プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
シルバーバーチを影で支えた霊能者
日本で「スピリチュアリズム」をご存知の方たちの間で『シルバーバーチの霊訓』は、過去に江原啓之さんの紹介などもあって今ではとても有名になっています。シルバーバーチを読むと“目に見えない世界”の基礎知識がたくさん詰まっているので、とても素晴らしいです。推薦本のなかで一番初めに読むとよいということで上位に紹介しています。

そのシルバーバーチを影で支えた霊能者は、シルバーバーチの霊媒(チャネラー)であったモーリス・バーバネル氏が亡くなるまで表舞台には出てきませんでした。彼の信念はこういうものだったからです。

「スピリチュアルな道をゆく者にとって名声とは罠なんだ!」
「私の名前は知られない方がいいんだ!」

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道Kyriacos C. Markides 鈴木 真佐子

おすすめ平均
starsヒーラー・オブ・ザ・ヒーラーが明かす広大な世界
starsダスカロスの教え

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シルバーバーチの記者やイギリスのヒーラーとして有名なハリー・エドワーズ『迷える霊(スピリット)との対話』で有名なスウェーデン出身のアメリカ精神科医ウィックランド博士とも親交があり、エドワーズ氏にはスピリチュアルヒーリングのコツを教えたヒーリングの先生でもあったことで知られています。イギリス王室からの勲章授与を拒否するような「名誉を嫌う霊能者」だったようです。

バーバネル氏の死後、スピリチュアリズムの衰退を危惧したのでしょう。その後、本意かどうかはわかりませんが表舞台に登場します。エドワーズ氏を上回るヒーリング能力と霊性の教師としての論理的な講義内容には目を見張るものがあります。しかし、当の本人はいつでもこう語ります。

「私は単に、ヨハナンや他の肉眼では見えないマスターたちのチャンネルであるに過ぎないんだよ」「これで私がこの教えを自分の手柄としてはいけない理由が分かるだろう」

エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教えいつでも、「己は、ただヨハナンのメッセージを伝える道具(チャンネル)」に過ぎないことを語っています。

『シルバーバーチの霊訓』と同じく有名な『ホワイトイーグルの霊示』の霊媒グレース・クックの背後存在はヨハナンだといわれています。日本の神秘神道のもとで修行をしたかたは「分霊」という考え方で人を視ることがありますが。そういう方が、この霊能者を視ればヨハナンの波動を感じたかもしれません。ヨハナンの分霊を強く宿したのが、この霊能者だったのかもしれません。彼は、「ダスカロス」の名で世界的に知られています。シルバーバーチを影から支えた霊能者兼ヒーラーのダスカロスは1995年、83歳で旅立つまで霊的真理の普及と無償でのヒーリングを行い続けたスピリチュアリストだったのです。

1999年に『メッセンジャー ストロヴォロスの賢者への道』が出版されましたが、翻訳が、どこかニューエイジ風なのでスピリチュアリズムを知っている人の間では、知らない人が多いようです。ブログを通じてシルバーバーチをご存知の方たちが、この存在を知ると、とてもシックリし感動するそうです。

シルバーバーチを影から支えた霊能者ダスカロス。あなたもダスカロスに出会ってみてはいかがでしょうか。僭越ながらシルバーバーチを日本に広げて下さった近藤千雄さんや心の道場さんにもおすすめしたいダスカロスです。

◆ メッセンジャー ストロヴォロスの賢者への道
 [〈第一章 ストロヴォロスの賢者〉を立ち読む]

ダスカロスダスカロス
本名:スティリアノス・アテシュリス
1912年12月12日キプロスに生まれ
哲学博士、神学博士、心理学修士。「真理探究のためのシステム」として知られる、100を超える学習サークルの精神的な指導者。キプロスおよび諸外国で多方面における専門分野の教育を受け、主としてキプロスの政府印刷局に勤務。生涯を通じて、作曲、ヴァイオリンやピアノの演奏、ガーデニング、外国語習得、詩を書くこと、絵を描くことを好んだ。中でも最も情熱を傾けたのは、人生の目的―どうしたら私たちが神聖なる絶対無限の存在について、経験を通じて理解していくことができるか ―について、準備ができた人々に教えることだった。70年以上にわたって小さなグループで生徒たちに「エソテリック・ティーチング」を教え、晩年は世界中に広がる生徒たちに求められ、国際的な活動も行なっていた。マスターやグルとして扱われることを嫌い、常に兄弟姉妹として、友人として、自分を必要とする人々を喜んで助けてきた。また、あくまで真理の探究者の独立性に重点を置き、依存と支配に基盤を置くような人間関係に警告を呼びかけていた。1995年没

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.29 Sunday | Category[2]スピリチュアル:シルバーバーチ | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/304
トラックバック
AX