プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「感謝想起」の本当の狙い
これは簡単なようで簡単ではない。
「有り難う御座います」とは誰に言っているのか。
「感謝」とは誰にしているのか。
ローリング・サンダーそれは、たぶん地球次元のサイコ・ノエティカル界に漂っている様々な邪エレメンタル,スピリットたちに向けた善エレメンタルの群れを送りだすという行為なんじゃないだろうか。過去のエレメンタル(分霊)の総計が人の現在の意識(現在のパーソナリティー画像参照])だという。[あの世の構造]を参照

線香の煙というのは、その階層に届くアメリカ先住民などに伝わる「汗かき小屋=スウェット・ロッジ」などでの蒸気(スモーク)、「聖なるパイプ=線香」と同じだと感じる。スピリットの世界とやり取りをする方法だと先住民たちは解釈している。

この大地をどうすればクリーニングできるのか?
ローリング・サンダーが感謝を捧げるときにしていた祈りの言葉
人は考えることにも責任を持たなくてはならない

インディアン魂―レイム・ディアー〈上〉 (河出文庫)
インディアン魂―レイム・ディアー〈上〉 (河出文庫)

インディアン魂―レイム・ディアー〈下〉 (河出文庫)
インディアン魂―レイム・ディアー〈下〉 (河出文庫)

しかし、「幸せになりたい」と「感謝」すると、それはネガティブな「欲望→思考型」エレメンタルを創りだしてしまい、実は「悪想念」となってしまう。「エレメンタル=想念」は、創りだしたら(弱体化させることはできても)永遠に消えないといわれている。エレメンタルは、低級な霊覚者には「霊」に見えたりもするらしい。憑依といわれているものも、そのほとんどが「エレメンタル」によって起こさせている現象だという。

「幸せになりたい」は、「現状が幸せでない」から創りだされる悪想念。

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道それでは、なぜ「感謝」をするのか。ダスカロス(元キプロス政府印刷局の労働者をしていた霊覚者[世界一のヒーラーとして欧米では有名])の場合は「祈り」だが。真理の探求者たちに、なぜ「思考→欲望型」エレメンタルを創りだすようなプラクティスを催させるのか。ダスカロスは、キプロス出身のアメリカ先住民でいえば“メディスンマン”だと思っておいて欲しい。だから、アメリカ先住民に興味がある人にも「メッセンジャー」を読んで欲しいのだが…。

これは、ダスカロスが地球を愛してしまっているからだと思う。愛の固まりのような人間だったのかもしれない。ふつうの私たちの次元を越えてしまっているからだ。ダスカロスは、惑星・地球の奉仕者を育成していた。地球の恵みに感謝できない人間がいるだろうか。地球に生まれたことは奇跡ではないだろうか…。ブッダ(釈迦)も食事を作ってくれた貧民チュンダに「有り難う」と言ったのではないだろうか。

ブッダは執着から離れた。離れたに過ぎない。
「離れたことが最高」だと思いたい人にはそれで構わない。離れたと思っている「自己陶酔者」には、その満足を与えておくのもいいと思う。特に男性が多いが…。「満足させること」は、生きている人間,死んだ人間の「供養」にもつながる。

離れることができた人は、次に全てが“いとおしく”なってしまうと思う。執着のない愛なのかもしれない。
俗っぽくなるが美輪さんのような(?)かな(笑)。
その最高形態がダスカロスの師、イエス・キリストなのだろう。
神道 感謝のこころ ダスカロスの理論体系を知らないと伊勢白山道さんの「感謝想起」は、ネガティブなものにもなる。それが、とても心配だ。

何かに「頼りたい」「すがりたい」と思うような人が「感謝想起」をすると少なからずネガティブなエレメンタルを創造することにつながる。

伊勢白山道さんは、「感謝想起」の趣旨をシッカリと伝えていかなければ「諸刃の剣」になる。なので、伊勢白山道さんの話に感銘を受けている人がいたら、ダスカロスの教え,理論体系を簡単に知ることができる「メッセンジャー」シリーズ 〈全3巻〉に目を通して欲しいと思います。
女神と鳳凰にまもられてそれを読みたくない人のため。バランスのために暁玲華さんの『女神と鳳凰にまもられて』、葉室頼昭さんの『〈神道〉のこころ』 『神道 感謝のこころ』併読することをオススメしているのです。バランス重視です!

