プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
丹波哲郎もシルバーバーチも泣いている…
大霊界~死んだらどうなる今回の記事はマニアックな内容ですのでスルーする人はそうしてください。

丹波哲郎さん、美輪明宏さん、江原啓之さん、シルバーバーチについて書いています。

「霊界の宣伝マン」こと、丹波哲郎さんのことはご存知のかたが多いと思います。私も子どもの頃は、「面白いこというオッチャンだな〜」と思っていました。でも、改めて知ると生前、洋の東西関係なく何百冊もの霊的な書物を読み、その時代の霊的アマチュア探究者のなかでは、とてつもない方だったと感じています。それでいて、とても柔軟(フレキシブル)な方のような気がします。『霊人の証明』など足で調べあげた証明本などもあります。
オーラの素顔 美輪明宏のいきかたそんな丹波さんが最も信用していた若手の霊能者だと見いだしたのが「オーラの泉」で活躍中の江原啓之さんでした。そして美輪明宏 さんへの信頼も他の追随を許さぬほどでした。詳しい話は、ノンフィクション作家の取材書『オーラの素顔―美輪明宏のいきかた』 に書かれています。

そんな丹波さんや美輪さん、江原さんが活動しているなか、私がとても残念だと感じたのは、日本では「シルバーバーチの霊訓」が有名になり過ぎて、その影響力を利用した或る団体の発言によって悪い作用がでていることに気づいたときでした。欧米のスピリチュアルな人たちの間では、シルバーバーチホワイトイーグルより有名ではありません(日本だけです)。もしかしたら、伊勢白山道氏の語るように欧米でもシックスセンスのある方が気づいてしまったのかもしれません。以前は、江原啓之さんも「シルバーバーチの霊訓」を推薦していましたが、今は推薦していません。
シルバーバーチの言葉だけを「武器」に「武装」して頑なまでに固執することはオススメできる姿勢ではありません。

まだ間に合います。もっと柔軟になってみてください。人は悟ると人間的に柔らかくなると思います。

「霊性進化」を歩むために家族や仲間との不仲や離婚など、世間から逃避するような傾向があります。霊的な話をできる人間だけで固まったりしてしまうかもしれません。

そんな人生を歩んでしまったかたは、「間違いだった」と気づくときが来るかもしれません。今からでも遅くはないと思います。何十年も歩んでしまって後に引けないかもしれません。しかし、今、引こうと思えば引けます。

シルバーバーチのことを穿(うが)った見方で書くのは本意ではありません。しかし、その真実を知りたいと思う人もいると思います。

亡くなられたハンネン・スワッファー氏とモーリス・バーバネル氏(シルバーバーチの霊媒)も、そのことを知ってもらいたいと思っているはずです。スワッファー氏とバーバネル氏の行ったことは、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の行っていることと同じなのです。善から出た発言でも「因」を作れば、刈り取るために「果」を行わなくてはならないと言われています。毒舌,皮肉がウリの私の後ろでスワッファー氏も応援しているかもしれません。

内在神への道 シルバーバーチの本来の姿を知りたい方は、『内在神への道』をお読みください。この本は「ガン告知」に似ています。告知をして欲しくない人は、絶対に『内在神への道』を読まないでください。私は、そこまでして人の心を潰したくはありません。江原さんも、そういう気持ちから何も仰らないのだと思っています。

私は、ダスカロスの存在や発言、意識から、そのことに気づいてしまいました。気づいてしまったから仕方ありませんでした。シルバーバーチとの出合いは江原さんの著書『人はなぜ生まれいかに生きるのか』でした。すべての出合いが有り難かったと感じています。探究の一冊目は、江原さんの本でした。
日本人の心のふるさと“かんながら”と近代の霊魂学“スピリチュアリズム”シルバーバーチの訳者・近藤千雄さんも、『日本人の心のふるさと《かんながら》と 近代の霊魂学《スピリチュアリズム》』こういった集大成本を書かれています。この本にも、いろいろなメッセージが詰まっていると思います。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.08.07 Thursday | Category[2]スピリチュアル:シルバーバーチ | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
管理者の承認待ちコメントです。
| -さん | 2010/12/18 12:57 PM |
上記のコメントはコメント欄の約束事に反しているの「未承認」とさせて頂きます。ただし管理者が文面を確認しました。承認が必要な場合は、再度コメントください。
| Teru Sunさん | 2010/12/18 5:49 PM |
すばらしい指摘だと思いました。何が正しいと言い始めたら、存在というものの
可能性をとざすことになります。いつも参考にさせて頂いていました。
最近ようやく真理の片鱗を理解できはじめています。本当にお世話になりました。
これからも色々参考にさせていただきます。
まことにありがとうございました。
| エルさん | 2015/07/07 11:16 PM |
その通りです.生きたまま霊の世界に入るためには,自ら愛と光の使者であることを認識する必要があります.ある団体が,非常に強い個人批判をしています.それは神への道ではありません.神智学,ゲーテ哲学などを知るべきです.
| タナカさん | 2017/01/10 2:36 AM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/340
トラックバック
AX