います。ACIMと共に古[いにしえ]の教えを学ぶこともオススメします。

「空」は、「宇宙には余裕がある」という感じです。
「何もない」じゃないです。
密教・自心の探求―「菩提心論」を読む禅,チベット密教,日本密教,キリスト秘教,グノーシスなど。 いろいろと探求すると、そのオリジナルに出合えたり、新たな指針が見つかります。

ACIM最高!! でも、いいですが…。それ止まり。

こういうのもあるのかと生きてゆくと、いろいろなものに出合ったりします。最高は最高として持ちながら、また違った「すごい」ものに出合ったら「サッと要らないものを捨て去る潔さ」。これが大切だと思うんですよね。一番大切な「心の柔軟さ[フレキシブル]」だと思っております。

【関連記事】
「奇跡のコース」内容(全訳サイトの紹介)
「奇跡のコース」に流れるネイティブスピリット《倭魂》
ア・コース・イン・ミラクルズとは
「ア・コース・イン・ミラクルズ」から得られるもの
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.08.26 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:ACIM(奇跡のコース) | -

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

AX