暁玲華さんのブログを今日チェックしたら、今回の記事「感謝」とリンクしていて驚きました。盗み読みはしていませんよ。マジです(笑)。人と人の想念はリンクするものなのかなぁ〜。いい想念でリンクしていきたいですね。というわけで暁玲華さんの記事へもリンクを。だから、『女神と鳳凰にまもられて』もオススメなのです。

天地人に祈る日暁玲華のスピリチュアルパワー

【関連記事】
伊勢白山道「内在神への道」の背後
〈古代エジプト〉の〈前世記憶〉を持つ女
「すべての前世」を覚えていた男
〈伊勢白山道〉と〈暁玲華〉の共通話発見!

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.08.22 Friday | Category[2]スピリチュアル:神道 | comments(3)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
>「エレメンタル=想念」は、創りだしたら(弱体化させることはできても)永遠に消えないといわれている。

私は輝々さまのブログからダスカロスの書籍を読んでいるのですが上記の説は受け入れられないでいます。私は実体験として、呪術的な感謝という理解もない段階から淡々と唱えていたら、精神や肉体的にも好転してきましたので。この状態が【ふたをしているだけで消えていない】とは思えない感覚があります。輝々さまは永遠に消えないという感覚がおありなのでしょうか。消えないというエレメンタルを作る必要もないと思います。

伊勢白山道氏2ちゃんねる発言内容抜粋

2007/03/04(日) 07:27:00

リーマンさんは上司に腹立てながら感謝したりするような俗物である

・・・・まったく、このトウリです。 ピンポーンですよ。

その道の人間にしかわからない腹立ちというのもある

・・・・そうなんですよ。 あなたも、詳しい方ですね。 少し驚きました。

2007/03/04(日) 07:48:46

感謝は大切だが、もういい加減、リーマンに感謝を語る資格はない

・・・・あなたの感謝は純粋な感謝です。
   私の感謝は、呪術的、実践的な力を意識した言霊と捉える感謝です。これからの時代に機能する言霊と。 使い方によっては、個人利を適えることもできます。 だから、あなたの指摘のように私の感謝は、俗物かもしれません。ただ、知ると知らないでは、差が出るのでココで皆さんへ書いてます。

金集めが始まるまで待つつもり

・・・・こう浮かぶのは、あなたの隠れた欲望ですね。あなたが、そう成りたいと。あなたは、最近、貯金を無くしてる気がしますね。私は、もう次の世が近いと何度も書いますが、その時には金は不必要です。信者を集める時期も時間も、間にあいません、大体が。
   私の目的は、日本人の5%以上が意識的にアタリマエゴトに感謝することです。そうすれば世界が変わります。
| ナオさん | 2008/08/22 9:02 PM |
どうも、ナオさま。
ナオさまのコメント、これはちゃんと返信しなければならないコメントだと思いました。とても真摯なコメントを、こんな個人的なブログでして下さって、どうも有り難うございます。ナオさまのようなコメントをされる方が沢山だったら、とても幸せです。

僕はエレメンタル(想念)を創りだしたら、それが永遠に消えないという話を本当は受け入れたくはありません。「何で消えないんだろうか?」とも思いました(これは初めて読んだとき)。

なので、ナオさんの話されている「消えないという固定観念」も持たない方がいいかもしれないと思います。「消えるかもしれないし、消えないかもしれない」という気持ちがあります。

もしかしたら、ナオさんのような純粋な方が仰ることが真実なのかもしれないとも思います。そこに望みを持つのがいいとも思います。なので、ナオさんの話には、とてもうなずけました。これからの探求にも何かヒントになるかもしれません、有り難うございます。

ナオさんのコメント(2ちゃんねるからの引用部分?)を読みやすいように清書してしまったのですが、不都合ありましたら上のコメントを表示させ下のを削除します。よろしくお願いします。
| 輝々さん | 2008/08/22 9:12 PM |
輝々さま。ご丁寧にありがとうございます。

イエスが直接語ったメッセージとは捉えてませんが『心身の神癒』に

あなたたちの、数々の大きな障害の一つは、祈りの時間が他の時間とは違っていなければならないという妄想である。 とありました。

『メッセンジャー』にも短いですが

真理の探究者は絶えず祈りの中にいなくてはならない。どの想いも絶対への感謝の気持ちがなくてはいけない。 と。

黒住宗忠が「ありがたい」を日に一万遍唱えよと指導した意義はとても深いと感じてます。

伊勢白山道氏はこれを現代人向けに呪術的、実践的な力を意識した言霊として提示し、初発が[欲望→思考型エレメンタル]であってもカンナガラに善想念に導かれると感じております。



| ナオさん | 2008/08/22 11:41 PM |










AX