プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フォーカス24,25,26
これらのレベルが信念体系領域に相当する。さまざまな前提や概念を信じて受け入れている、あらゆる時代、あらゆる地域の人間たちが、肉体を離れるとここに来る。その信念には、何らかのかたちで死後の生の存在を仮定する宗教や哲学などが含まれるだろう。

(この領域における私の経験は、ライフラインで探索することを覚えた他のフォーカスレベルと比較すると、かなり限られている。ここで出会った人たちの多くは、誰かが中に入って来て、自分たちが信じていないことを話したりするのをあまり喜ばない。ある意味では、フォーカス25に住みついた人たちと一緒に何かをするのは、ほかのどこに住む人たちよりも難しい。

ここの人たちはたいてい、閉鎖的な信念体系の中だけに閉じこもって暮らしており、その世界は、所属するメンバーだけがそこにいるという事実によって完全に支えられている。信念体系というのは、単なる宗教教育の範囲にはとどまらない。私がこれまで遭遇したなかで、唯一の地獄のような場所はフォーカス25にあった

『死後探索1』より
坂本政道さんよりもブルース・モーエンさんの方が好感が持てる。
「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ちBruce A. Moen 坂本 政道 塩崎 麻彩子

おすすめ平均
stars先駆者からの体験談
starsボリューム満点!
stars文章も内容も詰まってます。
starsヘミシンク入門本としていい
stars死後の世界の疑問が解ける本です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2018.11.16 Friday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX